メインメニューを開く

変形十二面体(へんけいじゅうにめんたい、: snub dodecahedronねじれ十二面体)または変形二十・十二面体(へんけいにじゅうじゅうにめんたい、: snub icosidodecahedron)とは、半正多面体の一種であり、正十二面体の面をねじり、間に正三角形を入れたような立体である。カイラルであり、ねじる方向により違いが現れる。正二十面体の面をねじる事によっても同じ図形を作ることができる。

変形十二面体
変形十二面体
変形十二面体
種別 半正多面体
面数 92
面形状 正三角形: 80(20+60)
正五角形: 12
辺数 150
頂点数 60
頂点形状 34, 5(正三角形4枚と正五角形1枚が集まる)
Snub dodecahedron vertfig.png
シュレーフリ記号 sr{5, 3}
ワイソフ記号 | 2 3 5
対称群 I
双対多面体 五角六十面体
特性 凸集合カイラル
テンプレートを表示
鏡像
赤い面は正十二面体由来、青い面は正二十面体由来、黄色い面は変形面

目次

性質編集

  • 表面積:  
  • 外接球半径:  
  • 捩り角: 13.1064033769358
  • 半正多面体の中で最大の面の数を持つ(辺と頂点の数での最大は斜方切頂二十・十二面体となっている)
変形十二面体のデモンストレーション
 
ツイスト右によって変形十二面体
 
変形十二面体が左にねじれ

この立体の不正確なものを枠に持つ立体編集

近縁な立体編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • Weisstein, Eric W. "Snub Dodecahedron". MathWorld(英語).