メインメニューを開く

夕凪 (2代神風型駆逐艦)

神風型駆逐艦

夕凪(ゆうなぎ / ゆふなぎ)は[12]日本海軍駆逐艦[13]。 艦名の意味は「夕方、風の凪ぎたること。夕方に陸風と海風が交代する時に暫く風が止み、波が静かになること」[14]。 艦名としては明治39年進水した駆逐艦「夕凪」に続いて2代目[14]

1936年9月5日、南洋で行動中の夕凪[1]
1936年9月5日、南洋で行動中の夕凪[1]
基本情報
母港 最終時:佐世保[2]
艦歴
計画 大正12年度艦艇補充計画
発注 1922年10月26日製造訓令[3]
起工 1923年9月1日[4]
または1923年09月17日[5]
進水 1924年04月23日[5][4]
竣工 1925年04月24日[5][6]
最期 1944年08月25日戦没
除籍 1944年10月10日[2]
要目(計画)
基準排水量 1,270英トン
公試排水量 1,400英トン
全長 102.57メートル
最大幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
燃料 重油:420トン
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷10本)
留式7.7mm機銃2挺
爆雷18個
その他 信号符字:GQIV(竣工時)[7]
(無線)略符号:JQSA(竣工時)[8]
(無線)略符号:JUGA(1929年4月1日-)[9]
信号符字:JUGA(1933年12月28日-)[10]
略符号(信号符字):JXVA(1941年12月1日-)[11]
テンプレートを表示

目次

概要編集

一等駆逐艦夕凪(ゆうなぎ / ゆふなぎ)は[15]、日本海軍が大正時代に佐世保海軍工廠で建造した駆逐艦[13]神風型駆逐艦の9番艦である[16]。同型最終艦で[15]、艦船名は1906年(明治39年)竣工の初代神風型駆逐艦・夕凪に次ぎ2隻目。竣工時の艦名は第十七号駆逐艦[13]1928年(昭和3年)8月に「夕凪」と改名された[17]。1936年(昭和10年)6月から10月にかけては第三航空戦隊として、1937年(昭和12年)1月から7月にかけては第十二戦隊として、南洋諸島の長期調査航海をおこなった[18]

1941年(昭和16年)12月8日の太平洋戦争開戦時、ひきつづき第六水雷戦隊麾下の第29駆逐隊に所属して南洋部隊(指揮官井上成美中将、第四艦隊司令長官)の作戦に従事した[19]1942年(昭和17年)3月10日、ラエ・サラモア空襲で中破、内地で修理をおこなった[20]。6月より戦線に復帰[13]、7月に第六水雷戦隊が解隊されると第二海上護衛隊に所属したが[21]、8月8日の第一次ソロモン海戦では第八艦隊の重巡洋艦と共にガダルカナル島に突入した[20]。その後、中部太平洋方面で護衛任務に従事した。

1943年(昭和18年)3月から6月にかけて、佐世保海軍工廠で高速輸送艦仕様に改造される。この間に第八艦隊に編入されていた夕凪は[22]、7月初旬以降のニュージョージア島攻防戦や10月下旬以降のブーゲンビル島攻防戦に従事、クラ湾夜戦コロンバンガラ島沖海戦、コロンバンガラ島撤退作戦(セ号作戦)、ブーゲンビル島沖海戦などに参加[20]、敵制空権下での強行輸送(鼠輸送)に奔走した。 1944年(昭和19年)1月から3月にかけて佐世保海軍工廠で修理したあと[20]、3月10日から中部太平洋方面艦隊に所属した[23]松輸送[24]などの船団護衛任務に従事したあと、6月中旬のマリアナ沖海戦(補給部隊護衛)に参加した。同年8月、ヒ71船団に参加する[24]。同船団から分離後の8月25日、夕凪はルソン島沖で米潜水艦ピクーダの魚雷攻撃を受けて沈没した[20]

艦歴編集

建造~太平洋戦争開戦まで編集

1922年(大正11年)10月26日、佐世保鎮守府にあて佐世保海軍工廠での一等駆逐艦1隻の建造が訓令された[3]。 訓令時の予算は大正11年度から同13年度(1925年3月31日まで)の総額2,498,662円(兵装費は除く)だった[25]1923年(大正12年)1月27日、佐世保海軍工廠建造の一等駆逐艦は第十七駆逐艦と命名された[26]。 同年9月1日[4]、 または9月17日に起工し、1924年(大正13年)4月23日に進水[5][27]、 24日に第17号駆逐艦と改称した[28]1925年(大正14年)4月24日に竣工[5]、 5月1日に第15号駆逐艦(朝凪)と共に第29駆逐隊を編制した[29]

9月10日、第29駆逐隊は第二艦隊に編入した[30]。12月25日に第13号駆逐艦(疾風)が編入し、第11号駆逐艦(追風)と合わせ4隻体制となった[31]

1928年(昭和3年)8月1日、番号表記の駆逐艦が同時に改称され、夕凪(ゆふなぎ)と命名された[12][15]

1933年(昭和8年)11月15日、第29駆逐隊は第一艦隊所属となる。 1935年(昭和10年)11月15日、日本海軍は朝凪と夕凪で第28駆逐隊を新編した[32]1936年(昭和11年)6月1日、海軍は水上機母艦神威と第28駆逐隊(朝凪、夕凪)[33]第三航空戦隊を編制し、6月28日-10月17日、南洋で水上基地候補地の調査のためマリアナ諸島カロリン諸島を航海した[34]

12月1日附で、第三航空戦隊は第十二戦隊に改編された[35][36]1937年(昭和12年)1月28日-7月10日、第十二戦隊(敷設艦〈沖島〉、水上機母艦〈神威〉、第28駆逐隊〈朝凪、夕凪〉)により、再び七ヶ月におよぶ南洋の調査を行った[34][37]。 同時期、盧溝橋事件第二次上海事変により中国大陸情勢は緊迫の度合いを増す。8月27日、海軍はふたたび3隻(神威、朝凪、夕凪)で第三航空戦隊を編成した[38][39]。10月20日、第3予備艦となり佐世保警備戦隊に編入した[40]

1940年(昭和15年)11月上旬にかけて朝凪は函館港、夕凪は第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)と共に佐世保・長崎港の防御を担当した[41]。11月15日に第28駆逐隊は解隊し、第29駆逐隊に編入される。中部太平洋を担務する第四艦隊隷下の第六水雷戦隊(軽巡洋艦〈夕張[42]、第29駆逐隊〈追風、疾風、朝凪、夕凪〉、第30駆逐隊〈睦月、如月、弥生、望月〉)に所属した[43]1941年(昭和16年)前期、第四艦隊は中部太平洋諸島での演習や訓練に従事し[44]、トラック泊地を拠点に行動しながら第四航空戦隊第六艦隊との共同訓練も実施した[45]

太平洋戦争緒戦編集

1941年(昭和16年)12月8日太平洋戦争開戦時、第29駆逐隊(追風[46]、疾風[47]、朝凪[48]、夕凪[20])を含め第六水雷戦隊(司令官梶岡定道少将、海兵37期)はひきつづき南洋部隊(指揮官井上成美海軍中将、第四艦隊司令長官)に所属しており、南洋部隊各部隊・各艦[49]とともに中部~南東方面の太平洋作戦に従事した[50][51]。 開戦劈頭、第十九戦隊司令官志摩清英少将が指揮するハウランド方面攻撃支援隊(第十九戦隊〈沖島、天洋丸〉、第29駆逐隊第2小隊〈夕凪、朝凪〉、基地営隊輸送船)[52]と共にヤルートを出撃、ギルバート諸島に向かった[53]。マキン占領部隊(沖島ほか)と分離した夕凪と朝凪は、10日午前0時に海軍陸戦隊タラワ島に揚陸し、午前中に同島占領を宣言した[54]。 2隻は沖島などが占領したマキン島に移動し、合流した[55]。 一方、第六水雷戦隊は第一次ウェーク島攻略戦に失敗し[56]、所属2隻(疾風[47][57]、如月[58][59])を喪失した[60]。29駆2小隊(朝凪、夕凪)は六水戦に合流し、第二次ウェーク島攻略戦に参加した[61][62]1942年(昭和17年)1月3日、第六水雷戦隊はトラック島に帰投した[63]

1月中旬、第29駆逐隊(追風、朝凪、夕凪)は南洋部隊所属の各部隊・各艦と共にラバウルニューブリテン島)とカビエンニューアイルランド島)の攻略作戦に従事した[64][65]

3月初旬、第六水雷戦隊(軽巡〈夕張〉、第29駆逐隊〈追風、朝凪、夕凪〉、第30駆逐隊〈睦月、弥生、望月〉)はニューギニア島東部攻略および攻略船団の護衛を命じられ[66]ラエサラモアを占領する[67]。3月10日、米機動部隊(レキシントンヨークタウン)艦載機は、揚陸作戦中の日本軍船団と護衛艦艇を襲撃する[68]。輸送船4隻が沈没し旗艦夕張も損傷した[69]。夕凪は直撃弾で機関部が損傷し主計科が全滅するなど[70][71]、戦死29名・負傷者約40名の損害を受けた[72]。応急修理の後、第六水雷戦隊はトラック泊地に回航される[70]。第29駆逐隊はトラック~サイパンを経由して佐世保へ戻り[73]、修理と整備に入った[74][75]。5月25日、第23駆逐隊の解隊にともない睦月型駆逐艦夕月が第29駆逐隊に編入され(ウェーク島攻略戦で沈没した疾風の代艦)[76]、第29駆逐隊は定数4隻(追風、朝凪、夕凪、夕月)を回復した[77]

