外山 圭一郎(とやま けいいちろう、1970年1月1日 - )は、日本のゲームクリエイター。代表ディレクション作品として『SILENT HILL』、『SIREN』シリーズ、『GRAVITY DAZE』シリーズなどで知られる。

とやま けいいちろう
外山 圭一郎
生誕 (1970-01-01) 1970年1月1日(52歳)
日本の旗 日本 宮崎県都城市
国籍日本の旗 日本
職業ゲームデザイナー
著名な実績SILENT HILL
SIREN』シリーズ
GRAVITY DAZE』シリーズ

来歴編集

宮崎県都城市出身。

1994年東京造形大学卒業。コナミ入社。アーティストとして『ハイパーオリンピック イン アトランタ』などに関わった後、初のディレクション作品として『SILENT HILL』を手掛ける。

1999年ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) 入社。

2003年、ディレクション二作目となる『SIREN』発売。

2006年、『SIREN2』発売。今作品をベースとした東宝映画サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』が同年に公開。

2008年、『SIREN: New Translation』発売。

2012年、『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動 』発売。「日本ゲーム大賞2012 年間作品部門 大賞」[1]「第16回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門 優秀賞」[2]などを受賞。2015年PlayStation 4向けにリマスターされる。

2017年、『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』発売。

2020年ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)退社。独立して自身のゲームスタジオとなるBokeh Game Studioを設立。

ディレクション作品編集

SILENT HILL』(1999年1月31日コナミPlayStation

SIREN』(2003年11月6日ソニー・コンピュータエンタテインメントPlayStation 2

SIREN2』(2006年2月9日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PlayStation 2)

SIREN: New Translation』(2008年7月24日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PlayStation 3

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』(2012年2月9日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PlayStation Vita)(2015年12月10日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PlayStation 4

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(2017年1月19日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStation 4)

野狗子: Slitterhead』(発売日、対応機種未定)

アート参加作品編集

Snatcher』(※日本未発売)(1994年12月15日、 コナミ、Sega CD

ときめきメモリアル ~forever with you~』(1995年10月13日、 コナミ、PlayStation)

ハイパーオリンピック イン アトランタ』(1996年6月28日、コナミ、PlayStation)

夜明けのマリコ』(2001年12月6日、 ソニー・コンピュータエンタテインメント 、PlayStation 2)

脚注編集

  1. ^ famitsu.com, '今年度の“日本ゲーム大賞”は『GRAVITY DAZE』に決定!【TGS2012】', Retrieved on November 5, 2020,
  2. ^ jp-mediaarts, 'GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動', Retrieved on November 5, 2020,