メインメニューを開く

売勲事件(ばいくんじけん)は、1929年昭和4年)に発覚した、叙勲をめぐる汚職事件宮内省賞勲局を舞台として発生したため、賞勲局疑獄(しょうくんきょくぎごく)とも。

概要編集

1928年昭和3年)秋、昭和天皇即位の大典の記念章の製作の請負をあてこんで長島弘らの日本勲章製作株式会社(資本金50万円)が設立されたが、長島、その弟の原口豊秋および鴨原亮暢(賞勲局総裁天岡直嘉私設秘書)は、天岡を背景に記念章を請け負わせるという口実で、東京、大阪および京都の貴金属商から多額の政治運動費をだまし取り、天岡もこの事実を知りながら同運動費を収受した。

田中内閣の崩壊に伴って天岡が賞勲局総裁を辞任した直後の1929年(昭和4年)8月に発覚し、同年9月11日東京検事局は天岡を召喚し、即日勅裁をあおいで涜職罪として起訴、収容した。

「売勲事件」は、この事件の取り調べ中に発覚した。最初に摘発を受けたのは、堤清六日魯漁業社長、代議士)で、鴨原の勧誘にのって天岡に13000円を贈って勲三等に叙せられたものであり、堤は9月4日、召喚収容された。横田永之助も同様の経緯で天岡に1000円を提供し、勲五等に叙せられたことが判明し、18日、収容され、11月6日、藤田謙一(東京商工会議所会頭、貴族院議員)が勲三等問題で、天岡に5000円を贈ったことが判明し、収容されたが、一応の取り調べのみで即日釈放された。

熊沢一衛伊勢電気鉄道社長)はすでに五私鉄疑獄事件で収容中であったが、熊沢は天岡に6000円を、同じく渡辺孝平北海道鉄道専務取締役)は700円を提供して、藍綬褒章を授与されていたことが判明し、兵藤栄作(北海道鉄道会社監査役)はその巻き添えをくって、いずれも収容された。

贈賄側のひとりである大阪の時計商生駒斎吉は、事件に連座して起訴されたが、予審免訴となり、堤清六は1931年(昭和6年)に死去したが、ほかはいずれも有罪と決定した。

この事件は、福澤桃介(勲三等)、尾上菊五郎(勲六等)にも波及したが、その間にはなんら醜悪な事実の存せぬことが判明し、無事落着した。

検事局は、10月11日、事件の中途において新聞記事を差し止め、金沢、枇杷田、細田の3検事が取り調べに力をそそぎ、11月下旬に一段落を告げると記事を解禁した。

天岡は、田中内閣成立直前に20万円の負債のために破産宣告されたが、債権者と妥協してそれが虚偽の債権であったとして破産を取り消され、内閣成立後、賞勲局総裁となった。しかし、債権者の追及にあい負債整理にあたった鴨原を動かして上記の収賄をおこなったもので、総額は約8万円という。収受された金の大半は鴨原が握ったが、天岡も築地に妾を囲い、また赤坂辺で豪遊し、余すところがなかった。しかし、天岡の収監されたと伝わると、債権者が押し寄せ、麻布新龍土町の邸宅は競売に付された。

事件は1930年(昭和5年)5月2日に予審が終わり、翌年9月11日東京地方裁判所で第1回公判が開かれた。被告人の中には熊沢のように2事件に連座する者が数名いたので、五私鉄疑獄事件、合同毛織疑獄事件との合併審理とされ、東京地方裁判所で139回にわたり審理を重ねた。その結果、1933年(昭和8年)5月16日に判決言渡があった。天岡直喜懲役2年、鴨原亮平懲役1年、横田永之助罰金300円、懲役2月、渡辺孝平、兵藤栄作、熊沢一衛懲役2月、藤田謙一懲役1年6月。

この判決に検察側は不当であるとして、18日、宮城検事正の名において横田以下5名に対して控訴手続をとった。控訴審判決は、天岡懲役2年、追徴12,500円、鴨原懲役1年6月、追徴5,250円、横田罰金150円、渡辺罰金300円、兵藤罰金300円、藤田(2事件)懲役3月、3年執行猶予、熊沢(2事件)懲役6月、執行猶予3年。

1935年(昭和10年)9月28日、被告人に関わる上告審は大審院刑事三部菰淵裁判長、樫田検事係で審理の結果、いずれも上告を棄却する判決言渡があった。

この事件の最終判決は、天岡懲役2年(未決100日通算)、追徴14,250円、鴨原懲役1年6月(未決60日通算)、追徴5,250円、渡辺罰金300円、兵藤罰金300円、藤田(2事件)懲役3月(3年執行猶予)。

この事件は賞勲を巡るものであったため、世間の指弾も強かったが、その性質は型にはまったものであり、量的にみれば必ずしも大きなものではなかったとされる。

参考編集