修理を終えた夕凪は5月31日に佐世保を出撃、船団を護衛してトラック島に向かった[78]。ミッドウェー海戦の敗北後、日本軍は南洋の拠点強化に乗り出す[79][80]。6月下旬以降、第六水雷戦隊はガダルカナル島などの飛行場設営を支援した[81][82]。 7月10日をもって第六水雷戦隊は解隊され、所属各部隊(夕張[42]、第29駆逐隊、第30駆逐隊)は第四艦隊隷下の第二海上護衛隊に編入された[83]。このうち第30駆逐隊は7月14日新編の第八艦隊[84](司令長官三川軍一中将、軍隊区分においては外南洋部隊)[85]に編入され、第二海上護衛隊として行動することはなかった[86][87]。また外南洋部隊(第八艦隊)の新編にともない[88]、南洋部隊(第四艦隊)は内南洋部隊と改称した[89]。六水戦解隊後も、第29駆逐隊はしばらくソロモン諸島やニューギニア方面での航空基地設営作戦に従事した[90][91]

ソロモン諸島の戦い編集

1942年(昭和17年)8月7日早朝、米軍はツラギ島ガダルカナル島に上陸し[92]、南太平洋での本格的な反攻に転じた[93]。急報を受けた外南洋部隊指揮官三川軍一中将(第八艦隊司令長官)は重巡鳥海(第八艦隊旗艦)と第六戦隊(司令官五藤存知少将)の重巡4隻(青葉加古衣笠古鷹)の計5隻で米揚陸部隊の撃滅を計画した[94]。軽巡天龍[95]夕張[42]、夕凪はたまたまラバウル在泊中で[96]、第十八戦隊が参加を上申し、夕凪も艦隊に加わった[97]。同日午後2時半にラバウルを出撃、約2時間後に第六戦隊と合流しガダルカナル島に進撃した[98]。三川長官直率の外南洋部隊は連合軍の重巡洋艦4隻を撃沈し、巡洋艦と駆逐艦複数隻に損傷を与えた[99]。帰路で重巡加古を喪失したものの[100]、勝利を収めた[92](海戦に到る経緯と行動の詳細は、当該記事を参照)。

8月11日夜、追風と夕凪[101]と共にラバウルを出撃、13日にガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を砲撃し14日に帰投した[102]。8月24-25日の第二次ソロモン海戦前後における外南洋部隊は、日本陸軍一木支隊をのせた輸送船団(第二水雷戦隊司令官田中頼三少将護衛)を間接支援するため、ソロモン諸島を機宜行動する[103]。夕凪は、鳥海(第八艦隊旗艦)[104]や第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)などと行動を共にし[105]、また8月19日からはサンタイサベル島レカタ水上機基地の設営に協力した[106]。21日、外南洋部隊は白露型駆逐艦江風(第24駆逐隊)と夕凪にガダルカナル島ルンガ泊地へ進入と襲撃を命じた[107]。だが波浪のため夕凪は速力22ノット以上を出すことができず、江風のみでの突撃となった[107]。江風はルンガ泊地で駆逐艦ブルーを撃沈している[108]。夕凪は引き揚げてきた江風と合流し、ショートランド泊地に移動した[108]。第二次ソロモン海戦当日の夕凪は外南洋部隊の重巡洋艦群と行動を共にし、輸送船団の支援をおこなった[109]

夕凪は8月下旬までソロモン諸島方面で行動し、9月上旬からはナウル島オーシャン島攻略作戦に従事した[110][111]。以降は中部太平洋の輸送ルートを守る第二海上護衛隊の各艦と共に活動、ソロモン諸島、マーシャル諸島などで護衛任務に従事した[112][113]

10月中旬、マーロン・S・ティスデール英語版少将が指揮する重巡洋艦ポートランドと軽巡洋艦ジュノーは、南太平洋を南下していた[114]。ジュノーと分離したポートランド(旗艦)は10月15日にタラワ島へ到達し、タラワ在泊および近海の日本軍艦船(夕凪、浮島丸筑紫、日立丸)に対して艦砲射撃をおこなう[115]。また艦載機のSOCシーガル水上観測機で空襲を敢行した[116]。筑紫と日立丸に若干の損害があったが決定的な被害はなく[117]、ポートランドは日本軍の空襲を懸念して去っていった[118]。翌日、米巡洋艦は監視艇2隻を撃沈し[119]ガダルカナル島へむかった[116]

10月26日、第四艦隊司令長官は井上成美中将から鮫島具重中将に交代した[120]。 11月中旬、鮫島長官は練習巡洋艦鹿島に乗艦し、マーシャル群島を視察することにした[121]。夕凪と朝凪は鹿島を護衛して中部太平洋諸島(クェゼリン環礁、ルオット島、イミエジ島、ヤルート島、ヤルート島)を視察する[122]。途中で朝凪がマーシャル方面に残り、鹿島と夕凪は12月2日トラックに帰投した[122]。以後の夕凪は、ふたたび第二海上護衛隊として護衛任務に就いた[123]

中部ソロモン諸島の戦い編集

1943年(昭和18年)3月18日に夕凪は佐世保に戻り[124]、一部の機関や主砲・魚雷を撤去して対空火力を増設し、甲板に大発動艇2基を搭載するなどの改修工事を行った。4月1日、日本海軍は戦時編制の改定をおこなう[125]。第29駆逐隊が解隊され[126][127]、夕凪は再び南東方面を担当する第八艦隊(司令長官鮫島具重中将)[128]に編入された[129]。改修を終えた夕凪は6月11日に佐世保を出撃して、ラバウルに進出する[124]。6月下旬以降、第八艦隊麾下の睦月型・神風型駆逐艦(望月、夕凪、長月、皐月、水無月、三日月)は交替でコロンバンガラ島輸送に従事した[130]

連合軍は6月30日にレンドバ島に上陸を開始[131]ニュージョージア島の戦いが始まった[132]。日本軍は揚陸・補給部隊の撃滅を計画し、7月1日の第一次突入作戦では、第三水雷戦隊所属の駆逐艦複数隻(ブカ島所在〔天霧初雪〕、ブイン所在〔長月水無月三日月〕)が先行、第三水雷戦隊司令官秋山輝男少将直率の駆逐艦4隻(新月〈三水戦旗艦〉、望月皐月、夕凪)としてラバウルを出撃、7月1日未明にレンドバ島周辺を捜索したが会敵しなかった[132][133]。7月2日の第二次作戦では陽動隊(夕張、三日月、夕凪)としてブインを出撃[134]、会敵せず3日朝に帰投した[135]

連合軍のレンドバ島ニュージョージア島進攻にともないコロンバンガラ島の日本陸軍への輸送が急務となった[134]。第一回輸送隊を第22駆逐隊司令金岡国三大佐指揮下の駆逐艦4隻(夕凪、長月、皐月、新月)で編成、4日夕刻にブインを出撃した[136]。同日深夜、クラ湾でニュージョージア島の日本軍砲台と交戦中の米艦隊(司令官ヴォールデン・L・エインスワース少将)を発見、輸送を中止して僚艦と共に魚雷を発射した(長月6本、新月4本、夕凪4本)[135]。米駆逐艦ストロングに魚雷が命中し、ストロングは陸上からの砲撃も受けて沈没した[137][138]。輸送隊は5日朝、ブインに戻った[138][135]

この頃、軽巡洋艦夕張機雷により損傷したので[139][140]、第三水雷戦隊司令官秋山輝男少将は引き続き秋月型駆逐艦新月に三水戦の将旗を掲げた[141][142]。夕張は内地に戻って修理を余儀なくされ、ラバウルに再進出したのは11月3日であった[42][143]。 続く7月5日、警戒部隊(新月、涼風、谷風)、輸送隊(望月、三日月、浜風、夕凪/天霧、初雪、長月、皐月)という編成でコロンバンガラ島へ出撃予定であったが、夕凪は出撃しなかった[144]。迎撃に出てきた米艦隊との間で夜間水上戦闘になり、新月[145]長月[146][147]が沈没する。新月沈没時に外南洋部隊増援部隊指揮官秋山輝男少将(第三水雷戦隊司令官)が戦死して、第三水雷戦隊司令部は全滅した[148][149]。後任の三水戦司令官は伊集院松治大佐となったが[150]、新司令官到着まで鳥海艦長有賀幸作大佐が臨時に増援部隊の指揮をとり[151]、また新司令部の準備がととのうまで第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将が増援部隊を指揮する[152]

輸送隊の護衛が強化され、外南洋部隊指揮官(第八艦隊司令長官)は、麾下水上部隊の全力で輸送と敵艦隊撃滅を試みた[151]。7月9日夕刻、ニュージョージア方面(主隊〈鳥海、川内〉、警戒隊〈雪風夕暮谷風浜風〉)、第22駆逐隊司令指揮下の輸送部隊(皐月、三日月、松風、夕凪)としてブインを出撃する[151]。連合軍艦隊とは会敵せず、輸送部隊はコロンバンガラ島に成功、全部隊はブインに帰投した[151]

