メインメニューを開く

多田 正見(ただ まさみ、1935年昭和10年)10月27日 - )は、日本政治家。元東京都江戸川区長(任期:1999年4月27日 - 2019年)。

多田 正見
ただ まさみ
生年月日 (1935-10-27) 1935年10月27日(83歳)
出生地 日本の旗 愛知県
出身校 早稲田大学第二政治経済学部
前職 地方公務員江戸川区
所属政党 無所属

当選回数 5回
在任期間 1999年4月27日 - 2019年4月26日
テンプレートを表示

来歴編集

愛知県出身[1]早稲田大学第二政治経済学部卒業。

1956年、東京都に移住。江戸川区役所に入庁。区民部区民課長、政情報室長などを経て、1995年、江戸川区教育長に就任。

1999年4月の江戸川区長選挙に立候補し、宇田川芳雄東京都議会議員を破り初当選した。4月27日、区長に就任[2]

2007年、江戸川区長3選、特別区長会会長に就任。2015年、江戸川区長5選[3]。2019年4月26日、任期満了をもって5期20年にわたり務めてきた江戸川区長を引退。翌4月27日から同区教育長を務めていた斉藤猛が江戸川区長に就任した。

区政編集

  • 性的少数者(LGBTなど)のカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」を2019年4月1日に導入した[4]

脚注編集