メインメニューを開く

夏目家どろぼう綺談』(なつめけどろぼうきだん)は、テレビ朝日系列で、2016年1月3日1:10 - 2:10(JST)に放送された単発テレビドラマである。第14回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞作品。主演は桐谷健太[1]

夏目家どろぼう綺談
ジャンル 単発テレビドラマ
脚本 東山泰子
監督 宝来忠昭
出演者 桐谷健太
西井幸人
プロデューサー 佐藤凉一(テレビ朝日)
服部宣之(テレビ朝日)
河角直樹(国際放映)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年1月3日
放送時間 日曜1:10 - 2:10
放送分 60分
回数 1

特記事項:
第14回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞作品。
テンプレートを表示

文豪・夏目漱石の処女作『吾輩は猫である』の「誕生秘話」をフィクションとして描いたものである。

あらすじ編集

第一高等学校教師の夏目金之助の家に18歳のロクが泥棒に入る。金之助に見つかるが、新しい使用人と間違われそのまま住み着くことになった。

この頃の金之助は、教え子に自殺されたことで神経衰弱を患っており、教師の仕事や家庭生活に支障が出ていた。嫌気が差し辞表をロクに持たせたが、その際にロクが読み書きが出来ないことを知る。

金之助はロクに辞書をプレゼントした。ロクは辞書の字を真似て書きまくって字を覚え、本を読みたいと思うようになる。そこで金之助は字を覚えたてのロクがわかり易い内容の本として、小説『吾輩は猫である』を書く。その頃警察へと夏目家に不審者がいるという報が入り、刑事が訪れる。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 桐谷健太 漱石を演じ時代物に初主演”. デイリースポーツ online (2015年11月26日). 2016年8月7日閲覧。

外部リンク編集

テレビ朝日系列 テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞ドラマ
前番組 番組名 次番組
夏目家どろぼう綺談