メインメニューを開く

多目 元忠(ため もとただ)は、戦国時代武将後北条氏の家臣。

 
多目元忠
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 周防守
主君 北条氏康
氏族 多目氏
父母 父:多目元興

略歴編集

多目氏[1]は、後北条氏の古参の重臣の家柄。初代・伊勢盛時(北条早雲)からの北条氏の協力者であり、北条氏初期の家臣団「草創七手家老」の家系。

多目元興の子として誕生。山内上杉家古河公方などの関東の有力者が連合して北条氏と戦った河越城の戦いで活躍。北条氏康が戦場で敵中に突出した際に独断で退却の号令をかけ、のちに氏康から感謝された。北条五色備の内、黒備えを任せられたという。

その後、甲斐武田氏駿河国からの進軍を防ぐなど、各地を転戦する。

また、天正18年(1590年)、上野国西牧城を守備し、72歳で討死した多米周防守長宗という人物がいたとされるが、元忠と同一人物かどうかは不明である。

脚注編集

  1. ^ 武蔵国豊顕寺ゆかりの多米氏と同一ともいう。