外道坊』(げどうぼう)は、平松伸二による日本漫画作品。キャッチコピーは「運命を変えるスピリチュアル・マーダー!!」。

外道坊
ジャンル バイオレンスアクション
漫画
作者 平松伸二
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブン・コミックス
発表期間 2006年 - 2009年
巻数 『外道坊』全6巻
『外道坊&マーダーライセンス牙』全5巻
話数 全96話
その他 中盤から『外道坊&マーダーライセンス牙』に改題
テンプレート - ノート

概要編集

2006年から2009年まで、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて連載された。作品中盤からは『マーダーライセンス牙』の登場人物も登場し、タイトルは『外道坊&マーダーライセンス牙』に改題された。この作品は平松にとって、週刊少年ジャンプで連載していた『キララ』以来約20年ぶりの週刊連載作品である。2011年6月には、実写版のDVDが発売された。

登場人物編集

外道坊(げどうぼう)
本作の主人公。僧号は雲空、本名は清春。正義のために仏の道を捨て、自らを「外道」と呼ぶ破戒僧。
人の前世やオーラ、霊体を見る能力を持つ。少年時代、その能力のせいで母と共に村の住人から迫害を受けた過去があり、その際に母は死亡している。
全国を行脚しながら殺された者の無念の声を聴き、悪事を働く「業人」どもを抹殺するスピリチュアル・マーダーである。
前述の「前世を見る能力」によって、その人物が背負う業と、その業によってやがてたどる運命を知ることができ、その中で「悪人となる運命」を背負ったものを見極め、始末する。ただし、本人曰く「必ずしも人間は前世通りの運命を辿るとは限らない」ようで、牙と板垣に関して悲劇的な「業」を告げたのち、牙に「運命を変えられるか?」と問いかけている。
人間に取りついた悪霊をアザとして現出させることができ、「アザ」の急所だけを突くことで、取りつかれた人間を殺さず悪霊を払う技も持つ。しかし、救いようのない人間については躊躇なく殺害する。
使用武器は刀を仕込んだ錫杖、刃を仕込んだ網代笠。これらの武器を「南無阿弥陀仏」と叫びながら振りかざす。
木葉 優児(きば ゆうじ)
『マーダーライセンス牙』の主人公で通称「牙」。作品中盤から登場。
木葉忍流の当主で板垣重政の実子。頭髪以外の体形を自在に変える能力「マッスルコントロール」で普段は女性化しており、木葉優子の名で板垣重政の主治医を務めている。
外道坊から「前世の業により、板垣を死に至らしめる運命にある」と告げられ、運命を変えるべく戦う。
板垣 重政(いたがき しげまさ)
日本の総理大臣で木葉優児の実父。非常に強い正義感を持つ理想的な宰相であり、牙にとっては唯一ともいえる理解者である。
「脱走兵編」にて事件を日米安保のために利用しようと画策し、その裏で牙と外道坊が殺し合うよう仕向けた。しかし、これらの凶行はこれまで牙や外道坊に成敗された者たちの怨霊に心の隙へ付け込まれた結果の暴走であり、終盤には外道坊に「アザ」の急所を突かれ、正気に戻る。その後は攻撃の後遺症で入院生活を送っており、前述の「木場優子」の介護を受けている。
外道坊は板垣と牙の前世を、戦国時代の武将の上杉義信とその息子で忍者の上杉義影と語っている。この上杉父子は正義感と絆の強さゆえに互いの命を落としており、外道坊は「運命を変えられなければ、2人は同じ道をたどる」と警告している。
雪藤 洋士(ゆきとう ようじ)
ブラック・エンジェルズ』の主人公で、作品最終章に登場。
自転車で全国を旅している途中、外道坊と出会う。『マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ』の設定を引き継いでおり、登場時から牙と面識を持っている。

実写版編集

外部リンク編集