メインメニューを開く

夏の別れ」(なつのわかれ)は、1988年10月25日に発売されたオフコース通算36枚目の最終シングル

夏の別れ
オフコースシングル
初出アルバム『Still a long way to go
B面 逢いたい
リリース
規格 EP
8cmCDシングル
ジャンル ポップス
ロック
レーベル FUNHOUSE
EP:07FA-5046
SCD:10FD-5046
作詞・作曲 小田和正(夏の別れ)
吉田拓郎 / 清水仁(逢いたい)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間82位(オリコン
  • 登場回数2回(オリコン)
オフコース シングル 年表
she's so wonderful
1988年
夏の別れ
(1988年)
-
Still a long way to go 収録曲
  1. 君住む街へ
  2. she's so wonderful
  3. I can't stand this
  4. 陽射しの中で
  5. 夏の別れ
  6. still a long way to go -また会う日まで-
  7. 多分 その哀しみは
  8. 逢いたい
  9. 悲しい愛を終わらせて
  10. 僕らしい夏
  11. 昨日 見た夢
テンプレートを表示

解説編集

「夏の別れ」、「逢いたい」両曲ともアルバムStill a long way to go[1]からのシングルカット曲。「夏の別れ」はアルバム収録曲と同内容、「逢いたい」はアルバムとは別ミックスになっている。当初シングルには「昨日見た夢」が予定されていたが、1988年11月のグループの解散決定を受け「夏の別れ」に変更された。

「夏の別れ」は、後に小田和正がシングル「風の街」のカップリングと、アルバム『LOOKING BACK 2[2]にてセルフカバーしているが、そこでは歌詞が一部省略されているほか、リフレインが追加されている。

「逢いたい」の作詞を吉田拓郎が担当している。この経緯について清水は「以前から彼とは知り合いだったし、彼の書くハードっちゅうか、骨太な詞が好きだったんですよ。それで今回、僕の友人と『詞、誰に書いてもらおうか』って話してて、そのとき偶然バックに彼のビデオが流れていたんです。で、その友人が『彼に頼んでみたら』って言ってね。無理やろなと思いながら頼んだんですが、快く引き受けてくれまして」と答え、また「僕は別段、オフコース・カラーっていうのを意識したつもりはないし、また意識して作れるほど器用でもないですし。でも確かに今までのオフコースっぽくない作品だと思います。でも、この曲をオフコースのメンバーでプレイすることによって、それはオフコースのナンバーになると思うんです。いろんなぶつかり合いも出てくるとは思いますけど、そういう個性のぶつかり合いがあってこそ、バンドがバンドらしくなるんだと思いますよ」とも答えている。その後、清水は松尾とともに吉田のレコーディングやライブに、バックバンド・メンバーとして1990年から92年まで参加、シングル「男達の詩[3]のプロモーションビデオにも出演している。

ジャケットには同年行われた「OFF COURSE TOUR 1988-’89 “STILL a long way to go”」でのメンバーの写真がレイアウトされているが、ジャケット・サイズの違いから、掲載されている写真の数がEPとシングルCDとで違っている。

収録曲編集

SIDE A編集

  1. 夏の別れ
    作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

SIDE B編集

  1. 逢いたい
    作詞 : 吉田拓郎、作曲 : 清水仁、編曲 : オフコース

スタッフ編集

  • プロデュース : オフコース

脚注編集

  1. ^ 1988年6月1日発売 LP:28FB-7007, CD:32FD-7007
  2. ^ 2001年5月16日発売 CD:FHCL-2018
  3. ^ 1990年7月4日発売 SCD:FLDF-06105

外部リンク編集