夏野菜(なつやさい)は、日本では夏に成熟する野菜のことで、キュウリナストマトピーマンオクラトウモロコシニラカボチャズッキーニゴーヤなどが含まれる[1][2]。日本より赤道寄りの熱帯が原産であるものが多いが、例外もある。

収穫された夏野菜

夏野菜は水分が多いものが多く、カリウムカルシウム亜鉛などのミネラルと、β-カロテン葉酸などのビタミン食物繊維ポリフェノールなどを始めとした多数の栄養素が含まれている[2]

2021年8月には、日本での記録的な大雨を受けて、日本国内で夏野菜の価格が高騰した[3][4][5]

関連項目編集

脚注編集