多治比広足
時代 奈良時代
生誕 天武天皇10年(681年
死没 天平宝字4年1月21日760年2月12日
官位 従三位中納言
主君 元正天皇聖武天皇孝謙天皇
氏族 多治比氏
父母 父:多治比嶋
兄弟 池守水守縣守広成広足、阿伎良
テンプレートを表示

多治比 広足(たじひ の ひろたり)は、奈良時代公卿左大臣多治比嶋の六男。官位従三位中納言

経歴編集

霊亀2年(716年従五位下叙爵養老5年(721年)従五位上・造宮大輔神亀3年(726年)に正五位下に叙任される。その後、天平5年(733年上総守、天平10年(738年武蔵守と地方官を歴任する。

天平11年(739年)兄の中納言広成が没すると広足が一族の長となり、天平12年(740年)正五位上、天平15年(743年従四位下、天平19年(747年)従四位上と、橘諸兄政権下で順調に昇進し、天平20年(748年正四位下参議に叙任され公卿に列した。またこの間、刑部卿兵部卿などを務めている。

天平勝宝元年(749年孝謙天皇の即位に伴って正四位上・中納言に、翌天平勝宝2年(750年従三位に昇叙される。天平勝宝年間末には左大臣藤原豊成紫微内相藤原仲麻呂に次いで、太政官の第三位の席次に昇る。しかし、天平宝字元年(757年)に発生した橘奈良麻呂の乱では、一族から多治比犢養・礼万呂・鷹主と複数の処罰者を出したことを咎められ、公卿として相応しくないとして中納言の任を解かれた[1]。以降は出仕せず邸宅に籠もったという[2]

天平宝字4年(760年)正月21日薨去。享年80。最終官位は散位従三位。

官歴編集

注記のないものは『続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 続日本紀』天平宝字元年8月4日条
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字4年1月21日条
  3. ^ a b c 公卿補任

参考文献編集