7月12日、本艦は輸送隊(皐月、水無月、松風、夕凪)としてコロンバンガラ島へ出撃し、これを増援部隊指揮官(伊崎少将)指揮下の警戒隊(軽巡〈神通〉、駆逐艦〈清波、雪風[153]、浜風、夕暮、三日月)が護衛した[154][155]。 12日深夜、日本軍輸送隊はエインスワース少将の米艦隊と遭遇し、夜間水上戦闘になる(コロンバンガラ島沖海戦)[151]。この間に輸送隊は13日0時過ぎに揚陸を開始、約1時間で全輸送に成功した[156]。日本艦隊は同日ブインに帰投したが、神通が沈没して第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将は戦死[157]、二水戦司令部は全滅した[158]

夕凪は18日の輸送作戦でも輸送隊に編入されていたが[157]、同日のブイン空襲で損傷したため同行しなかった[159]。同日夜、警戒・輸送隊はクラ湾で夜間空襲を受け、重巡熊野が大破、清波[160][161]と夕暮[162][163]が沈没するなど一方的な損害を受けた[164]

7月20日、日本海軍は第四水雷戦隊を解隊して第二水雷戦隊に編入し、四水戦司令官高間完少将を第二水雷戦隊司令官に任命した[165]。夕凪はラバウルで応急修理した後、30日に水無月と共に輸送船白山丸、国川丸を護衛して出発、8月2日にトラック泊地に到着。サイパンを経由して内地に帰投した[166]

修理を終えた夕凪は、9月21日に佐世保を出撃する[124]。サイパン、トラック泊地を経由して29日ラバウルに戻った[124]。10月初頭、コロンバンガラ島からの撤退作戦(セ号作戦、第二次撤収作戦)に参加したが、松風と夕凪は故障のため途中で引き返している[167]。10月6-7日のベララベラ島撤退作戦では、警戒部隊(秋雲〔第三水雷戦隊司令官伊集院松治大佐〕、磯風、風雲、夕雲、時雨、五月雨)および第22駆逐隊司令指揮下の輸送部隊(文月、松風、夕凪)という編成で出撃する[168][169]。作戦中に米軍水雷戦隊の間で夜間水上戦闘になった(第二次ベララベラ海戦[170]。その後も夕凪は第三水雷戦隊や応援部隊の各艦と共に、最前線の輸送任務に従事した[171][172]

11月1日に米軍がブーゲンビル島に上陸し、ラバウル在泊の第五戦隊(重巡妙高羽黒)を中心に逆上陸作戦が計画された[173]ブーゲンビル島沖海戦参照)。本艦は第11駆逐隊司令山代勝守大佐が指揮する輸送隊(天霧〈旗艦〉、文月、水無月、卯月、夕凪)として作戦に従事する[174]。だが、陸戦隊の搭乗に手間取り作戦が2時間遅れたため、夕凪の最大戦速26ノットでは遅れを回復する見込みがなく、逆上陸は中止された[175]。ブカ島に向かった水無月以外の輸送隊は、ラバウルに帰投した[175]。 11月5日、米軍機動部隊(サラトガ、プリンストン)はラバウルに空襲を敢行、重巡愛宕(第二艦隊旗艦)や摩耶など多数の艦艇が損害を受けた[176]ラバウル空襲[177]。ちょうどこの時、艦長予定の駆逐艦望月が沈没したため(10月24日)[178]、海軍陸戦隊に赴任していた岩淵悟朗少佐が夕凪駆逐艦長として着任した[179]。前任の古川少佐が病気で倒れたためだったという[180]。 日本軍は逆上陸作戦への望みを捨てておらず、11月6日に第31駆逐隊司令香川清登大佐指揮下の挺身輸送部隊(警戒隊〈大波、巻波〉、輸送部隊〈天霧、文月、卯月、夕凪〉)としてラバウルを出撃する[181]。支援部隊や航空部隊の掩護を受け、7日午前0時過ぎにタロキナに到着、陸軍部隊を揚陸し、同日午前にラバウルに帰投した[182]

先のブーゲンビル島沖海戦で軽巡洋艦川内が沈没し[183]、第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将は軽巡夕張に将旗を掲げた[184]。11月11日の第二次ラバウル空襲により、在泊中の水雷戦隊も駆逐艦涼波が沈没して阿賀野長波が大破するなど大損害を受け、第二水雷戦隊と第十戦隊はトラック泊地に撤収した[185]。 第三水雷戦隊は残存兵力(夕張、夕凪、大波、巻波、天霧、夕霧、秋風、文月、卯月、水無月)でニューブリテン島への夜間輸送を実施、空襲に悩まされながらも任務を遂行した[186]。だが25日にセント・ジョージ岬沖海戦で第三水雷戦隊の残存3隻が一挙に沈没した[187][188]。ブーゲンビル島方面への駆逐艦輸送作戦は中断された[189]。12月上旬は夜間輸送の難しい月明期であったため損傷艦はトラック泊地に後退し、第三水雷戦隊司令部は陸上に移動[190]、ラバウルに残った水上艦は3隻(天霧、秋風、夕凪)であった[191]

12月11月、夕凪はラバウルで座礁した[192]。13日にも船団救援中にニューアイルランド島カビエン沖で座礁し[193]B-24爆撃機の爆弾1発が命中するが不発で難を逃れた[192]。14日に水無月の曳航で離礁し、同日深夜にラバウルに戻った[192]。 16日、第三水雷戦隊司令官は伊集院松治少将から中川浩少将に交代した[194]。ニューブリテン島周辺への駆逐艦輸送作戦が再開され、応急修理を終えた夕凪も加わる(12月下旬の輸送実施艦は、夕凪、水無月、皐月、文月、松風、太刀風、漣、曙)[195]。しかし28日に機関故障を起こし、速力が22ノットまで低下した[196]。29日、特設運送船清澄丸を第22掃海艇と共に護衛し、カビエン経由でトラックに向かった[197]

1944年(昭和19年)1月1日夜、米潜水艦バラオの雷撃により清澄丸が大破した[198]。夕凪と掃海艇では曳航できず、軽巡那珂と駆逐艦谷風[199]、軽巡大淀と駆逐艦秋月[200]などが救難に協力し、清澄丸はトラックに入港した。 1月中旬、軽巡長良ラバウル空襲で大破した夕雲型駆逐艦長波(第31駆逐隊)を曳航して内地に戻ることになり[201][202]、駆逐艦2隻(夕凪、卯月)は両艦を護衛した[203]。日本近海で呉にむかう長良と長波を分離し(24日、徳山入港)[202]、夕凪と卯月は佐世保に帰投した[203]。夕凪は機関などの修理に入った[203]

サイパン、フィリピン方面での護衛戦編集

1944年(昭和18年)3月10日、外南洋部隊襲撃部隊は解消され[23]、所属していた第三水雷戦隊および駆逐艦3隻(松風、秋風、夕凪)は中部太平洋方面部隊(指揮官南雲忠一海軍中将、中部太平洋方面艦隊司令長官)に編入された[204]。夕凪は松輸送に動員され[24]海上護衛総司令部(司令長官及川古志郎大将)の指揮下に入った[205]。 軽巡洋艦龍田(第十一水雷戦隊旗艦、司令官高間完少将)[206]、駆逐艦(野分[207]朝風、夕凪、卯月[208])、海防艦平戸[209]、敷設艇(測天巨済)、第20号掃海艇と共に、サイパン・グアム方面へ向かう東松二号船団の船舶12隻の護衛に就いた[210]。3月13日、龍田[211]と輸送船国陽丸が米潜水艦サンドラスの雷撃で沈没した[212](旗艦を野分に変更)[213][207]。船団は19日にサイパンに到着し[207]、4隻(駆逐艦〈卯月、夕凪〉、輸送船〈対馬丸、あとらんちっく丸〉)はトラック島に向かった[214]。 4月15日、夕凪は東松六号船団に参加する。松山光治少将の指揮下[209]、駆逐艦(帆風、卯月、夕凪)、海防艦(三宅、6号)[215]、駆潜艇(10号、12号)、掃海艇(20号、28号)、敷設艇(猿島、巨濟、由利島)と共に船舶18隻を護衛し東京湾を出撃[216]、グアム行・小笠原行船団を分離し、残る船団は無事23日朝にサイパンに到着した[217]。その後も、夕凪は各方面への輸送船団を護衛した[218]

5月1日[219]、夕凪はトラック島空襲で沈んだ睦月型駆逐艦文月の代艦として第22駆逐隊に編入され、同隊は駆逐艦3隻(皐月、水無月、夕凪)となった[220][221]。 5月3日、連合艦隊は新たな軍隊区分を発令[注 1]、連合艦隊司令長官豊田副武大将直率の主隊(軽巡〈大淀〉、駆逐艦〈霜月、夕凪、松風〉)が編成された[222]。5月20日発令の兵力部署でも、ひきつづき主隊に所属した[223]。 27日、夕凪は中部太平洋方面部隊への復帰と、サイパン進出を命じられた[224]。6月6日、22駆逐隊の僚艦水無月が米潜水艦ハーダーの雷撃で沈没した[225][226]。同日、夕凪は補給部隊の護衛として[227]、佐世保を出港した[124]

