メインメニューを開く

声問駅(こえといえき)は、北海道宗谷支庁稚内市大字声問村字声問にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。電報略号コヒ。天北線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

声問駅
声問駅(1989年3月)
声問駅(1989年3月)
こえとい
Koetoi
恵北 (5.5km)
(5.0*km) 宇遠内
所在地 北海道稚内市声問5丁目
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 141.8km(音威子府起点)
電報略号 コヒ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1922年大正11年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
*宇遠内駅とのキロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1977年の声問駅と周囲約500m範囲。左が南稚内方面。千鳥式ホーム2面2線と駅舎横の貨物ホームへ引込み線、駅裏にも貨物ホームと副本線を持っていた。荷物扱い廃止及び無人化後の姿だが、この時点で駅舎横の引込み線が撤去されていたかどうかは不明。この1年後の貨物扱い廃止後、副本線は浜頓別側の分岐が撤去され、待避用として引込み線化された。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

駅構造編集

廃止時点で、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅であった。互いのホームは、駅舎側ホーム東側と対向側ホーム西側を結んだ構内踏切で連絡していた[1]。駅舎側(北側)ホームが上下共用の1番線、対向側ホームが上りの2番線となっていた[1]。そのほか、2番線の南稚内方から対向側ホーム外側に分岐した行き止まりの側線を1線有していた[1]

1973年(昭和48年)から廃止まで、無人駅扱いの運転取り扱い要員のみが配置されていた駅であった。駅舎は構内の北側(南稚内方面に向かって右側)に位置し、1番線ホーム中央部に接していた[1]。ホームには花壇があり、風が強いために一度温床で苗を育ててから移植していた[1]

乗車券類は、当時駅前に存在していた目時商店に簡易委託化されていた(1986年10月31日限り)。ただし、運転担当の職員は引き続き配置され出札補充券による乗車券販売を実施、平成元年3月1日から営業最終日までは硬券入場券も販売していた。

駅名の由来編集

当駅が所在した地名より。地名は、アイヌ語の「コイトゥイェ(koy-tuye)」(波が・崩す)に由来する。波によって砂浜が崩されていたことから名付けられた[2]

駅周辺編集

歴史編集

駅跡編集

2001年(平成13年)時点では空き地となっていた[4]。2010年(平成22年)時点でも同様であった[5]が、線路跡は国道238号に転用されており、駅跡地は全く分からなくなっている。

その他編集

1987年(昭和62年)4月時点で、当駅を発着駅とする区間列車が上下1本(稚内駅 - 当駅間、下りは休日運休、上りは声問駅 - 南稚内駅間休日運休)設定されていた(1987年(昭和62年)3月20日改定の時刻[6])。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道
天北線
恵北駅 - (臨)東声問駅 - 声問駅 - 宇遠内駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)191ページより。
  2. ^ アイヌ語地名リスト キト~コム P41-50P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより。
  4. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング2001年8月発行)42ページより。
  5. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)19ページより。
  6. ^ 時刻表『JNR編集 時刻表 1987年4月号』(弘済出版社1987年4月発行)508-509ページより。

関連項目編集