壮囲郷

台湾の宜蘭県の郷

壮囲郷(ジュワンウェイ/そうい-きょう)は台湾宜蘭県

宜蘭県の旗 宜蘭県 壮囲郷
別称: 民壮囲
Sluice Gate of Meifu Drainage Canal 美福排水幹線閘門 - panoramio.jpg
地理
Giran-souikyou.svg
位置 北緯24°45'
東経121°47'
面積: 38.4769 km²
各種表記
繁体字: 壯圍郷
日本語読み: そうい
拼音: Zhuàngwéi
通用拼音: Jhuàngwéi
注音符号: ㄓㄨㄤˋ ㄨㄟˊ
片仮名転写: ヂュァンウェイ
台湾語: Chòng-ûi
客家語: Tsong-vì
行政
国: 中華民国の旗 中華民国
行政区分:
上位行政区画: 宜蘭県の旗 宜蘭県
下位行政区画: 14村221鄰
壮囲郷長: 簡文魁
公式サイト: 壮囲郷公所
情報
総人口: 24,246 人(2016年1月)
世帯数: 8,537 戸(2016年1月)
郵便番号: 263
市外局番: 03
壮囲郷の木: -
壮囲郷の花: -
壮囲郷の鳥: -

地理編集

壮囲郷は宜蘭県東部、蘭陽平原に位置する。東は太平洋に面し、また蘭陽渓の下流に位置するため地勢は平坦である。また砂礫質の地層は排水がよく、日照にも恵まれ農業が発展している。

歴史編集

壮囲郷は旧名を「民壮囲」と称した。これは1802年呉沙が民衆を率いて蘭陽平原を開墾した際の功績のあった壮民を記念して名付けられた。大正9年の台湾地方改制の際、この地に「壮囲庄」が設置された。戦後は台北県壮囲郷と改められ、1950年に宜蘭県に帰属するようになり現在に至っている。

経済編集

行政区編集

大福村、古亭村、古結村、吉祥村、東港村、美城村、復興村、新社村、新南村、永鎮村、功労村、忠孝村、美福村、過嶺村

歴代郷長編集

氏名 任期

教育編集

高級中学編集

国民中学編集

国民小学編集

交通編集

種別 路線名称 その他
省道 台2線 北部浜海公路
省道 台7線

観光編集

外部リンク編集