メインメニューを開く

外遊(がいゆう)とは留学や研究、視察などを目的として外国を訪問することを指す。特に政治家など公人が外交目的で諸外国を歴訪することに対して使われることが多い。二国間と多国間がある。「遊」は軍隊の遊軍や遊兵、野球の遊撃手、遊軍記者と同じ意味の「遊」である[1][2]

目次

概要編集

日本の内閣総理大臣として初の外遊を行ったのは太平洋戦争中の1943年にアジア各地[3]を歴訪した東條英機である。戦後は1951年吉田茂を皮切りに、外遊が首相の職務の1つとして一般化していった。首相の初外遊はアメリカ合衆国になることが多い[4]。日米同盟重視の立場から首相就任後に真っ先に訪米してアメリカ大統領に顔見せすることが慣例視されていたこともある[5]

日本の国会議員の場合は政治日程上国会閉会中や自然休会中に行われることが多く、例年政治休戦の時期になるゴールデンウィーク中、8月、年末年始には与野党ともに多くの議員が外遊に出かける。

閣僚の外遊については大臣規範で閣議了解とされている。また国会開会中の国会議員や閣僚の外遊には衆参両院の議院運営委員会理事会で了承を得る慣例がある。

舛添要一は、東京都知事在任中の「都市外交」と称して外遊を積極的に行っていたが、その内容が東京都の産業発展や都民の生活向上に結びつくものではなく、多額の費用をかけて行ったため、大きな批判を浴びた。

天皇・皇族の外遊編集

近代日本の天皇皇族において、明治期には皇族軍人が欧米への軍事留学を行ったほか、天皇名代としての表敬視察が行われた。皇太子の外遊は1907年明治40年)10月に皇太子嘉仁親王(大正天皇)が大韓帝国に行啓したのが初めてで、1921年大正10年)3月には皇太子裕仁親王(昭和天皇)がヨーロッパへの外遊を行なっている。

昭和戦後・平成期においては、慣例化した公務において天皇・皇族の外遊・皇室外交が行われており、主に国際親善を目的とした表敬訪問や記念式典への親覧が行われている。昭和天皇が1971年(昭和46年)にヨーロッパ諸国7カ国に行幸したのが天皇として史上初の外遊である。

