多賀 秋五郎(たが あきごろう、1912年10月19日 - 1990年5月15日)は、日本の東洋史学者。

岐阜県出身。1949年東京文理科大学史学科東洋史卒、東京教育大学大学院教育研究科博士課程教育史専攻満期退学、1962年「宗譜の研究」で文学博士中央大学文学部助教授、1959年教授、1983年定年、名誉教授、国士舘大学教授。1978年紫綬褒章、1983年勲三等瑞宝章受勲。1985年「中国宗譜の研究」で日本学士院賞受賞[1]。アジア教育史、中国の同姓・血縁の集団である宗族の系譜、ほか郷里の飛騨史も研究した。

著書編集

  • 『飛騨史の研究』濃飛文化研究会 1941
  • 『教育史概説』中大出版社 1952
  • 『西洋教育史』岩崎書店 教育全書 教育原理編 1953
  • 『唐代教育史の研究 日本学校教育の源流』不昧堂書店 1953
  • 『中国教育史』岩崎書店 1955
  • 『近代日本教育史』岩崎書店 1956
  • 『近代学校の歴史』中央大学消費生活協同組合出版局 1960
  • 『宗譜の研究 資料篇』東洋文庫〈東洋文庫論叢 第45〉 1960
  • 『学校教育論』岩崎書店 1967
  • 『近代中国教育史資料 清末編』日本学術振興会 1972
  • 『道徳と教育』成文堂 1972
  • 『学校の歴史』中央大学生活協同組合出版局 1974
  • 『近代中国教育史資料 民国編』日本学術振興会 1973-1975
  • 『近代中国教育史資料 人民中国編』日本学術振興会 1976
  • 『道徳と歴史 多賀秋五郎講義集上巻』中央大学生活協同組合出版局 1979
  • 『中国宗譜の研究』日本学術振興会 1981-1982
  • 『濃飛史研究序説』教育出版文化協会 1989

編著編集

  • 『飛騨文化史概観』後藤吉郎共編 平田書店 1943
  • 『近世アジア教育史研究』編著 文理書院 1966
  • 『近世東アジア教育史研究』編著 学術書出版会 1970
  • 『近代アジア教育史研究』編著 岩崎学術出版社 1969-1975
  • 『古代アジア教育史研究』編著 日本学術振興会 1977
  • 『中世アジア教育史研究』編著 国書刊行会 1980
  • 『現代アジア教育史研究』編著 多賀出版 1983

記念論文集編集

  • 『アジアの教育と社会 多賀秋五郎博士古稀記念論文集』磯辺武雄編著 不昧堂出版 1983
  • 『アジアの教育と文化 多賀秋五郎博士喜寿記念論文集』巌南堂書店 1989

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]