メインメニューを開く

多羅尾伴内』(たらおばんない)は、1978年公開の日本映画小林旭主演、鈴木則文監督。東映東京撮影所製作、東映配給。併映『最も危険な遊戯』(松田優作主演、村川透監督)。
シリーズ二作目『多羅尾伴内 鬼面村の惨劇』も合わせて説明している。

多羅尾伴内
監督 鈴木則文
脚本 高田宏治
原作 比佐芳武
出演者 小林旭
八代亜紀
夏樹陽子
財津一郎
池部良
音楽 菊池俊輔
主題歌 霧の都会
撮影 出先哲也
編集 西東清明
製作会社 東映東京
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1978年4月8日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

企画は当時の東映社長・岡田茂[1]1978年小池一夫石森章太郎による劇画作品『七つの顔を持つ男 多羅尾伴内』の連載で再注目されたことを受け[1][2]これを原作として本格的な娯楽映画シリーズ復活を目指し[1]東映のかつてのドル箱シリーズだった片岡千恵蔵の当たり役を小林旭主演でリメイクした[1][3][4]。脚本は原作・比佐芳武の弟子である高田宏治が担当したが[5]、先の劇画作品からのストーリーは使用していない[3]。監督の鈴木則文は、1975年志穂美悦子主演の"女性版多羅尾伴内"『華麗なる追跡』を製作している[6]。小林旭が荒唐無稽なヒーローをてらいなく堂々と演じる他、ギター流しに扮して歌うシーンもあり、他に八代亜紀アン・ルイスキャッツ★アイの歌唱シーンもふんだんに配された歌謡映画となっている[6]。当初からシリーズ化を予定して年二本の製作を予定していた[1]。しかし一作目はクリーン・ヒットしたものの[4]同年二作目『多羅尾伴内 鬼面村の惨劇』は、グロい殺人シーンの乱れ射ちに観客がついて来れず不入りに終わり[7]、リメイクは二作品で打ち切られている[3]。これ以降、今日まで"多羅尾伴内"は全く映画化されていない[3]。 

ストーリー編集

超満員の観客で湧き返る東京K球場、日本シリーズ第五戦。九回裏逆転満塁サヨナラホームランを打った高塚が走り出した途端倒れ死ぬ。検死の結果、アイヌ熊狩りに用いる猛毒を使った針による他殺と判明する。翌朝、新聞社のカメラマン川瀬も同じ手口で殺された。川瀬の妹・ゆう子から伴内は真相究明を依頼される。伴内は調査を進めるうち、北海道でのある事件が関わっていることを突き止める[8][9]

製作経緯編集

脚本・撮影編集

小池一夫・石森章太郎による劇画作品は使わず、1955年の東映作品『多羅尾伴内シリーズ 隼の魔王』(三番打者怪死)[10]を再構成し脚色した[2]。冒頭の野球場のシーンは実際のプロ野球チームに似せたユニフォームを作成して俳優に着させて撮影している[6]。大騒ぎの客席は、王貞治の756号本塁打日本テレビの映像の盗用[6][11]。鈴木監督は当時、正月興行の『トラック野郎シリーズ』を手掛けており、その合間に撮影した。

逸話編集

  • 監督の鈴木則文は、本作の三年前に製作した志穂美悦子主演『華麗なる追跡』の劇中、志穂美に「ある時は○○、またある時は××、しかしてその実体は!」の名ゼリフを言わせる場面があり、これに比佐芳武が「俺に断りもなく、なんたる無礼、絶対に許さん」と激怒した。鈴木は幸田清天尾完次と一緒に比佐邸にお詫びに伺うと京都撮影所出身の三人の平身低頭に比佐はすぐ機嫌を直し、「わしの作品の中でやりたいものがあったら何でも再映画化してもいいぞ」と約束を取り付けていた[12]
  • 夏樹陽子がアイヌの女を演じ、復讐するアイドル歌手や野球選手のことを「ずっとテレビで見ていた。裁かれることのない日本人のアイドルたち」などと危ないセリフを吐きながらトリカブト毒薬を作る[6]。ショッキングな三崎奈美の殺人シーンは香月弘美の事件をヒントにしている[6]

キャスト編集

スタッフ編集

多羅尾伴内 鬼面村の惨劇
監督 山口和彦
脚本 掛札昌裕
原作 比佐芳武
出演者 小林旭
渥美国泰
北林早苗
北川たか子
鈴鹿景子
財津一郎
音楽 鏑木創
撮影 出先哲也
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映東京
配給   東映
公開   1978年8月12日
上映時間 88分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

シリーズ二作目編集

多羅尾伴内 鬼面村の惨劇

小林旭主演、山口和彦監督。1978年8月12日公開。併映『トラック野郎・突撃一番星』(菅原文太主演、鈴木則文監督)。

ストーリー編集

信州赤石山脈のある村の豪農・雨宮家で娘たちが次々に殺された。殺人現場あるいは死体の傍らには、いつも恐ろしい形相を彫り込んだ鬼面がくくりつけられていた。25年前、この雨宮家の跡取り娘・紀代が殺され、村の水車に半裸のままくくりつけられて以来、呪われたように殺人事件が続いていたのだった。鬼面村にやってきた伴内は早速事件の解明に乗り出す[4][13]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e キネマ旬報』1978年1月上旬号、 199頁。
  2. ^ a b 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2012年、168-174頁。ISBN 978-4-480-81838-6
  3. ^ a b c d 関貞三著、林家木久蔵編『多羅尾伴内 七つの顔の男』ワイズ出版、2005年、157-159頁。ISBN 978-4898301838
  4. ^ a b c 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』ぴあ、1998年、431-432頁。ISBN 4-89215-904-2
  5. ^ 桂千穂『にっぽん脚本家クロニクル』青人社、1996年、507頁。ISBN 4-88296-801-0「多羅尾伴内でカツドウ大写真を復活させたい 高田宏治」『キネマ旬報』1978年4月下旬号、 72-73頁。
  6. ^ a b c d e f 我らの娯楽映画王鈴木則文 ふたたび登場!!」『映画秘宝』、洋泉社、2008年6月、 59-60頁。
  7. ^ 『追悼!天尾完次』 シネマヴェーラ渋谷
  8. ^ 『多羅尾伴内 七つの顔の男』、159-161頁
  9. ^ 「日本映画紹介」『キネマ旬報』1978年4月上旬号、 189頁。
  10. ^ 多羅尾伴内シリーズ 隼の魔王 - 社団法人・日本映画製作者連盟
  11. ^ 「鈴木則文インタビュー」『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 8』シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、16-23頁。ISBN 978-4-401-75116-7
  12. ^ 『東映ゲリラ戦記』、163-165頁
  13. ^ 「グラビア、日本映画紹介」『キネマ旬報』1978年8月下旬号、 41-43、165-166頁。

外部リンク編集