外遊歴一覧編集

平成期の天皇・皇后美智子編集

親王時の外国行啓 [6]
出国 帰国 訪問地 同行 備考
1953 3月30日 10月12日   イギリス (  アメリカ合衆国  カナダ  フランス帝国  スペイン  モナコ  スイスなど13国に立寄り) 英女王戴冠式参列、天皇名代
1960 9月22日 10月7日   アメリカ合衆国 皇太子妃 日米修好100年記念
11月12日 12月9日   イラン  エチオピア  インド  ネパール (  タイ立寄り) 皇太子妃 国際親善(名代)
1962 1月22日 2月10日   パキスタン  インドネシア 皇太子妃 国際親善(名代)
11月5日 11月10日   フィリピン 皇太子妃 国際親善(名代)
1964 5月10日 5月17日   メキシコ (  アメリカ合衆国立寄り) 皇太子妃 国際親善(名代)
12月14日 12月21日   タイ 皇太子妃 国際親善(名代)
1967 5月9日 5月31日   ペルー  アルゼンチン  ブラジル 皇太子妃 国際親善(名代)
1970 2月19日 2月28日   マレーシア(天皇名代)・   シンガポール 皇太子妃 国際親善 
1971 6月3日 6月12日   アフガニスタン (  イラン  タイ立寄り) 皇太子妃 国際親善(名代)
1973 5月6日 5月23日   オーストラリア  ニュージーランド 皇太子妃 国際親善
10月11日 10月22日   スペイン  アメリカ合衆国  ベルギー立寄り) 皇太子妃 国際親善
1975 2月20日 2月28日   ネパール (  バングラデシュ  インド立寄り) 皇太子妃 ネパール国王戴冠式参列
1976 6月8日 6月25日   ヨルダン  ユーゴスラビア(名代)・  イギリス (  タイ立寄り) 皇太子妃 国際親善
1978 6月12日 6月27日   ブラジル  パラグアイ (  アメリカ合衆国立寄り) 皇太子妃 ブラジル移住70周年記念式典参列
1979 10月5日 10月14日   ルーマニア  ブルガリア(名代) (  オランダ  ベルギー立寄り) 皇太子妃 国際親善
1981 2月27日 3月7日   サウジアラビア  スリランカ (  タイ  シンガポール立寄り) 皇太子妃 国際親善
7月26日 8月2日   イギリス (  ベルギー立寄り) 皇太子妃 英皇太子結婚参列 差遣
1983 3月10日 3月25日   ザンビア  タンザニア  ケニア(名代) (  ルクセンブルク  ベルギー  タイ立寄り) 皇太子妃 国際親善
1984 2月25日 3月8日   ザイール  セネガル(名代) (  ベルギー  イギリス立寄り) 皇太子妃 国際親善
1985 2月23日 3月9日   スペイン  アイルランド(名代) (  ポーランド人民共和国  イギリス立寄り) 皇太子妃 国際親善
6月1日 6月15日   スウェーデン  デンマーク  ノルウェー(名代)・  フィンランド 皇太子妃 国際親善
1987 10月3日 10月10日   アメリカ合衆国 皇太子妃 国際親善
第125代天皇在位中の外国訪問
出国 帰国 訪問地 同行 備考
1991年
(平成3)
9月26日 10月6日   タイ  マレーシア  インドネシア 皇后 国際親善 各国からの招待
1992年
(平成4)
10月23日 10月28日   中国 皇后 国際親善 中国からの招待
1993年
(平成5)
8月6日 8月9日   ベルギー 皇后 国王ボードゥアン1世国葬参列
9月3日 9月19日   イタリア  ベルギー  ドイツ  バチカン立寄り) 皇后 国際親善 各国からの招待
1994年
(平成6)
6月10日 6月26日   アメリカ合衆国 皇后 国際親善 アメリカからの招待
10月2日 10月14日   フランス  スペイン  ドイツ立寄り) 皇后 国際親善 両国からの招待
1997年
(平成9)
5月30日 6月13日   ブラジル  アルゼンチン  ルクセンブルク  アメリカ合衆国立寄り) 皇后 国際親善 両国からの招待
1998年
(平成10)
5月23日 6月5日   イギリス  デンマーク  ポーランド立寄り) 皇后 国際親善 両国からの招待
2000年
(平成12)
5月20日 6月1日   オランダ  スウェーデン  スイス  フィンランド立寄り) 皇后 国際親善 両国からの招待
2002年
(平成14)
7月6日 7月20日   ポーランド  ハンガリー  チェコ  オーストリア立寄り) 皇后 国際親善 両国からの招待
2005年
(平成17)
5月7日 5月14日   ノルウェー  アイルランド立寄り) 皇后 国際親善 ノルウェーからの招待
6月27日 6月28日   サイパン島 皇后 平和祈念 戦没者慰霊
2006年
(平成18)
6月8日 6月15日   シンガポール  タイ  マレーシア立寄り) 皇后 国際親善 シンガポールからの招待
タイ国王即位60年記念式典臨席
2007年
(平成19)
5月21日 5月30日   スウェーデン  エストニア  ラトビア  リトアニア  イギリス 皇后 国際親善 各国からの招待[7]
2009年
(平成21)
7月3日 7月17日   カナダ ハワイ 皇后 国際親善 カナダからの招待
ハワイ州皇太子明仁親王奨学金財団50周年記念行事[8]
2012年
(平成24)
5月16日 5月20日   イギリス 皇后 女王エリザベス2世即位60周年の記念午餐会招待[9]
2013年
(平成25)
11月30日 12月6日   インド 皇后 国際親善 インド政府からの招待[10]
2015年
(平成27)
4月8日 4月9日   パラオ 皇后 戦没者慰霊 平和祈念 パラオ国の招請[11]
2016年
(平成28)
1月27日 1月30日   フィリピン 皇后 国際親善 フィリピン政府からの招請 戦没者慰霊 平和祈念[12]
2017年
(平成29)
2月28日 3月6日   ベトナム  タイ立寄り) 皇后 国際親善 ベトナム政府からの招請 戦没者慰霊 平和祈念
タイ国前国王プミポン・アドゥンヤデートの弔問[13]