6月15日、米軍はサイパン島に上陸を開始した[228]。『あ号作戦』が発動され、第一機動艦隊(司令長官小沢治三郎中将)補給部隊の護衛としてマリアナ沖海戦に参加した。18日0700、内地から来た給油艦速吸[229]、駆逐艦(初霜[230]が補給船団に合同する[231]。この時の夕凪は軽巡洋艦名取(6月5日、呉発)[232]と共に行動していたとみられ、1500に補給部隊と合流すると、名取艦長が補給部隊の指揮をとった[231]。 19日、名取は補給部隊から分離し、マニラにむかった[232][231]。 6月20日にける機動部隊補給部隊の編成は、駆逐艦(初霜、栂、卯月[208]、雪風〈座礁被害により最大速力26ノット〉[233]、夕凪、)、油槽船(速吸、日栄丸、国洋丸、清洋丸、玄洋丸、あづさ丸)であった[234]。同日、補給部隊はマリアナ沖で米機動部隊の空襲を受け、大破した清洋丸と玄洋丸が処分された[235][236]。海戦に敗れ、補給部隊は23日にネグロス島バコロド、夕凪は24日に対岸のギマラスに到着した[234]。第二補給部隊と第三補給部隊は内海西部に回航され、他の油槽船はフィリピン方面に残った[237]。 7月10日、駆逐艦3隻(神風型〈夕凪〉、吹雪型〈響〉、夕雲型〈藤波〉)はタンカー2隻(速吸、旭東丸)を護衛してマニラを出港、17日に呉へ帰投した[234]

沈没編集

8月上旬、夕凪はヒ71船団に配属される[24]。空母大鷹[238]、駆逐艦2隻(夕凪、藤波)、海防艦5隻と共に速吸以下20隻の船団を護衛し[239]、8日に門司を出港した[240]。台湾・馬公で船団と護衛の編成を変更し、護衛艦5隻(海防艦〈佐渡、松輪、日振、択捉〉、駆逐艦〈朝風〉)を追加して17日に出港した[241]。18日早朝、永洋丸が米潜水艦レッドフィッシュ[242]の雷撃を受けて損傷する[241]。夕凪と朝風は永洋丸を護衛して台湾高雄市に向かった[243][244]

航海中の20日、第22駆逐隊が解隊されて夕凪は第30駆逐隊に編入され、同駆逐隊は5隻(卯月、皐月、夕月、秋風、夕凪)となった[221][245]。またサイパン島地上戦で第三水雷戦隊司令部が玉砕したため、日本海軍は軽巡洋艦五十鈴[246]・三水戦残存駆逐艦・松型駆逐艦・海防艦複数隻で連合艦隊の隷下に第三十一戦隊(司令官江戸兵太郎少将)を新編した[247][248]。第30駆逐隊も第三十一戦隊に所属した[249]

21日朝、朝風と共にタンカー第二八紘丸と二洋丸を護衛し高雄を出港する。22日、ルソン島バサレン湾で第二八紘丸が米潜水艦スペードフィッシュの雷撃で座礁したため、朝風と二洋丸が分離し、夕凪が警戒にあたった[250]。同日、朝風は米潜水艦ハッドの雷撃で大破[251]。その後、沈没した[252]

25日朝、「夕凪」は第二八紘丸の救援に到着した陸軍輸送船玄海丸、第25号海防艦と交代し、両艦船が同行していた船団に合流した。直後の10時22分、米潜水艦ピクーダの雷撃により、光徳丸が被雷して沈没する[253]。対潜攻撃を行う夕凪を、ピクーダが再び攻撃する。左舷艦橋後部付近に魚雷が命中して缶室が爆発し[254]、夕凪は10時35分に沈没した[255]。沈没地点記録北緯18度42分 東経120度49分 / 北緯18.700度 東経120.817度 / 18.700; 120.817[255]。乗員約40名が戦死、救助後に体調が悪化し、最終的に約70名が戦死したという[254]。10月10日、駆逐艦籍から除籍された[2]

歴代艦長編集

※脚注ない限り『艦長たちの軍艦史』247-248頁による。

艤装員長編集

  1. 山田定男 少佐:1924年12月1日[256] - 1925年2月9日[257]

艦長編集

  1. 山田定男 少佐:1925年2月9日[257] - 1926年11月15日[258]
  2. 久我徳一 中佐:1926年12月1日[259] - 1927年12月1日[260]
  3. 藤田類太郎 少佐:1927年12月1日[260] - 1928年12月10日[261]
  4. 園二郎 少佐:1928年12月10日[261] - 1929年11月1日[262]
  5. 高橋一松 少佐:1929年11月1日[262] - 1931年12月1日[263]
  6. (兼)伊崎俊二 中佐:1931年12月1日[263] - 1932年9月15日[264]
  7. (兼)小西要人 少佐:1932年9月15日[264] - 1933年3月15日[265]
  8. (兼)佐藤寅治郎 少佐:1933年3月15日[265]- 1933年4月1日[266]
  9. 吉村真武 少佐:1933年4月1日[266] - 1934年11月1日[267]
  10. 原為一 少佐:1934年11月1日[267] - 1935年11月15日[268]
  11. 山隈和喜人 少佐:1935年11月15日[268] - 1936年12月1日[269]
  12. 大迫東 少佐:1936年12月1日[269] - 1938年2月28日[270]
  13. 本田勝熊 少佐:1938年2月28日[270] - 1938年6月1日[271]
  14. 鈴木保厚 少佐:1938年6月1日[271] - 1938年11月10日[272]
  15. 岩橋透 少佐:1938年11月10日[272] - 1939年12月1日[273]
  16. 田中忠政 少佐:1939年12月1日[273] - 1940年9月25日[274]
  17. 山下正男 少佐:1940年9月30日[275] - 1942年4月15日[276]
  18. 岡田静一 大尉:1942年4月15日[276] - 1943年5月23日[277]
  19. 鹿嶋正徳 少佐:1943年5月23日[277] - 1943年10月20日[278]
  20. 古川為夫 少佐:1943年10月20日[278] - 1943年11月5日[279]
  21. 岩淵悟郎 少佐:1943年11月5日[279] - 1944年9月1日[280]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 聯合艦隊命令作第71号、昭和19年5月3日。

