メインメニューを開く

多村 映美(たむら はるみ)は日本の脚本家・放送作家である。 東京・大塚生まれ。東京教育大学(現在は閉校)を卒業後、冗談工房の一員として三木鶏郎に師事。[1]クイズタイムショック」の問題作成ブレーンとして創設した「企画集団Q」の主宰でもあった。 一部では「田村映美」と表記されることもあった。

脚本編集

映画編集

著書編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

  • LFディスク・シアター「バディの休日」(脚本、1965年3月7日放送、ニッポン放送
  • 「イチビキいろは辞典」
  • 「ロッテ・ミュージック・イン」(ニッポン放送

関連人物編集

  • 三木鶏郎
  • 左とん平 - 冗談工房(トリローグループ)所属時代に「ヤマハ・タイム」やラジオ番組「仁丹一粒エチケット」などで共演していた。
  • 小山高生
  • クラブ順子のママ(実妹)[2]

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 多村映美著「クイズタイムショック2」(1978年、テレビ朝日出版部)著者紹介にて
  2. ^ なべおさみ「やくざと芸能と 私の愛した日本人」(2014年、イーストプレス刊)