夕鶴』(ゆうづる)は、團伊玖磨が作曲した全1幕のオペラである。木下順二の戯曲『夕鶴』を台本としている。

作曲の経緯編集

まず、1949年の春に劇の付帯音楽が作曲された。その後オペラ化を決意し、一言一句戯曲を変更してはならないという木下からの承諾条件の下、1950年頃作曲に着手、翌1951年に完成した。

1956年10月8日、改訂版を完成した。

初演編集

1952年1月30日、大阪朝日会館に於いて、藤原歌劇団による[1]。改訂版初演は1957年6月27日、チューリッヒ音楽祭にて。その後2022年までに上演回数は800回を越え[2][3]、日本の創作オペラとして最大のヒット作、ロングセラーとなっている。

演奏時間編集

約1時間50分

楽器編成編集

フルート2(1はピッコロ持替え)、オーボエ2、クラリネット1、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、テューバハープティンパニトライアングルシンバルタムタム小太鼓大太鼓弦五部(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

登場人物編集

あらすじ編集

  • 第1部
  • 第2部

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 團伊玖磨, 木下順二. “《夕鶴》” (Japanese). opera.tosei-showa-music.ac.jp. 2022年11月26日閲覧。
  2. ^ 2022年兵庫県立芸術文化センター公演プログラム所収小味渕彦之「作品解説」
  3. ^ 夕鶴” (日本語). 新国立劇場 オペラ. 2022年11月26日閲覧。