夏緑林

夏に緑葉をつけ、冬に落葉する森林

夏緑林(かりょくりん)または夏緑樹林(かりょくじゅりん)とは、温暖な夏に緑葉をつけて活動し,寒冷な冬に落葉する樹種が中心となる森林である。落葉広葉樹林の一種。主要構成樹種はクリケヤキブナミズナラカエデなどである。この森林帯の北には針葉樹林が、南には照葉樹林が分布する。

紅葉で色づく夏緑樹林

分布域編集

ヨーロッパで北緯40~60度、北アメリカアジアで北緯30~50度の地域に発達する。日本では中部地方などでは標高600~1700m、北海道では平地に分布する。

参考編集

関連項目編集