夜ごとの夢』(よごとのゆめ)は、1933年に公開された成瀬巳喜男監督の日本のサイレント映画[1]

夜ごとの夢
Every-Night Dreams
監督 成瀬巳喜男
脚本 池田忠雄
原作 成瀬巳喜男
出演者 栗島すみ子
斎藤達雄
吉川満子
主題歌 「ほんとにさうなら」
撮影 猪飼助太郎
製作会社 松竹キネマ松竹キネマ蒲田撮影所[1]
配給 松竹キネマ[2]
公開 日本の旗1933年6月8日[1]
上映時間 64分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

この映画は、大恐慌時代の日本で息子を養うためにバーのホステスとして働くシングルマザーの奮闘している姿を描いている。

プロット編集

おみつ(栗島すみ子)は、係留中の船乗りを楽しませる港のバーでホステスとして働いている[3]。おみつは息子の文坊(小島照子)を一人で支え、ベビーシッターをしている夫婦(新井淳と吉川満子)と同じアパートに住んでいる。

ある日、疎遠になった夫の水原(斎藤達雄)が、息子に会いにやってくる[3]。水原はおみつに和解するように説得する。水原は家族の世話をするつもりだと宣言するが、病気がちで、仕事を見つけることができない[3]

ある日、遊んでいた文坊が車にひかれ、負傷していて入院が必要になる[3]

スタッフ編集

以下のスタッフ名等は特に記載がない限りKINENOTEに従った[1]

キャスト編集

 
左から栗島すみ子、小倉繁、大山健二

以下の出演者名と役名はallcinemaに従った[3]

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e kinenote.
  2. ^ a b c d 国立映画アーカイブ.
  3. ^ a b c d e allcinema.
  4. ^ JMDb.
  5. ^ "キネマ旬報ベスト・テン1933年・第10回". キネマ旬報社. 1933. 2021年12月22日閲覧

参考文献編集

外部リンク編集