皇太子徳仁親王編集

[14]
出国 帰国 訪問地 同行 備考
1974年
(昭和49年)
8月16日 8月30日   オーストラリア 旅行
1976年
(昭和51年)
8月7日 8月18日   ベルギー  スペイン 旅行
1980年
(昭和55年)
12月20日 12月29日   タイ 旅行
1982年
(昭和57年)
10月3日 10月18日   ブラジル  メキシコ立寄り) 国際親善
1983年
(昭和58年)
6月20日 10月31日   イギリス(留学)・  リヒテンシュタイン  スイス  サンマリノ  バチカン  チェコスロバキア  アメリカ合衆国など16カ国 マートン・カレッジ
1986年
(昭和61年)
7月20日 7月27日   イギリス アンドルー王子結婚式参列
1987年
(昭和62年)
3月10日 3月25日   ネパール  ブータン  インド  タイ立寄り) 国際親善
11月6日 11月3日   西ドイツ ベルリン日独センター開会式臨席
1989年
(平成元年)
9月23日 10月1日   ベルギー  (  フランス立寄り) ユーロパリア日本祭開会式臨席。
1990年
(平成2年)
8月17日 8月27日   ベルギー (  ルクセンブルク  アメリカ合衆国立寄り) 第10回国際経済史学会出席
1991年
(平成3年)
1月28日 2月1日   ノルウェー 国王オーラヴ5世葬儀参列
9月11日 9月24日   モロッコ  イギリス (  フランス立寄り) モロッコからの招待 ジャパンフェスティバル1991開会式臨席
1992年
(平成4年)
7月18日 8月4日   スペイン  ベネズエラ  メキシコ (  アメリカ合衆国立寄り) セビリア万国博覧会並びにバルセロナオリンピック開会式臨席 国際親善
1994年
(平成6年)
11月5日 11月15日   サウジアラビア  オマーン  カタール  バーレーン。(  タイ立寄り) 雅子妃 国際親善
1995年
(平成7年)
1月20日 1月28日   クウェート  アラブ首長国連邦  ヨルダン (  シンガポール立寄り) 雅子妃 国際親善
1999年
(平成11年)
2月8日 2月9日   ヨルダン 雅子妃 国王フセイン1世の葬儀参列
12月3日 12月7日   ベルギー 雅子妃 フィリップ王子の結婚式招待
2001年
(平成13年)
5月18日 5月25日   イギリス 「JAPAN2001」オープニング開幕行事臨席
2002年
(平成14年)
1月30日 2月4日   オランダ ヴィレム=アレクサンダー王太子の結婚式への招待
12月11日 12月19日   ニュージーランド  オーストラリア 雅子妃 国際親善
2004年
(平成16年)
5月12日 5月24日   デンマーク  ポルトガル  スペイン 国際親善 フェリペ王太子の結婚式への招待
9月8日 9月11日   ブルネイ ビラ王太子の結婚式への招待
2005年
(平成17年)
8月3日 8月4日   サウジアラビア 国王ファハド・ビン=アブドゥルアズィーズの弔問
2006年
(平成18年)
3月15日 3月21日   メキシコ (  カナダ立寄り) 「第4回世界水フォーラム」全体会合にて基調講演
8月17日 8月31日   オランダ 雅子妃
愛子内親王
ベアトリクス女王からの招待による。静養のため滞在。
9月18日 9月20日   トンガ  (  ニュージーランド立寄り) トンガ国王タウファアハウ・トゥポウ4世の葬儀参列
2007年
(平成19年)
7月10日 7月17日   モンゴル 国際親善
2008年
(平成20年)
6月16日 6月27日   ブラジル (  アメリカ合衆国立寄り) 日本人ブラジル移住100周年
7月16日 7月23日   スペイン サラゴサ国際博覧会
7月30日 8月3日   トンガ (  オーストラリア立寄り) ジョージ・トゥポウ5世戴冠式参列
2009年
(平成21年)
2月10日 2月15日   ベトナム 外交関係樹立35周年
3月14日 3月20日   トルコ (  ドイツ立寄り) 第5回世界水フォーラム出席
2010年
(平成22年)
3月6日 3月15日   ガーナ  ケニア (  イギリス  イタリアに立寄り) 国際親善
6月17日 6月21日   スウェーデン ヴィクトリア王女結婚式出席
2011年
(平成23年)
6月21日 6月25日   ドイツ 日独交流150周年
10月26日 10月27日   サウジアラビア 皇太子薨去につきご弔問
2012年
(平成24年)
6月20日 6月21日   サウジアラビア 皇太子薨去につきご弔問
6月25日 7月1日   タイ  カンボジア  ラオス 国際親善
10月18日 10月27日   ルクセンブルク 大公世子ギヨームの結婚式に出席
2013年
(平成25年)
3月5日 3月8日   アメリカ合衆国 国連で開かれる「水と災害に関する特別会合」出席 皇族として初めて国連本部でスピーチ[15][16]
4月28日 5月3日   オランダ 雅子妃 国王ウィレム=アレクサンダー即位式出席
6月10日 6月16日   スペイン 交流400周年
12月9日 12月11日   南アフリカ共和国 元大統領ネルソン・マンデラ追悼式参列
2014年
(平成26年)
6月17日 6月23日   スイス 国交樹立150周年
2015年
(平成27年)
1月25日 1月26日   サウジアラビア 国王崩御につき,ご弔問
7月2日 7月6日   トンガ 雅子妃 国王トゥポウ6世戴冠式出席[17]

