メインメニューを開く

夕べの星』(The Evening Star)は、1996年アメリカ映画。『愛と追憶の日々』の続編。エマの死後の子供たちの成長した姿と、オーロラやエマの親友のその後を描く。

夕べの星
The Evening Star
監督 ロバート・ハーリング
脚本 ロバート・ハーリング
出演者 シャーリー・マクレーン
音楽 ウィリアム・ロス
撮影 ドン・バージェス
配給 パラマウント/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年12月25日
日本の旗 1997年8月31日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 愛と追憶の日々
テンプレートを表示

ストーリー編集

エマの死後、オーロラは3人の孫たちを育てていた。子供たちは大きくなるが、長男トミーは麻薬で服役中、次男のテディは修理工として働くが未婚で子供をもうけてしまい、末の娘メラニーはエマやオーロラによく似た快活な性格に成長するが、ボーイフレンドのために大学を辞めると言い出し、オーロラにとって物事はうまくいかないことばかり。

オーロラは、息子ほど年の離れた男を、エマの親友と取り合うなどと、まだ元気だ。そんな時、あの宇宙飛行士と再会する。そして……。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

外部リンク編集