メインメニューを開く

多門 二郎(たもん じろう、1878年明治11年)9月10日[1][2] - 1934年昭和9年)2月15日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

多門 二郎
Jiro Tamon Close-up.jpg
多門二郎(1933年3月)
生誕 1878年9月10日
日本の旗 日本 静岡県
死没 (1934-02-15) 1934年2月15日(55歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1900年 - 1933年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 中将
テンプレートを表示
多門二郎

経歴編集

静岡県出身[1][2][3]。医師・多門信夫の二男として生まれる[1]高等小学校陸軍幼年学校を経て、1899年(明治32年)11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し[2]、翌年6月、歩兵少尉に任官し歩兵第4連隊付となる[1][3]仙台陸軍地方幼年学校生徒監などを経て、歩兵第4連隊小隊長として日露戦争に出征した[1][2]。歩兵第4連隊副官、歩兵第3旅団副官などを歴任し、1909年(明治42年)12月、陸軍大学校(21期)を卒業した[1][2][3]

陸士教官、第6師団参謀歩兵第62連隊大隊長、陸大教官、欧州出張、歩兵第27連隊付(尼港派遣隊長)などを歴任[1][3]尼港事件の際、多門支隊長として救援に向かった[2]サガレン州派遣軍参謀、歩兵第2連隊長、第4師団参謀長を経て、1924年(大正13年)2月、陸軍少将となる[1][3]

歩兵第6旅団長、陸大付、参謀本部第4部長、陸大幹事などを歴任し、1929年(昭和4年)8月、陸軍中将となり陸大校長に就任[1][2][3]。以後、第2師団長に親補され[1][3]満州に駐屯、満州事変が勃発し諸作戦に従軍した[2]1933年(昭和8年)1月、内地に帰還し[1]、仙台市民から熱狂的な歓迎を受ける[要出典]。そのため市内の大通りの一つ(南町通り)は「多門通り」と改名された[要出典]。同年8月、待命となり予備役に編入された[1][2][3]

栄典編集

親族編集

著書編集

  • 『余ガ参加シタル日露戦役』兵事雑誌社、1910年。
  • 『日露戦争日記』新装版、芙蓉書房出版、2004年。
  • 『弾雨を潜りて』織田書店、1927年。

伝記編集

  • 『多門将軍』仙台市教育会、1933年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、94頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本陸軍将官辞典』467-468頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』156-157頁。
  4. ^ 『官報』第2032号「叙任及辞令」1933年10月7日。

文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。