メインメニューを開く

夏の妹』(なつのいもうと)は、1972年に公開された、大島渚監督日本映画である。96分のカラー作品。創造社日本ATGの提携制作、日本ATG配給。この映画の完成後、大島渚創造社を解散し、国際的な映画製作へ踏み出してゆく。

夏の妹
Dear Summer Sister
監督 大島渚
脚本 田村孟
佐々木守
大島渚
製作 葛井欣士郎
大島瑛子
音楽 武満徹
撮影 吉岡康弘
編集 浦岡敬一
製作会社 創造社
日本ATG
配給 日本ATG
公開 日本の旗 1972年8月5日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

公開年の1972年に返還された直後の沖縄県を舞台にオールロケで制作された。主人公・菊池素直子(すなおこ)が一夏の沖縄県の旅を通じて出会った様々な立場の人物を通して、戦後の日本と沖縄県の複雑な関係を、ウィットに富んだ文体で比喩的に表現した。

スタッフ編集

配役編集

  • 菊池素直子 : 栗田ひろみ - 愛称「スータン」。
  • 菊池浩佑 : 小松方正 - スータンの父親。判事。
  • 小藤田桃子 : りりィ - 浩佑の婚約者。スータンのピアノ教師。
  • 桜田拓三 : 殿山泰司 - 船内で知り合った旅行者。
  • 国吉真幸 : 佐藤慶 - 地元警察の部長。浩佑の旧知。
  • 大村ツル : 小山明子 - 浩佑、国吉の旧知の女性。
  • 大村鶴男 : 石橋正次 - ツルの息子。
  • 照屋林徳 : 戸浦六宏 - 唄者。鶴男の師匠。

エピソード編集

大島監督と親交の深い実相寺昭雄佐々木守の関わったTVドラマ『シルバー仮面』(宣弘社、TBS)の主題歌「故郷は地球」が、出演の石橋正次が鼻歌を唄うシーンで劇中挿入されている。佐々木は大島との打ち合わせで「故郷は地球」をよく口ずさんでおり、石橋が歌うシーンを考えていた際にスタッフから「あの曲がいい」という意見があり使用されることになった。後年本作の海外輸出版を作る際に、この主題歌の歌詞を訳すのに苦労したそうである[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『キャラクター魂』Vol.4、辰巳出版〈タツミムック〉、1999年10月25日、35頁。ISBN 4-88641-441-9

参考文献編集

  • 樋口尚史『大島渚のすべて』(キネマ旬報社)
  • 佐々木守『ウルトラマン怪獣墓場』(大和書房)

外部リンク編集