メインメニューを開く

多賀 秀種(たが ひでたね)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将堀秀重の次男。

 
多賀 秀種
Taga Hidetane.jpg
時代 戦国時代後期 - 江戸時代初期
生誕 永禄8年(1565年
死没 元和2年(1616年)11月
改名 堀秀家(初名)→堀秀種→多賀秀種
別名 源助(通称)、鴎庵(号)
官位 従五位下、出雲
主君 堀秀政豊臣秀長秀吉堀秀治忠俊前田利常
越後国高田藩加賀藩
氏族 堀氏多賀氏
父母 父:堀秀重、養父:多賀貞能
兄弟 堀秀政秀種堀利重堀三政
生駒一正室、堀直重正室
秀誠

生涯編集

永禄8年(1565年)、堀秀重の次男として誕生。

近江国高島郡(現在の滋賀県高島市)の国人多賀貞能の婿養子となるが、天正10年(1582年)の本能寺の変に際して明智光秀に与したため改易となり、兄・秀政の家臣となり、8,000石を領した。兄の留守中に長く佐和山城の城代を務めた。

秀政の死後、豊臣秀長豊臣秀吉に仕え、小牧・長久手の戦い小田原征伐文禄・慶長の役などに従軍。大和神楽岡で2万石を領すが、関ヶ原の戦いで西軍に属し、大津城攻めに加わったため、再び改易された。甥の堀秀治を頼ったものの、慶長15年(1610年)、忠俊の代に堀氏も改易され、再び浪人となる。慶長20年(1615年)、大坂の陣が起こると、前田氏に属して戦功を立て、前田利常に6,000石で召し抱えられた。

元和2年(1616年)11月に死去。