出典編集

  1. ^ #日本海軍全艦艇史p.575、写真No.1260の解説
  2. ^ a b c #内令(秘)昭和19年10月(2)pp.36-37
  3. ^ a b #第17号駆逐艦製造画像24-25、官房機密第1501号「佐鎮長官宛 一等駆逐艦一隻建造ノ件 軍備補充費ヲ以テ一等駆逐艦一隻別紙豫算書及要領書並図面ニ依リ其府工廠ヲシテ建造セシムヘシ 右訓令ス 別紙予算書一葉 戦隊図面目録一葉 同要領書一冊 同図面四葉 機関部製造要領書一通添(了)」
  4. ^ a b c #第17号駆逐艦製造画像4-5、大正13年6月17日佐廠機密第7号の94、第十七号駆逐艦工事予定概括表
  5. ^ a b c d e #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『夕凪|(艦性能略)|佐世保工廠|12-9-17|13-4-23|14-4-24|(武装略)』
  6. ^ #第17号駆逐艦製造画像18、大正17年4月24日佐鎮機密第43番電「第十七号駆逐艦本日竣工引渡ヲ了ス 右報告ス 四月二十四日」
  7. ^ #達大正12年1月画像19、大正12年1月29日達第18号
  8. ^ #達大正12年1月画像19、大正12年1月29日達第17号
  9. ^ #S3達/11月画像17-74、昭和3年11月15日達第169号
  10. ^ #S8達/10月画像21-46、昭和8年10月18日達第127号
  11. ^ #S16.7-12達/12月画像1,5、達第116号附表第一
  12. ^ a b #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第十七號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 夕凪ユフナギ トス』
  13. ^ a b c d 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 87a夕凪(ゆうなぎ)
  14. ^ a b #艦船名考(1928)pp.166-167、「195 夕凪 ゆふなぎ Yûnagi.」
  15. ^ a b c #海軍制度沿革(巻8、1940)p.66『昭和三年六月二十日(内令一六〇)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 本令ハ昭和三年八月一日ヨリ施行ス 驅逐艦ノ部中「第一號型」、「第十九號型」及「第三十五號型」ノ各項ヲ左ノ如ク改ム |神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、朝凪、夕凪/睦月型|睦月、如月、彌生、卯月、皐月、水無月、文月、長月、菊月、三日月、望月、夕月/吹雪型|吹雪、白雪、初雪、深雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波(略)』
  16. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  17. ^ 青春の棺 1979, p. 71(夕凪写真解説)
  18. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 69-70警備行動艦艇
  19. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 87-94戦時艦隊編制の改定(抜粋)(昭和16年.12.10付)
  20. ^ a b c d e f 重本ほか、陽炎型 2014, pp. 265a-266夕凪(ゆうなぎ)
  21. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 131-132第六水戦も解隊す
  22. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 94|(区分)聯合艦隊|南東方面艦隊|第八艦隊|附属|(艦船部隊)津軽 宗谷 夕凪(以下略)
  23. ^ a b 戦史叢書96巻 1976, p. 489.
  24. ^ a b c d 艦長たち(続篇) 1984, p. 195.
  25. ^ #第17号駆逐艦製造画像26、製造訓令附属の予算書。
  26. ^ #達大正12年1月p.16『達第十一號 軍備補充費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ佐世保海軍工廠ニテ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦一隻ヲ第十七驅逐艦ト命名ス 大正十二年一月二十七日 海軍大臣 男爵加藤友三郎』
  27. ^ 大正13年4月24日(木)海軍公報 第3444号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C12070291200 『○驅逐艦進水 佐世保海軍工廠ニ於テ建造ノ第十七驅逐艦四月二十三日午前十時三十分進水セリ』
  28. ^ #達大正13年4月p.17『達第四十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 驅逐艦及掃海艇ノ欄中「第一、第二」等トアルヲ「第一號、第二號」等ニ改ム(略)』
  29. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.62『大正十四.五.一(内令一二五)第二十八驅逐隊ノ次ニ第二十九驅逐隊(第十五號、第十七號)ヲ加フ』
  30. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.62『大正十四年.九.一〇(内令二五一)第二十九驅逐隊ヲ第二艦隊ノ所属トス』
  31. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.63『大正一四年.一二.一(内令三一九)|佐世保鎮守府|第二艦隊|第二十九驅逐隊|第十一號、第十五號、第十七號|第十三號(一四.一二.二五 三六一)』
  32. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.71『昭和一〇年.一一.一五(内令四五九)|佐世保鎮守府|第二十八驅逐隊|朝凪、夕凪/第二十九驅逐隊|追風、疾風』
  33. ^ #S11.06朝凪日誌(1)p.1『摘要 六月一日付ヲ以テ司令駆逐艦ヲ朝凪ヨリ夕凪ニ変更(司令夕凪ニ乗艦ス)本日付ヲ以テ第三航空戦隊ニ編入セラル(以下略)』
  34. ^ a b 戦史叢書38巻 1970, pp. 56-57南洋群島基地調査一覧表
  35. ^ 昭和11年12月1日 海軍公報(部内限)第2496号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C12070361800 『事務引継 第三航空戰隊司令部ノ残務ハ本月一日之ヲ第十二戰隊司令部ニ引継キタリ』-『○事務開始 第十二戰隊司令部ハ軍艦沖島ニ設置セラレ本月一日其ノ事務ヲ開始セリ』
  36. ^ #S11.11朝凪日誌(1)p.31『摘要 昭和十一年十二月一日付ヲ以テ昭和十一年度聯合艦隊編制ニ依リ第十二戰隊ニ編入セラル』
  37. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 57-58第十二戦隊の基地調査
  38. ^ 昭和12年8月30日 海軍公報(部内限)第2702号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C12070367300 『○代将旗指定 第三航空戰隊司令官ハ本月二十七日代将旗ヲ神威ニ指定セリ』
  39. ^ #S12.08朝凪日誌p.29『摘要 本日附ヲ以テ第三艦隊第三航空戰隊ニ編入、水上基地調査ノ為メ「キョーワン」ニ廻航即日帰投 』
  40. ^ #S12.10朝凪日誌p.24『摘要 本日ヨリ佐世保第三予備艦 佐世保警備戰隊ニ編入』
  41. ^ #支那事変第8回功績概見表(第22駆逐隊)pp.1-5
  42. ^ a b c d 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、131-132頁「軽巡洋艦『大井・北上・夕張』行動年表 ◆夕張◆」
  43. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 79-82昭和十六年度の艦隊の改編
  44. ^ 戦史叢書38巻 1970, p. 99昭和十六年度第四艦隊行動一覧表
  45. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 98-106水上部隊の行動訓練
  46. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, pp. 264-265追風(おいて)
  47. ^ a b 重本ほか、陽炎型 2014, p. 265b疾風(はやて)
  48. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, pp. 266-267朝凪(あさなぎ)
  49. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 123-125南洋部隊に編入の部隊
  50. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 121-124ウェーク島上陸の失敗
  51. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 96-98機密南洋部隊命令作第一号の発令
  52. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 281-282南洋部隊司令部の作戦指導
  53. ^ 戦史叢書38巻 1970, p. 289「ハ」攻撃支援隊、ヤルートを出撃
  54. ^ 戦史叢書38巻 1970, p. 292タラワ占領部隊の上陸および占領
  55. ^ 戦史叢書38巻 1970, p. 293a戦線拡大の中止とマキンへの集結、待機
  56. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 123-124.
  57. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 87b疾風(はやて)
  58. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 268如月(きさらぎ)
  59. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 87c如月(きさらぎ)
  60. ^ 歴群64、睦月型 2008, p. 104●第一次ウェーキ島攻略
  61. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 124-125第二回目に成功
  62. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 293b-294マキン、タラワ占領後の状況
  63. ^ 戦史叢書38巻 1970, p. 320水上部隊のトラックへの集合
  64. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 125-127ラバウル占領
  65. ^ 戦史叢書38巻 1970, pp. 342-343(ラバウル攻略部隊兵力部署)
  66. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 126-128ラエ・サラモアの攻略
  67. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 151-153金剛丸、沈没(三月十日)
  68. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 128米機動部隊の作戦
  69. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 123-125攻略部隊の被空爆
  70. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 127.
  71. ^ 青春の棺 1979, pp. 64-67.
  72. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 124(夕凪被害記録)
  73. ^ 青春の棺 1979, pp. 70-74.
  74. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 128.
  75. ^ #S1704佐鎮(5)p.21『一(天候略)(略)三.戰死者遺骨朝凪夕凪ニテ入港ニ付登舷禮式ヲ行ハシム』
  76. ^ 歴群64、睦月型 2008, p. 109●「夕月」と「卯月」の修理
  77. ^ #内令昭和17年5月(3)p.39、#S1705六水戦日誌(1)p.36『二五(天候略)23dg解隊 29dgニ夕月 30dgニ卯月ヲ加フ』
  78. ^ 戦史叢書62巻 1973, p. 45NYB水上部隊の行動(17.5.20~17.7.13)
  79. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 377南東方面航空基地強化の要望
  80. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 38-40.
  81. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 381-382SN作戦部隊のガダルカナル島及びラエ進出
  82. ^ 青春の棺 1979, pp. 94-98緊迫のソロモンを行く
  83. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 43-44第六水雷戦隊のSN作戦における活躍と同隊の解隊
  84. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 372-374第八艦隊の新編
  85. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 251-253第八艦隊、開隊さる
  86. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 132.
  87. ^ 歴群64、睦月型 2008, p. 110a第三〇駆逐隊の行動〔2〕
  88. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 67-68第四艦隊と新編第八艦隊との任務分担
  89. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 70-71内南洋部隊の兵力部署及び第八艦隊司令部の進出
  90. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 383航空基地設営
  91. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 392-393南洋部隊の作戦準備
  92. ^ a b 戦史叢書49巻 1971, p. 427.
  93. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 254-257.
  94. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 441-442外南洋部隊
  95. ^ 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、17-18頁「軽巡洋艦『天龍』行動年表」
  96. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 430-431わが軍の状況・南東方面
  97. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 257-258坐り込み強訴(八月)
  98. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 463-466外南洋部隊の出撃
  99. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 284-286戦いすんで(八月)
  100. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 493-494引き揚げと「加古」の沈没
  101. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 513『戦史叢書49巻』513頁の戦闘経過では、追風と夕月とする。
  102. ^ 青春の棺 1979, pp. 117-122.
  103. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 521.
  104. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 558-559.
  105. ^ #S1709第八艦隊(1)pp.57-59『二十三(天候略)(略)二〇一五鳥海衣笠夕凪ヲ率シ「ショートランド」発』『二十五(天候略)(略)一七一八夕凪解列』
  106. ^ 戦史叢書49巻 1971, p. 539.
  107. ^ a b 戦史叢書49巻 1971, p. 550.
  108. ^ a b 戦史叢書49巻 1971, p. 552.
  109. ^ 戦史叢書49巻 1971, pp. 584-585外南洋部隊の作戦
  110. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 298ナウル、オーシャン島占領(八月)
  111. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 132-134アパママ、ナウル、オーシャン攻略命令下令
  112. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 193-194.
  113. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 296a-298浮島丸、米巡洋艦に襲わる(十月)
  114. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 296b.
  115. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 183-184米巡洋艦のタラワ砲撃
  116. ^ a b 日本軽巡戦史 1989, pp. 297-298.
  117. ^ 戦史叢書62巻 1973, p. 184a.
  118. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 297.
  119. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 184b-185米巡洋艦に撃沈された海形丸、久榮丸
  120. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 456-457鹿島、新長官を迎える
  121. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 220-221鮫島第四艦隊長官のマーシャル方面への初度巡視
  122. ^ a b 日本軽巡戦史 1989, p. 457a.
  123. ^ 戦史叢書62巻 1973, pp. 268-269.
  124. ^ a b c d e #ハンディ判艦艇写真集18p.114
  125. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 92-95昭和十八年度帝国海軍戦時編制
  126. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26
  127. ^ 戦史叢書62巻 1973, p. 310第四艦隊長官の交替
  128. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 330.
  129. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 457b-458鹿島、再度、新長官を迎える(四月)
  130. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 190-191.
  131. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 205-206連合軍の艦砲射撃と攻略部隊の発見
  132. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 316.
  133. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 226.
  134. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 317.
  135. ^ a b c 戦史叢書96巻 1976, p. 227.
  136. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 319.
  137. ^ 駆逐艦入門 2006, p. 81.
  138. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 320.
  139. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 322-333磁気機雷に触れる(七月)
  140. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 314-315夕張、触雷す(七月五日)
  141. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 322.
  142. ^ 駆逐艦入門 2006, pp. 272-274クラ湾夜戦
  143. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 315.
  144. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 321-325クラ湾夜戦(七月)
  145. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 327新月(にいづき)
  146. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, pp. 270-271長月(ながつき)
  147. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 87d長月(ながつき)
  148. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 222.
