メインメニューを開く

夕霧太夫

江戸時代前期の花魁(太夫)

夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)は、島原および大坂新町にいた太夫。初代は吉野太夫高尾太夫とともに三名妓(寛永三名妓)のひとり。

目次

夕霧太夫(初代)編集

生年不詳 - 延宝6年1月7日1678年2月27日)。享年は22とも27とも伝えられる。本名は照(てる)。

山城国葛野郡上嵯峨村中院(現在の京都市右京区嵯峨二尊院門前北中院町・嵯峨釈迦堂門前南中院町付近)の生まれとされる。島原の置屋「扇屋」の太夫となり、1672年寛文12年)に扇屋が大坂の新町へ移転すると、大坂で最初の太夫となった。

姿が美しく、芸事に秀でた名妓であったが、新町移転後6年で病没。亡骸は大坂下寺町浄国寺に葬られ、大坂中がその死を悼んだという。亡くなった日は「夕霧忌」として俳句季語にもある。墓は浄国寺と郷里の清凉寺(嵯峨釈迦堂)の他に徳島や和歌山にもあり、毎年4月第1日曜日には浄国寺で「花まつり 夕霧太夫行列」が、毎年11月第2日曜日には清凉寺で「夕霧供養」が催されている。

夕霧太夫の死後、愛人・藤屋伊左衛門との情話を扱った「夕霧伊左衛門」と総称される浄瑠璃歌舞伎などの作品が数多く作られた。近松門左衛門の浄瑠璃『夕霧阿波鳴渡』を始めとして、浄瑠璃の『廓文章』、歌舞伎の『夕霧名残の正月』『夕霧七年忌』などがある。

夕霧太夫(現代の島原太夫)編集

中村芳子を参照。

関連項目編集

外部リンク編集