メインメニューを開く

外国人タレント(がいこくじんタレント)は、主に日本国内でのみ芸能活動を行っている外国人タレント。外国でも著名で日本でも活躍している外国人を含む場合もある[1]

目次

概要編集

戦前は、吉本興業東京吉本)所属の ミス・バージニア(アメリカから来日。白系ロシア人とされる)やマーガレット・ユキ(日系二世でハーフの少女歌手兼タップダンサー。ロンドン生まれ)が人気を博し、元祖・外国人タレントと言われる。ミス・バージニアは、浅草花月 劇場(吉本興業直営)に出演し、金髪美女でありながら、日本髪着物姿で日本舞踊を踊って人気を得た[2]。マーガレット・ユキも、浅草花月劇場に少女タップダンサーとして出演し、金髪を振り乱して踊る可憐な姿で人気者になったという。

戦後は、主に占領軍として来ていた日本語が堪能なアメリカ人が日本で芸能活動を行い成功し、そのまま居残るケースが多かったが、その後日本の復興と共にアジア諸国から来るタレントが増えた。近年ではアフリカ諸国出身の外国人タレントが人気を博すケースが多い。

また、日本ではこれまであまり知られていなかった国の出身者が人気を博すことで、その国の知名度が日本人の間で急上昇するなど、そのタレント活動が副次的に民間外交を促進するという効果をもたらすことも多い。

日本以外ではプロフィールに血液型を載せる慣例がないので、血液型不明の外国人タレントが多い(日本以外では血液型性格分類という迷信の存在そのものが知られていない、自身の血液型は軍隊に入営してIDカードを作ったり病院で手術でも受ける事態になったりしなければ知らないという場合が多い)。

外タレと略して使う場合には、ライブなどで来日する外国のミュージシャンを指すことが多かった(1980年代まで)が、現在ではこの用法は死語に近い。

外国人特有の片言の日本語を使うタレントが多かったが、近年は幼い頃から日本に住み、非常に流暢な日本語を使いこなすタレントが増えている。

外国人タレント(ハーフタレントは除く)は両親とも外国籍である事が一般的であるが、親の再婚等で片親が日本人になるケースも見受けられる(黒宮ニイナ星野ルネなど)。また、親の再婚や外国人の親が日本国籍を取得するなどで両親共に日本人になるハーフタレントもいる(マテンロウのアントニー、クリステル・チアリなど)。

日本の芸能界には、混血していない日系人(マルシアアルベルト城間など)や日系人の血を引くタレント(リンダ3世など)もいるが、いずれも分類上は外国人タレントになる。

近年(2017年現在)は女性のハーフタレントの活躍が目立つようになり、女性の外国人タレントの活躍の場は減少傾向にある[3]。比較的活躍が目立つ女性の外国人タレントには非欧米系(特にアジア系)が多く、欧米系の血を引く人が多いハーフタレントとはポジションが被りにくい事が理由の1つと考えられる。

外国人タレント一覧編集

香港編集

日本で活躍しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

台湾編集

日本で活躍しているタレント

中国編集

日本で活動しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

大韓民国編集

日本で活動しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

東南アジア編集

南アジア編集

イラン編集

上記以外のアジア編集

中東・アラブ諸国編集

便宜的にイラン・トルコを除く

アメリカ合衆国編集

日本で活躍しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

カナダ編集

イギリス編集

フランス編集

日本で活躍しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

イタリア編集

日本で活躍しているタレント

上記以外のヨーロッパ編集

日本でも有名で、よく来日するタレント

ブラジル編集

日本で活躍しているタレント
日本でも有名で、よく来日するタレント

中南米・ラテンアメリカ編集

ブラジル以外

アフリカ編集

オセアニア編集

脚注編集

  1. ^ 外国から日本に宣伝・営業に来た外国の芸能人を特に「外タレ」と略称で表現する場合がある。外タレ(ガイタレ)とは - コトバンク
  2. ^ 旗一兵 『喜劇人回り舞台-笑うスター五十年史』 学風書院、1958年、180-181頁。
  3. ^ リア・ディゾン以来の黒船襲来? ダコタ・ローズはブレイクするか?

関連項目編集