記録編集

  • 戦後首相最長外遊: 吉田茂 (52日間)
  • 首相在任中最多外遊: 安倍晋三 (67回[18])
  • 首相在任中最多国外遊: 安倍晋三 (76ヶ国※2018年1月時点[19])

脚注編集

  1. ^ [1]【編集日誌】「外遊」は遊びか?
  2. ^ 遊びじゃないのよ「外遊」は! トップに課せられた「二つの狙い」
  3. ^ 3月に満州国と中華民国汪兆銘政府、5月にフィリピン、6~7月にかけてタイ、昭南島シンガポール)、インドネシア。
  4. ^ 岸信介インド鈴木善幸フィリピン中曽根康弘宮沢喜一韓国宇野宗佑フランス羽田孜村山富市イタリア森喜朗ロシア安倍晋三中国菅直人カナダなど例外もある。
  5. ^ 次期首相の初外遊先は?/米国か、中韓か注目集まる WEB東奥2006年8月30日
  6. ^ 『皇族 天皇家の近現代史』 小田部雄次 中公新書 2011
  7. ^ ヨーロッパ諸国ご訪問(平成19年)”. 宮内庁 (2006年12月15日). 2015年7月14日閲覧。
  8. ^ カナダ・アメリカ合衆国ご訪問(平成21年)”. 宮内庁 (2009年3月13日). 2015年7月14日閲覧。
  9. ^ 英国ご訪問(平成24年)”. 宮内庁 (2012年5月8日). 2015年7月14日閲覧。
  10. ^ 天皇皇后両陛下のインド御訪問在インド日本国大使館ウェブサイト、2013年12月6日閲覧)
  11. ^ 天皇皇后両陛下のパラオ国御訪問について”. 宮内庁. 2015年7月14日閲覧。
  12. ^ 天皇皇后両陛下のフィリピン国御訪問について”. 宮内庁. 2016年2月4日閲覧。
  13. ^ 天皇皇后両陛下のベトナム国御訪問について”. 宮内庁. 2017年4月30日閲覧。
  14. ^ 『皇族 天皇家の近現代史』 小田部雄次 中公新書 2011
  15. ^ MSN産経 2013年3月17日「災害に強い社会へ強い意志」 皇太子さま国連ご講演の要旨
  16. ^ 国連水と災害に関する特別会合における皇太子殿下基調講演、宮内庁HP。
  17. ^ トンガご訪問(平成27年)(2015年6月12日)、宮内庁、2015年7月4日閲覧。
  18. ^ 総理大臣の外国訪問一覧
  19. ^ 首相の外遊、5年1カ月で76カ国・地域 小泉氏上回る 朝日新聞 2018年1月15日

関連項目編集