メインメニューを開く

多摩境駅

日本の東京都町田市にある京王電鉄の駅

多摩境駅(たまさかいえき)は、東京都町田市小山ヶ丘三丁目にある、京王電鉄相模原線である。駅番号KO44

多摩境駅
多摩境駅西口 B2出口(2017年4月撮影)
多摩境駅西口 B2出口(2017年4月撮影)
たまさかい
Tamasakai
KO43 南大沢 (1.9km)
(2.5km) 橋本 KO45
所在地 東京都町田市小山ヶ丘三丁目23番地
駅番号 KO44
所属事業者 京王電鉄
所属路線 相模原線
キロ程 20.1km(調布起点)
新宿から35.6km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(有効長210m)
乗降人員
-統計年度-
20,587人/日
-2018年-
開業年月日 1991年平成3年)4月6日
テンプレートを表示

京王電鉄の駅で唯一町田市に所在する。また、2019年現在京王電鉄で最も新しい駅でもある。

歴史編集

駅開設までの経緯編集

当時の京王帝都電鉄は、京王多摩センター駅 - 橋本駅間の延伸に際し、由木平駅(現・南大沢駅)のみを設置することを計画していた。しかし、由木平駅 - 橋本駅間の線路経由ルートが900m程度町田市内を通過することから、町田市は「町田市内駅」設置を要望し、1983年1月14日、京王帝都と町田市の話し合いが行われた。

この席上で京王は、「延伸時、中間駅は由木平駅のみ設置する。トンネル(現・南大沢トンネル)を出たところに土工区間があるが、この区域は、多摩ニュータウンの事業認可未了区域であり、この地に駅を設置するとなると、ニュータウン鉄道の新線建設という性格から外れることから、京王側が350億円も支出しなければならない」「ニュータウンの開発事業区域となれば、駅舎建設費15億円で済むことから、小山駅(多摩境駅のことを指す)の開設の可能性はある」と表明し、場合によっては駅開設も有り得るとした。

これに対し、町田市は、1983年5月の町田市議会にて、「鉄道事業者(京王)の責任において小山駅を設置すること。相模原線開業と同時に小山駅を開設すること」という決議をするなどし、その後1985年5月30日、東京都南多摩開発計画会議にて、多摩ニュータウンの土地区画整理事業地区内の駅として開設が決定した。

なお、町田市議会の決議では、路線開業と同時に駅開設となっていた。しかし、駅開設が南大沢駅 - 橋本駅間延伸の翌年となっている。これは、京王では相模原線をニュータウン新線として建設したことに起因する。ニュータウン鉄道等整備事業費補助制度では建設費の補助対象がニュータウン事業区域から出て1駅目までに限られており、ニュータウン外にある当駅を最初から設置した場合、多摩境駅 - 橋本駅間を補助金なしで建設するということになる。そのため、当初は当駅をあえて設置せずに、橋本駅まで一気に建設・開業させ、当駅は遅れての開設となった。

駅名の由来編集

多摩ニュータウンの境であること、東京都(多摩)と神奈川県相模)の境であること、駅の近くに境川が流れていることから、「多摩境」となる。なお、当地は一時期「堺村」に属した。

駅開設当時の所在地名の「小山町」から「京王小山」にすべき等と、駅名決定までもめた経緯がある。その後、多摩ニュータウンにおける町田市域の土地区画整理事業地区としての街開きが行われた際、当該地の地名が「小山ヶ丘」に改められた。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有する。南大沢寄りは掘割になっており、南大沢トンネルに通じている。橋本寄りは高架である。

西口の広場には、星野敦作「地球断面-森のスポット-」というモニュメントが設置されている[2]

2011年9月頃より駅改札の天井部に液晶モニターが設置された。これにより従来までは改札を通りホームに降りてからしか確認できなかった、時刻表や運行情報などが、改札前から確認できるようになった。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   相模原線 下り 橋本
2 上り 京王多摩センター調布明大前笹塚新宿  都営新宿線方面

駅構内設備編集

駅出口編集

改札外は構造上、地下駅のようになっており、複数の出口が存在する。

  • 東口(A1、A2出口)
  • 西口(B1、B2、町田街道方面、多摩ニュータウン通り方面出口)

※バス・タクシーロータリーは、B1・B2出口が最寄りである。B2出口には2017年4月にエレベーターが設置された[1]

