外モンゴル独立公民投票

外モンゴル独立公民投票(がいモンゴルどくりつこうみんとうひょう、モンゴル語: Монгол Улсын тусгаар тогтнолын төлөө бүх ард түмний санал хураалт)は、1945年10月20日外モンゴルで行われた独立公民投票で、中国中華民国)から外モンゴル(モンゴル人民共和国)が独立するかどうかを決めた。

外モンゴル独立公民投票
Монгол Улсын тусгаар тогтнолын төлөө бүх ард түмний санал хураалт
モンゴル人民共和国が独立することの賛否[1]
開催地中華民国の旗 中華民国外モンゴルモンゴル人民共和国の旗 モンゴル
開催日1945年10月20日 (1945-10-20)
結果
投票数 %
賛成 487,409 100.00%
反対 0 0.00%
有効投票数 487,409 100.00%
無効または空白投票数 0 0.00%
投票総数 487,409 100.00%
登録有権者/投票率 494,960 98.47%
Бүх ард түмний санал хураалт.png 住民投票の投票用紙 プロパガンダ

同年9月21日、モンゴル政府は投票実施に関わる指示を公布し、投票実施の体制を整えた。アイマク(県)・ホト(市)・ソム(郡)・バグ(村)・ホロー(区)・ホリ(二十戸)という行政単位に従い投票者名簿を作成し、全国4,251カ所に投票所を設けた。

一方、10月18日から24日まで、投票参観のため、雷法章内政部次長を団長とする中華民国政府代表団12名がウランバートルに派遣された。

投票日の結果は、投票率98.4パーセント(487,409人)、投票者の100パーセントが「独立承認」に賛成した。

1946年1月5日、モンゴル政府は国民政府によって独立を認められた[2]

脚注編集

  1. ^ Бүх ард түмний санал хураалт
  2. ^ 1945年「外モンゴル独立公民投票」をめぐる中モ外交交渉

関連項目編集

  • 蒙古地方 - 中華民国は、外モンゴル地域を自国の一部と見なしていた