外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律

外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律(がいこくいしとうがおこなうりんしょうしゅうれんにかかるいしほうだいじゅうななじょうとうのとくれいとうにかんするほうりつ)は、日本の法律法令番号は昭和62年法律第29号、1987年(昭和62年)5月26日に公布された。最終改正は地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)。

外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和62年法律第29号
種類 医事法
効力 現行法
主な内容 外国医師、外国歯科医師、外国看護師等の日本国内での臨床修練
関連法令 医師法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

制定当時の題名は「外国医師又は外国歯科医師が行う臨床修練に係る医師法第十七条及び歯科医師法第十七条の特例等に関する法律」であり、2006年改正[1]により、適用範囲が外国医師、外国歯科医師のほかに外国看護師等に拡大したことに合わせて「外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律」に改題され、更に2014年改正[2]により、適用範囲が臨床修練のほか、臨床教授等に拡大したことに合わせて現行の題名に改題された。

内容編集

日本国内で外国医師、外国歯科医師、外国看護師等の資格を持った者の知識・技能の臨床修練を行う。外国看護師等とは、外国において助産師看護師歯科衛生士診療放射線技師歯科技工士臨床検査技師理学療法士作業療法士視能訓練士臨床工学技士義肢装具士言語聴覚士又は救急救命士に相当する資格を有する者である。また日本国内において、外国医師又は外国歯科医師が臨床教授等を行う。臨床教授等は、外国看護師等はできない。

薬剤師はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師柔道整復師に相当する資格を持った者の臨床修練は認められていない。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律(平成18年法律第84号)
  2. ^ 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)

関連項目編集