  149. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 148a〔クラ湾夜戦〕
  150. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 339.
  151. ^ a b c d e 戦史叢書96巻 1976, p. 245.
  152. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 237-238七月十二日~七月二十日
  153. ^ 豊田、雪風 2004, p. 246.
  154. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 331b-332〈コロンバンガラ夜戦兵力〉
  155. ^ 駆逐艦入門 2006, pp. 374-378コロンバンガラ島海戦
  156. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 333-338.
  157. ^ a b 戦史叢書96巻 1976, p. 247.
  158. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, pp. 149b-150〔コロンバンガラ島沖海戦〕
  159. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.7『4.七月十五日附外南洋部隊夜戰部隊編成セラレ當隊ハ夜戰部隊水雷戰隊ニ編入セラル |夜戰部隊|主隊|第七戰隊司令官|7S(熊野鈴谷)/水雷戰隊|第三水雷戰隊|川内/1N| |一六駆司令|(1)雪風(2)浜風(3)清波(4)夕暮/二二駆司令|(1)皐月(2)水無月|輸送隊| |三〇駆司令|(1)三日月(2)夕凪(3)松風| 但シ十八日附主隊ニ鳥海ヲ加ヘ輸送隊中夕凪ヲ水無月ニ変更サル』
  160. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 318a清波(きよなみ)
  161. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94a清波(きよなみ)
  162. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 291夕暮(ゆうぐれ)
  163. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 90a夕暮(ゆうぐれ)
  164. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 240.
  165. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 338第四水戦の消滅
  166. ^ #S1807三水戦日誌(1) pp.22-24『(六)艦船護衛(ハ)夕凪水無月、白山丸国川丸ヲ護衛「トラック」ニ向ケ三十日一一三〇「ラバウル」発八月二日一二三〇「トラック」着』『(ホ)七月中旬以降22dg(皐月水無月)望月11dg(天霧)夕凪松風「ラバウル」ニ於テ應急修理ニ從事、22dg(皐月)望月二十九日、水無月夕凪三十日、11dg(天霧)松風三十一日夫々完成』pp.32-33
  167. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 299『戦史叢書98巻』正誤表より。
  168. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 306撤収作戦参加兵力
  169. ^ 駆逐艦入門 2006, pp. 381第二次ヴェラ・ラベラ海戦
  170. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 307-308ベララベラ島沖海戦
  171. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 330-331十月上旬作戦輸送
  172. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 331-332十月下旬作戦輸送
  173. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 388-389タロキナへの逆上陸輸送計画の生起
  174. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 389-391.
  175. ^ a b 戦史叢書96巻 1976, p. 391.
  176. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 399-401米空母機による第一次被空襲と被害―十一月五日
  177. ^ 艦長たち(続篇) 1984, p. 194.
  178. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 88望月(もちづき)
  179. ^ 艦長たち(続篇) 1984, pp. 192-193.
  180. ^ 艦長たち(続篇) 1984, p. 193.
  181. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 401-403タロキナ北方逆上陸の成功
  182. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 403.
  183. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 395.
  184. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 323-325ラバウルでの被爆(十一月)
  185. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 414-415邀撃空戦と艦艇の被害
  186. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 440-441十一月下旬の作戦輸送再開
  187. ^ 駆逐艦入門 2006, pp. 382-384セント・ジョージ岬沖海戦
  188. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 150〔セント・ジョージ岬沖海戦〕
  189. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 431-432ボーゲンビル島の孤立
  190. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 441a〔三水戦将旗を陸上に移揚〕
  191. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 441b十二月の作戦輸送
  192. ^ a b c #S1812三水戦日誌(1)p.54『十三日〇八一〇夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一三〇八一〇番電「ステフエン」水道「セラヒエ」礁ニ坐礁今ノ所浸水ナシ』、#S1812三水戦日誌(2)p.2『B-24ノ爆撃(至近彈)ヲ受ケタルモ被害ナシ』p.3『十四日一二一〇夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一四一二一〇番電 一二〇五水無月ノ曳航ニ依リ離礁セリ』p.31『十三(天候略)一.松風〇五〇〇「サイパン」発/二.夕凪〇八〇〇「ステフェン」水道「セラピユ」礁附近ニ坐礁|一.夕凪一六三〇第三利丸ノ曳航ニ依リ離礁ヲ試ミタルモ成功セズ/二.二二一七夕凪敵B-24一機ト交戰爆撃ヲ受ク|被害 後部ニ爆彈一命中不発小破孔ヲ生ズ』p.32『十四(天候略)二.二十二駆(水無月)「ステフエン」水道着(略)六.二十二駆(水無月)一九三〇「ラバウル」着/七.夕凪二四〇〇「ラバウル」着|一.水無月〇七三〇「ステフェン」水道着夕凪引卸ニ協力ス/二.水無月ノ曳航ニ依リ夕凪一二〇五離礁ス』
  193. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 442a〔特二〇号の曳航不成功〕
  194. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 442b〔第三水雷戦隊司令官交送〕
  195. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 442c-443〔作戦輸送の再開〕
  196. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.21「二十九日夕凪(宛略)昨夜二四〇〇本艦四号送風機故障シ三号缶使用不能竝ニ 三、四号送風機振動大ナリ 使用速力二十二節|信號」
  197. ^ #S1812三水戦日誌(2)pp.22-23(夕凪機密第292030番電、14Bg機密第301330番電)
  198. ^ #S1812三水戦日誌(5)p.22「一月一日二二一〇夕凪(宛略)清澄丸二一五〇 北緯四度四五分東経一四七度一二分ニ於テ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没シツツアリ 我制圧中」
  199. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 493.
  200. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 449.
  201. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 490-491長良、五十鈴、内地へ
  202. ^ a b 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、174-175頁「軽巡洋艦『長良・五十鈴・名取』行動年表 ◆長良◆」
  203. ^ a b c #S1812二水戦(3)pp.14,80、#S1812三水戦日誌(5)pp.12,15-16、#S1902三水戦(1)p.19、#S1812三水戦日誌(6)p.37
  204. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 123-126第三段作戦兵力部署(昭和十九年三月十日)
  205. ^ #S1811海護総司令部(2)、p.10(作戰指導)「(一)大海指第三四五號ニ依リ第十一水雷戰隊(驅逐隊、驅逐艦缺)及聯合艦隊電令作第九六七號ニヨリ三十一驅逐隊(岸波、沖波、朝霜)玉波、野分、卯月、夕凪、測天ヲ内南洋方面緊急輸送間中作戰ニ關シ海上護衛司令長官ノ指揮下ニ入レラレ横鎭長官ノ指揮下ニ入ル」
  206. ^ #S1811海護総司令部(2)、p.18(3月11日記事)
  207. ^ a b c 野分物語 2004, pp. 181-185.
  208. ^ a b 歴群64、睦月型 2008, pp. 144b-145●「卯月」の動静
  209. ^ a b 日本海防艦戦史 1994, pp. 42-43〈松輸送〉
  210. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 145-147東松二号船団
  211. ^ 軽巡二十五隻 2014, pp. 320-321龍田(たつた)
  212. ^ 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、18頁「軽巡洋艦『龍田』行動年表」
  213. ^ #S1811海護総司令部(2)、p.19(3月13日記事)「〇三三〇龍田敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ航行不能トナル一五三六遂ニ沈没ス 第十一水雷戰隊司令官ノ将旗ヲ野分ニ移揚ス」
  214. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 147.
  215. ^ 三宅戦記 2013, pp. 63-64東松六号船団
  216. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 269a東松六号船団
  217. ^ 三宅戦記 2013, p. 66.
  218. ^ #叢書46海上護衛戦357,359-361頁
  219. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 291-293中部太平洋方面部隊の作戦
  220. ^ #内令昭和19年5月(1)p.1
  221. ^ a b 歴群64、睦月型 2008, p. 144aその後の「睦月」型の編成
  222. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 360-361.
  223. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 361-364第三段作戦兵力部署(19年5月20日)
  224. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.71『二七日一〇一一(長官)GF(宛略)聯合艦隊電令第二七五號 一.夕凪ヲTYBニ復帰ス/二.夕凪ハ最近ノ船団護衛(輸送)ニ協力、呉、横須賀ヲ経テサイパンニ進出スベシ』
  225. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 272水無月(みなづき)
  226. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 87e水無月(みなづき)
  227. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 522a.
  228. ^ 戦史叢書12巻 1968, pp. 546-558米軍のサイパン上陸
  229. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 382(速吸動向)
  230. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 522b.
  231. ^ a b c 戦史叢書12巻 1968, pp. 572-573.
  232. ^ a b 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、176-177頁「軽巡洋艦『長良・五十鈴・名取』行動年表 ◆名取◆」
  233. ^ 豊田、雪風 2004, pp. 293-298.
  234. ^ a b c #S1906玄洋丸pp.6,9,19、#あづさ丸p.14『(註)第一補給部隊(一)速吸、日栄丸、国津丸、清洋丸、響、初霜、夕凪、栂/第二補給部隊 玄洋丸、あづさ丸、雪風、卯月』p18『六-一八|〇七三〇|速水船團(速吸、初霜、夕凪、栂ト合同ス)』、#S1905日栄丸日誌(2)pp.4-5,52、#S1906旭東丸(2)pp.4,10,12, 25、護衛対潜概要(昭和19年6月)pp.13-14
  235. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 66-67.
  236. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 587.
  237. ^ 戦史叢書12巻 1968, p. 590.
  238. ^ 大井篤 2014, pp. 318-321.
  239. ^ 日本空母戦史 1977, p. 695ヒ71船団編成表
  240. ^ 海軍護衛艦物語 2018, pp. 263-265「大鷹」被雷沈没
  241. ^ a b 海軍護衛艦物語 2018, p. 264.
  242. ^ 日本空母戦史 1977, p. 696同著では潜水艦ブルーフィッシュの雷撃とする。
  243. ^ #叢書46海上護衛戦380,384-385頁
  244. ^ #S19.08.11-08.20経過概要p.9『ヒ七一船団 0500/18 永洋丸被雷 速力保持不能→高雄引返 再度雷撃ヲ受ケタルモ高雄入港 護衛艦朝風、夕凪』
  245. ^ #秘海軍公報昭和19年8月(4)pp.45-46
  246. ^ 写真日本の軍艦8巻、軽巡I、170-171頁「鈴木範樹、防空巡洋艦となった五十鈴」
  247. ^ 日本海防艦戦史 1994, pp. 66-67連合艦隊の海防艦
  248. ^ 大井篤 2014, pp. 310-311.
  249. ^ 歴群64、睦月型 2008, p. 151「皐月」の行動と戦没
  250. ^ 日本海防艦戦史 1994, p. 76.
  251. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 262朝風(あさかぜ)
  252. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 86a朝風(あさかぜ)
  253. ^ #S19.08.21-08.31経過概要p.7〔十九.八.二十五〕『十隻船団(高雄→マニラ) 夕凪(ゴエイ艦) 光徳丸(C1943t空船)1023「ルソン」北西岸ニテ(潜水艦)(魚雷)(沈)
  254. ^ a b 艦長たち(続篇) 1984, p. 196.
  255. ^ a b #S1908第1海上護衛隊(1)p.7『(ヘ)夕凪マタ26A船団(八月二十日「マニラ」発高雄行)ヲ護衛中二十五日一〇三五北緯一八度四二分東経一二〇度四九分ニ於テ敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ沈没セリ』
  256. ^ 大正13年12月2日(火)官報第3684号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ12(原本54、3段目)
  257. ^ a b 大正14年2月12日(木)官報第3792号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3
  258. ^ 大正15年11月16日(火)官報第4270号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ2(原本415、2段目)
  259. ^ 大正15年12月2日(木)官報第4283号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9
  260. ^ a b 昭和2年12月2日(金)官報第279号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8
  261. ^ a b 昭和3年12月11日(火)官報第587号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9
  262. ^ a b 昭和4年11月2日(土)官報第854号。国立国会図書館デジタルコレクション5
  263. ^ a b 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10,11
  264. ^ a b 昭和7年9月16日(金)官報第1716号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4
  265. ^ a b 昭和8年3月16日(木)官報第1861号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4
  266. ^ a b 昭和8年4月4日(木)官報第1875号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ6
  267. ^ a b 昭和9年11月2日(金)官報第2353号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ11
  268. ^ a b 昭和10年11月16日(土)官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10,11
  269. ^ a b 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ23,24
  270. ^ a b 昭和13年2月28日(発令2月28日付)海軍辞令公報(号外)第142号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073400 
  271. ^ a b 昭和13年6月1日(発令6月1日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第189号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  272. ^ a b 昭和13年11月10日(発令11月10日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第259号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  273. ^ a b 昭和14年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(部内限)第408号 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077100 
  274. ^ 昭和15年9月27日(発令9月25日付)海軍辞令公報(部内限)第534号 p.10』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078900 
  275. ^ 昭和15年9月30日(発令9月30日付)海軍辞令公報(部内限)第536号 p.22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078900 
  276. ^ a b 昭和17年4月15日(発令4月15日付)海軍辞令公報(部内限)第843号 p.37』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  277. ^ a b 昭和18年5月24日(発令5月23日付)海軍辞令公報(部内限)第1123号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091100 
  278. ^ a b 昭和18年10月22日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1244号 p.19、20』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 
  279. ^ a b 昭和18年11月10日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1257号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  280. ^ 昭和19年9月5日(発令9月1日付)海軍辞令公報(甲)第1585号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 

