多々良川

多々良川(たたらがわ)は、福岡県糟屋郡および福岡市を流れ博多湾に注ぐ河川二級水系多々良川の本流。

多々良川
Tatara river01.jpg
福岡市東区の多々良川河口。
水系 二級水系 多々良川
種別 二級河川
延長 17.4 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 砥石山(糟屋郡宇美町)
水源の標高 -- m
河口・合流先 博多湾(福岡市東区)
流域 福岡県福岡市、篠栗町、粕屋町
テンプレートを表示
城戸南蔵院前駅前の多々良川上流部
福岡高速1号香椎線の名島弁天橋より上流方面を望む

目次

地理編集

福岡市東部の糟屋郡を西に流れ、福岡市東区名島と東区箱崎ふ頭の境界から博多湾に注ぐ。流路延長17.4km。河口付近には、1933年に完成した7連アーチ橋「名島橋」がかかる。かつてシロウオ漁が盛んであったが、今では川の汚濁が進みシロウオが減少している。冬には、カモ類をはじめとする冬鳥の飛来地としても有名で、なかでもクロツラヘラサギは近年、毎年飛来しているようである。

由来編集

伝承に依れば、神功皇后三韓出兵の際、大陸渡来の鋳物工がこの地に住み着き、多々良川の川砂の砂鉄鋳物を作っていたことに由来するとされる[1]

主な支流編集

流域の自治体編集

並行する交通編集

 
鉄橋を渡る鹿児島本線の普通列車

鉄道編集

道路編集

その他編集

河口付近にあるJR鹿児島本線の橋は鉄道写真(とりわけブルートレイン)の撮影地として有名で、しばしばここで撮影された写真が鉄道雑誌等に掲載されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 多々良川水系河川整備基本方針 (PDF)”. 福岡県. p. 4/13 (2017年7月). 2018年2月8日閲覧。

関連項目編集