メインメニューを開く

壷井 重治(つぼい しげはる[1]1921年 - 1945年5月4日[1]) は、日本の元アマチュア野球選手、大日本帝国陸軍軍人。早稲田大学野球部捕手として活躍した人物である。

壷井 重治
生誕 1921年
日本の旗 日本
死没 1945年5月4日(満24歳没)
日本の旗 日本 鹿児島近海洋上
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1943年 - 1945年
最終階級 陸軍少尉
テンプレートを表示

来歴・人物編集

八尾中学(現・大阪府立八尾高等学校)を経て、1941年早稲田大学に入学[2]小野欣助とは八尾中、早大の4年後輩に当たる。

1943年10月16日に行われた出陣学徒壮行早慶戦では控え捕手(正捕手は伴勇資)としてベンチ入りした。

その後、試合から5日後の学徒出陣に伴い、戦地に出征。二度と復学する事は適わず、1945年5月4日午前5時30分に陸軍第66振武隊員として、万世基地(鹿児島県[1][3]より特攻として出撃。程なく鹿児島近海で戦死した。享年24。出撃直前に家族や知人に宛てた遺書には「いよいよ時が参りました。5月早々を命日とご覚悟ください。必ず成功をと、一層決意を固めております。若輩の身に皇国の安危を背負い、光栄と感激に胸を躍らせつつ、一機一艦を屠るべく元気で出発いたします。写真の大きいのは黒枠用に願います。」とあった[4]。また辞世の句も遺しており、「若桜嵐の中に散りゆくも 再び咲かす 靖国の花 必殺と雄叫びしつつ 我は今 敵艦目指して花と散りゆく」とあった[4]。出撃直前に、戦後に義姉となる女性と出会い、両親の事をよろしく頼むと伝えていたと言われている[5]。また実家のみならず、早大野球部の合宿所にも訪れ、後輩部員に向かって「俺は二度と還ってこない」と告げた話も残っている[5]

東京ドーム内の野球殿堂博物館にある戦没野球人モニュメントに、小野と共に彼の名前が刻まれている[6]

没後の2008年夏、万世特攻平和祈念館(鹿児島県南さつま市)にて壷井の遺品が所蔵されている事が分かり、NHKニュースおはよう日本でも特集された(2008年9月18日放送。「今語られる最後の早慶戦」として特集コーナーで取り上げられた)[5]。遺品の中には、出陣学徒壮行早慶戦の直前(1943年9月末)に両親に送った手紙があり、「一度自分の野球姿を見てもらいたかったが、遂に機会はなかった。何より残念です」と記してあったという[5]

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『早稲田大学野球部 栄光の軌跡』/ベースボールマガジン社/1983年
  • 『早稲田大学野球部 百年史 上巻』/飛田忠順稲門倶楽部編/2002年
  • 『1943年晩秋 最後の早慶戦』/早稲田大学大学史資料センター著 、慶應義塾福澤研究センター編/教育評論社/2008年
  • 神山圭介著『英霊たちの応援歌:最後の早慶戦』(文藝春秋,2008年)ISBN 4-16-735406-3
  • 笠原和夫、松尾俊治著『最後の早慶戦 : 学徒出陣還らざる球友に捧げる』(ベースボール・マガジン社,2008年)ISBN 978-4-583-10106-4「学徒出陣最後の早慶戦:還らざる英霊に捧げる」(恒文社,1980年)の増訂