参考文献編集

  • 浅井将秀/編『日本海軍艦船名考』東京水交社、1928年12月。
  • 浅田博、高城直一『海防艦三宅戦記 輸送船団を護衛せよ』光人社〈光人社NF文庫〉、2013年9月(原著1985年)。ISBN 978-4-7698-2799-3
  • 雨倉孝之『海軍護衛艦コンボイ物語 海上護衛戦、対潜水艦戦のすべて』光人社〈光人社NF文庫〉、2018年2月(原著2009年)。ISBN 978-4-7698-3054-2
  • 伊藤正徳『連合艦隊の栄光』角川書店、1974年7月。
  • デニス・ウォーナーペギー・ウォーナー『摑めなかった勝機 サボ島海戦50年目の雪辱』妹尾作太男(訳)、光人社、1994年。ISBN 4769806876
    連合軍側から見た本海戦。第八艦隊参加者の証言の他、海外公文書館の資料も列挙。
  • 大井篤「第6章 崩れ去る夏の陣(昭和19年6月から同年8月まで)」『海上護衛戦』株式会社KADOKAWA〈角川文庫〉、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 岡村治信『青春の棺 生と死の航跡』光人社、1979年12月。
  • 海人社『世界の艦船 増刊 日本駆逐艦史』1992年7月号増刊 No.453
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。
  • 木俣滋郎『日本海防艦戦史』図書出版社、1994年9月。ISBN 4-8099-0192-0
  • 木俣滋郎『駆逐艦入門 水雷戦の花形徹底研究』光人社〈光人社NF文庫〉、2006年7月。ISBN 4-7698-2217-0
  • ノンフィクション作家佐藤和正「独断反転〈駆逐艦「榧」艦長・岩淵悟郎少佐の証言〉」『艦長たちの太平洋戦争 続篇 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社、1984年4月。ISBN 4-7698-0231-5
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • <駆逐艦「榧」艦長・岩淵悟郎少佐の証言>
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』光人社NF文庫、2004年1月(原著1997年)。ISBN 4-7698-2408-4
  • 重本俊一ほか『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家落合康夫『駆逐隊別「陽炎型駆逐艦」全作戦行動ダイアリィ 第四、第十五、第十六、第十七、第十八駆逐隊 太平洋奮迅録
    • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 須藤幸助『駆逐艦五月雨』朝日ソノラマ文庫、1988年。ISBN 4-257-17097-2
  • 須藤幸助『駆逐艦「五月雨」出撃す ソロモン海の火柱』光人社〈光人社NF文庫〉、2010年1月(原著1956年)。ISBN 978-4-7698-2630-9
  • 高橋雄次『鉄底海峡 重巡加古艦長回想記』光人社NF文庫、1994年10月(原著1967年)。ISBN 4-7698-2062-3
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人『高松宮日記 第四巻 昭和十七年一月一日〜昭和十七年九月三十日』中央公論社、1996年7月。ISBN 4-12-403394-X
  • 種子島洋二『ソロモン海「セ」号作戦 コロンバンガラ島奇蹟の撤収』光人社〈光人社NF文庫〉、2003年9月(原著1975年)。ISBN 4-7698-2394-0
  • 辻政信THE PACIFIC WAR 太平洋戦記6 ガダルカナル』河出書房親社、1975年8月(原著1951年)。
  • 豊田穣『雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦栄光の生涯』光人社〈光人社NF文庫新装版〉、2004年11月(原著1983年)。ISBN 978-4-7698-2027-7
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • R・F・ニューカム著、田中至訳『サボ島沖海戦 米軍史上最大の敗北』光人社NF文庫、1998年4月(原著1963年)。ISBN 4-7698-2192-1
  • 原為一『帝国海軍の最後』河出書房新社、2011年7月(原著1955年)。ISBN 978-4-309-24557-7
  • 原為一ほか『軽巡二十五隻 駆逐艦群の先頭に立った戦隊旗艦の奮戦と全貌』潮書房光人社、2014年12月。ISBN 978-4-7698-1580-8
    • (124-130頁)当時「川内」水雷長・海軍少佐浅野市郎『俊鋭軽巡「川内」タロキナ岬沖の悲運 速力三十五ノット五五〇〇トン最終発展型軽巡のブーゲンビル島沖海戦
    • (148-161頁)当時「夕張」航海長・海軍少佐津田武彦『袖珍軽巡「夕張」ソロモンへの片道切符 船団を護衛して魔の海域に作戦する小型軽巡を襲った痛恨の一撃
    • (162-184頁)当時「夕張」機関科燃料係・海軍二等機関兵曹樋沼福次『夕張もうひとつの第一次ソロモン海戦 機関故障に耐え克服しながら一大海戦を戦いぬいた機関兵曹の証言
    • (319-350頁)戦史研究家落合康夫『日本海軍軽巡洋艦戦歴一覧』
  • 福井静夫『写真 日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 福田幸弘『連合艦隊 ― サイパン・レイテ海戦記』時事通信社、1981年7月(原著1983年)。
  • 淵田美津雄奥宮正武『機動部隊 新装版戦記文庫』朝日ソノラマ、1992年12月(原著1951年)。ISBN 4-257-17269-X
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 マリアナ沖海戦』第12巻、朝雲新聞社、1968年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦(1) 昭和17年5月まで戦史叢書第38巻、朝雲新聞社、1970年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『海上護衛戦』戦史叢書第46巻、朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南東方面海軍作戦<1> ガ島奪還作戦開始まで』第49巻、朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦<2> 昭和十七年六月以降』第62巻、朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後戦史叢書第96巻、朝雲新聞社、1976年8月。
  • 『写真 日本の軍艦 空母II 隼鷹型・瑞補型・千歳型・大鷹型・信濃・伊吹・龍鳳・神鷹・海鷹 水上機母艦 特設水上機母艦 母艦搭載機の発達』第4巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1989年10月。ISBN 4-7698-0454-7
  • 『写真 日本の軍艦 軽巡I 天龍型・球磨型・夕張・長良型』第8巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年3月。ISBN 4-7698-0458-X
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • 歴史群像編集部編『水雷戦隊II 陽炎型駆逐艦 究極の艦隊型駆逐艦が辿った栄光と悲劇の航跡』第19巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、1998年8月。ISBN 4-05-601918-5
    • (85-94頁)向井学「艦隊型駆逐艦全131隻行動データ」
    • (143-158頁)戦闘ドキュメント 日本駆逐艦の奮戦 PATR1〔水雷戦隊かく戦えり〕/PART2〔ルンガ沖夜戦〕
  • 歴史群像編集部編『睦月型駆逐艦 真実の艦艇史4 ― 謎多き艦隊型駆逐艦の実相』第64巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、2008年5月。ISBN 978-4-05-605091-2


