メインメニューを開く

解説編集

  • 作詞・作曲は浜口庫之助による。元々はザ・スパイダースの出演映画『涙くんさよなら』(1966年7月、日活)の挿入歌としてスパイダースが劇中で歌った曲。ホリプロの堀威夫によれば、酒宴の席で浜口庫之助が「夕焼けというのはね、お日様が泣いているんだよ」と話したことから本曲のヒントをもらったという。歌謡曲への志向が根強い時代の逆を行き、洋楽からの影響を色濃く反映してきた従来のスパイダースサウンドからさらに一転し、感傷的なフォーク・バラードを堺正章がソロで歌って大ヒット、レコードは公称120万枚を超える売り上げを記録した。後に同名の映画『夕陽が泣いている』(1967年、日活)も制作されている。
  • B面は「チビのジュリー」(浜口庫之助 作詞・作曲)。井上順がソロで歌った。

収録曲編集

  1. 夕陽が泣いている
  2. チビのジュリー

カバー編集

夕陽が泣いている
  • メイジャー・チューニング・バンド - 1977年のメドレー曲「ソウル・これっきりですよ!!」(同名シングルに収録)の1曲として歌唱。
  • ザ・マイクハナサーズ - 1989年のメドレー曲「ブルー・シャトウを君だけに」(シングル『二人でカンパイ!』に収録)の1曲として歌唱。
  • 神無月 - 2008年発売の近田春夫&ハルヲフォンのアルバム『リメンバー・グループ・サウンズ』に収録。

関連項目編集