メインメニューを開く
FCM-F1重戦車 フランス軍

多砲塔戦車(たほうとうせんしゃ)は、複数の砲塔を有する戦車である。第一次世界大戦から戦間期にかけて開発・軍への採用が行われた。

誕生と発達編集

初めて戦車が各国から実戦投入された戦争は第一次世界大戦であった。ヨーロッパを縦断して大規模に行われた西部戦線のような塹壕戦において、塹壕突破兵器としてのニーズが生まれた。戦車の嚆矢はイギリスにおける陸上軍艦(Landship)構想であった。その結果生まれた世界最初の戦車:マーク I 戦車は、両側面に2つの砲郭を有していた。

しかし、1917年に登場したルノー FT-17 軽戦車が採用した、全周旋回可能な砲塔を車体上部に搭載する形状が効率的な戦車のレイアウトとして確立され、その後の多くの戦車がそれに倣うようになった。

第一次大戦が終結し戦間期に入っても、新時代の兵器として戦車の研究開発が続けられた。しかし戦術思想的には進歩はなく、相変わらず戦車は塹壕突破が主目的とされた。

 
A1E1 インディペンデント重戦車

イギリス軍参謀本部の構想に基づき、1925年ビッカース・アームストロング社によって製造されたA1E1 インディペンデント重戦車は、歩兵と共同せずに単独で塹壕線を打通することを目的に作られた戦車で、車体中央の主砲塔の回りに機銃塔4基を配置した合計5基の砲塔を持つ多砲塔戦車であった。

インディペンデント重戦車は各国で注目されたが、大型でコスト高となる多砲塔戦車は1929年世界恐慌による軍備予算縮小もあって装備化が進められることはなかった(製造されたのは軟鉄製試作車が1輌のみ)。しかし、ソビエト連邦(ソ連)ではインディペンデント重戦車を参考にしたT-28中戦車T-35重戦車などが量産されることになり、特にT-28の生産数は500輌を超えた。なお、ソ連はイギリスに対してインディペンデント重戦車の購入を打診していたが、断られてしまった。そのため、T-35は砲塔のレイアウトこそインディペンデントと類似しているが、その他の点についてはソ連がインディペンデントの外観だけを参考に独自に組み上げた。

問題点編集

多砲塔戦車には、複数の方向へ死角無く機銃を配置することで、側方や後方からの攻撃を防御しようという意図があった。移動トーチカよりむしろ移動城砦である。戦車を多数投入して、お互いに防衛しあうといった思想ではなく、単独使用でも歩兵の肉薄攻撃に耐えうることを意図した発想である。特に側面攻撃から守られることは、戦車の敵陣突破を容易にすると考えられていた。だが、実際には得られる利点以上に数々の問題が生じた。

それは以下のような問題である。

  1. 大型化と重量増による機動力の低下(機動戦に対応出来ない)
  2. 重量軽減のために全体的に装甲が薄くなる(例えば、T-35の最大装甲厚は正面の30mmで、初期のIII号戦車と同等)(対戦車、対戦車砲への対抗力の不足)
  3. 複数の砲塔を持つため、車体規模に比して小型の主砲しか装備できず、火力に劣る(戦術面での運用づらさ)
  4. 操作人員の増加により戦車内の指揮の混乱が発生しやすい(マーク1からみられる、問題)。
  5. 高密度化された設計による整備性の低下
  6. 高価格
  7. 設計コンセプトが実戦にそぐわない(塹壕突破兵器としての多砲塔戦車の設計コンセプトとは裏腹に、第二次世界大戦において塹壕戦はさほど多くなかった。戦術のずれ)

側面・後方からの攻撃に対する防御という意図は、全周旋回砲塔上の主砲に同軸機関砲を装備し複数の戦車が協同するという方法で、より合理的に対応可能であった。

しかし、その大きさによる威圧的な外観は軍事力をアピールするには好都合で、軍事パレードなどで花形として展示されることもあった。設計コンセプトは歩兵支援に特化した重装甲の戦車として歩兵戦車などに残ったが、ソ連以外の国で多砲塔戦車が多数量産されることはなかった。

各国の多砲塔戦車編集

参考図書編集

  • 『歴史群像No.34多砲塔戦車』学習研究社、1998年

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、多砲塔戦車に関するカテゴリがあります。