  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍有終会編『幕末以降帝国軍艦写真と史実』海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編『日本軍艦集 2600年版』海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』海軍大臣官房、1939年。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』海軍大臣官房、1940年。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』海軍大臣官房、1940年。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正12年達完/1月』。Ref.C12070081500。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『大正13年達完/12月』。Ref.C12070084200。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和3年 達 完/11月』。Ref.C12070090300。
    • 『昭和8年 達 完/10月』。Ref.C12070097400。
    • 『昭和16年7月~12月 達/12月(1)』。Ref.C12070111200。
    • 『昭和17年1月〜3月 内令1巻/昭和17年1月(2)』。Ref.C12070160500。
    • 『昭和17年4月〜6月 内令2巻/昭和17年5月(3)』。Ref.C12070162900。
    • 『昭和18年1月〜4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。Ref.C12070176200。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年5月(1)』。Ref.C12070195200。
    • 『昭和19年8月〜9月 秘海軍公報/8月(3)』。Ref.C12070496100。
    • 『昭和19年8月〜9月 秘海軍公報/8月(4)』。Ref.C12070496200。
    • 『昭和19年9月〜12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『大正14年 公文備考 艦船1 巻21/第17号駆逐艦製造一件』。Ref.C08051365600。
    • 『第17号駆逐艦製造の一件』。Ref.C08051365600。
    • 『第17号駆逐艦故障に関する件』。Ref.C04015671500。
    • 『駆逐艦夕凪旧第17号駆逐艦羅鍼艦橋遮風装置改造の件』。Ref.C04016199100。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(4) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003600。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(3)』。Ref.C14010006100。
    • 『昭和16年〜昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『第29駆機密第227号8.11.21小隊区分及艦船番号変更の件』。Ref.C05022890400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年6月1日〜8月31日(1)』。Ref.C11084304400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年6月1日〜8月31日(2)』。Ref.C11084304500。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年11月1日〜12月31日(1)』。Ref.C11084305400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和11年11月1日〜12月31日(2)』。Ref.C11084305400。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和12年8月1日〜8月31日』。Ref.C11084306600。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和12年10月1日〜10月31日』。Ref.C11084307200。
    • 『駆逐艦朝凪 昭和12年11月1日〜11月30日』。Ref.C11084307500。
    • 『第394番電 11.6.26機密第287番電神威委員会を一時転勤の件(1)』。Ref.C05034663900。
    • 『軍務2第183号 11.7.9郵便物発送先に関する件』。Ref.C05035344300。
    • 『官房第3733号 11.8.5艦船宛郵便物に関する件』。Ref.C05035344500。
    • 『三航戦機密第1号 11.6.11郵便物発送先の件』。Ref.C05035344800。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊潜水隊水雷隊掃海隊 海軍武功調査/第22駆機密第17号の81 第22駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971000。
    • 『支那事変第8回功績概見表綴 駆逐隊潜水隊水雷隊掃海隊 海軍武功調査/第28駆機密第19号の200 第28駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971500。
    • 『支那事変第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/29駆隊機密第34号の129 第29駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980600。
    • 『支那事変第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/29駆隊機密第34号の285 第29駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989400。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030018200。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030018300。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030018400。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和19年8月31日 第4艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030018500。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030120000。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030120100。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030120200。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和16年12月23日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030120300。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030121000。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030121100。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030121200。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030121300。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030121400。
    • 『昭和17年1月1日〜昭和17年2月28日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030121500。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030121800。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030121900。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030122000。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030122100。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030122200。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030122300。
    • 『昭和17年2月1日〜昭和17年2月22日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030122400。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030122800。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030122900。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030123000。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030123100。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030123200。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030123300。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030123400。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。Ref.C08030123500。
    • 『昭和17年3月1日〜昭和17年3月17日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(9)』。Ref.C08030123600。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030124000。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030124100。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030124200。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030124300。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030124400。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030124500。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030124600。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。Ref.C08030124700。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(9)』。Ref.C08030124800。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年5月12日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(10)』。Ref.C08030124900。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030125200。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030125300。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030125400。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030125500。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月10日 第6水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030125600。
    • 『昭和17年3月〜昭和17年4月 大東亜戦争経過記録/作戦経過概要第38号』。Ref.C16120687000。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030335300。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030022500。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030023000。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030023100。
    • 『昭和17年9月14日〜昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(8)』。Ref.C08030023200。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030060600。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030060700。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030061800。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030061900。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030062000。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年9月8日 第18戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030062100。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030045700。
    • 『昭和16年12月1日〜昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030045800。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(1)』。Ref.C08030142500。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(2)』。Ref.C08030142600。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030142700。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(4)』。Ref.C08030142800。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(5)』。Ref.C08030142900。
    • 『昭和17年4月10日〜昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(6)』。Ref.C08030143000。
    • 『昭和18年3月1日〜昭和18年3月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030342900。
    • 『昭和18年3月1日〜昭和18年3月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030343200。
    • 『昭和18年4月1日〜昭和18年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030343700。
    • 『昭和18年5月1日〜昭和18年5月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030344600。
    • 『昭和18年6月1日〜昭和18年6月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030345500。
    • 『昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101000。
    • 『昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101100。
    • 『昭和18年7月1日〜昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030105800。
    • 『昭和18年7月1日〜昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030105900。
    • 『昭和18年7月1日〜昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106000。
    • 『昭和18年7月1日〜昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106100。
    • 『昭和18年7月1日〜昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106200。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030106500。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030106600。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106700。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106800。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106900。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030107000。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030107100。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030102000。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030050100。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107400。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030107500。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030107600。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030107700。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030107800。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030126900。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030127000。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030127100。
    • 『昭和19年5月1日〜昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030685100。
    • 『昭和19年5月1日〜昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030685200。
    • 『昭和19年5月1日〜昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030685300。
    • 『昭和19年5月1日〜昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030685400。
    • 『あづさ丸戦闘詳報 昭和十九年六月二十日対空戦闘 表題は第61駆逐隊戦闘詳報(3)』、9-35頁。Ref.C08030150700。
    • 『昭和19年6月20日 特設運送船玄洋丸戦闘詳報 (対空戦闘)』。Ref.C08030763700。
    • 『昭和17年6月1日〜昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030039900。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(1)』。Ref.C08030644600。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(2)』。Ref.C08030644700。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(3)』。Ref.C08030644800。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和20年4月6日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030369900。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030149000。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030149200。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030149300。
    • 『昭和18年11月15日〜昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(1)』。Ref.C08030137300。
    • 『昭和18年11月15日〜昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(2)』。Ref.C08030137400。
    • 『昭和18年11月15日〜昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030137500。
    • 『昭和18年11月15日〜昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(4)』。Ref.C08030137600。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141000。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030141100。
    • 『昭和19年8月1日〜昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141400。
    • 『昭和19.1.1〜昭和19.3.31 太平洋戦争経過概要 その7/第三段作戦19年3月1日〜19年3月14日』。Ref.C16120640000。
    • 『昭和19.4.1〜昭和19.6.30 太平洋戦争経過概要 その8/19年6月15日〜19年6月30日』。Ref.C16120643300。
    • 『昭和19.7.1〜昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年7月1日〜19年7月6日』。Ref.C16120643800。
    • 『昭和19.7.1〜昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年7月7日〜19年7月20日』。Ref.C16120643900。
    • 『昭和19.7.1〜昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年8月1日〜19年8月10日』。Ref.C16120644600。
    • 『昭和19.7.1〜昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年8月11日〜19年8月20日』。Ref.C16120644700。
    • 『昭和19.7.1〜昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年8月21日〜19年8月31日』。Ref.C16120644800。
    • 『昭和19.1〜昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年6月』。Ref.C16120659700。
    • 『昭和19.1〜昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年7月』。Ref.C16120659800。
    • 『昭和19.1〜昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年8月』。Ref.C16120659900。

関連項目編集