利用状況編集

2018年度の1日平均乗降人員20,587人である[利用客数 1]。開業から毎年利用客が増加しており、開設当時に比べ約10倍の利用者になっている。

周辺街づくりの開発スタンスが土地区画整理事業のみで異なっており、大規模集合住宅が少ないことから、他の多摩ニュータウン内の駅に比べると、ゆっくりとした増加傾向を示している。駅勢エリアには住宅だけではなく、米国流大規模量販店や事業所団地(まちだテクノパーク)、教育施設等を取り込んで多角的な開発が行われている。

開業以来の乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
[備考 1]1991年(平成03年) 1,560 500 [東京都統計 1]
1992年(平成04年) 2,365 [東京都統計 2]
1993年(平成05年) 2,947 1,140 [東京都統計 3]
1994年(平成06年) 3,570 1,441 [東京都統計 4]
1995年(平成07年) 3,807 1,568 [東京都統計 5]
1996年(平成08年) 3,927 1,668 [東京都統計 6]
1997年(平成09年) 4,196 1,784 [東京都統計 7]
1998年(平成10年) 4,464 2,000 [東京都統計 8]
1999年(平成11年) 4,919 2,230 [東京都統計 9]
2000年(平成12年) 5,991 2,797 [東京都統計 10]
2001年(平成13年) 7,570 3,578 [東京都統計 11]
2002年(平成14年) 8,763 4,195 [東京都統計 12]
2003年(平成15年) 10,727 5,158 [東京都統計 13]
2004年(平成16年) 11,987 5,795 [東京都統計 14]
2005年(平成17年) 14,602 7,047 [東京都統計 15]
2006年(平成18年) 15,565 7,471 [東京都統計 16]
2007年(平成19年) 16,264 7,981 [東京都統計 17]
2008年(平成20年) 16,526 8,156 [東京都統計 18]
2009年(平成21年) 16,678 8,247 [東京都統計 19]
2010年(平成22年) 17,183 8,507 [東京都統計 20]
2011年(平成23年) 17,184 8,497 [東京都統計 21]
2012年(平成24年) 17,582 8,723 [東京都統計 22]
2013年(平成25年) 18,471 9,153 [東京都統計 23]
2014年(平成26年) 18,945 9,395 [東京都統計 24]
2015年(平成27年) 19,730 9,768 [東京都統計 25]
2016年(平成28年) 20,226 10,038 [東京都統計 26]
2017年(平成29年) 20,487 10,164 [東京都統計 27]
2018年(平成30年) 20,587
備考
  1. ^ 1991年4月6日開業。

駅周辺編集

周辺は多摩ニュータウンの町田市域唯一の開発区域となっており、「町田グランネットタウン」の名称で東京都主導の土地区画整理事業が行われている。従来からの緑豊かな環境を保全しながら住宅のほか、商業、業務、リクリエーション、教育、文化情報等の諸施設がバランスよく立地すべく開発誘致が進んでいる。

バス路線編集

当駅を発着する路線バス神奈川中央交通により運行されている。詳細は神奈川中央交通多摩営業所を参照。

1番のりば
橋76 神奈中多摩車庫(平日のみ深夜バス有)
町60 市民病院前 町田バスセンター(朝のみ)
市民病院前 町田ターミナル
2番のりば
橋73
橋76
三ツ目山公園 橋本駅北口
町60 田端・堂の前 橋本駅北口

橋73系統は土休日のみ存在し、当停留所始発である。ただし現地ではどの便が始発かは明記されていない。

町60系統は1時間1本のみの運行である。なお、最寄りの坂本橋バス停留所まで歩いて、当停留所を経由しない町30系統を利用することもできる。

この他、当駅バス停で降車扱いとなる京王バス南の路線が乗り入れている。詳細は京王バス南・南大沢営業所を参照。

上記両路線とも平日深夜のみ運行し、当駅バス停では乗車不可。いずれも2011年5月9日から多摩境駅に乗り入れ開始。

NT01系統は、京王多摩センター駅終着の最終電車に接続。多摩センターから当駅までの運賃は720円。

深夜急行バスは、新宿駅と若葉台駅から乗車できる。新宿から当駅までの運賃は3,100円、若葉台から当駅までの運賃は1,550円。

隣の駅編集

京王電鉄
  相模原線
京王ライナー特急・準特急・急行
通過
区間急行・快速・各駅停車
南大沢駅 (KO43) - 多摩境駅 (KO44) - 橋本駅 (KO45)

脚注編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集