夜の蝶

夜の蝶』(よるのちょう)は、1957年(昭和32年)7月28日に公開された日本映画

夜の蝶
監督 吉村公三郎
脚本 田中澄江
原作 川口松太郎
製作 永田雅一
製作総指揮 川崎治夫(企画)
出演者 京マチ子
山本富士子
音楽 池野成
撮影 宮川一夫
製作会社 大映
配給 大映
公開 日本の旗 1957年7月28日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

銀座の酒場に生きる女たちの執念あふれる世俗的な作品。この映画化の元は「中央公論」の川口松太郎の小説である。「夜の蝶」という表現は一般に水商売を営む女性を指すのに用いられる。

目次

ストーリー編集

マダム・マリは銀座の一流バー「フランソワ」を経営し、政治や経済に携わる一流有名人との社交も上手く敏腕経営者としても知られる。

その銀座に、京都の舞妓上りのおきくが事実上の殴りこみとして、バーを開くことになった。おきくは各酒場に挨拶廻りするが、その中にはマリの妹分けいのバーもあった。おきくは、けいの恋人で女給周旋業の秀二に現ナマ五万円を積み、女給の周旋を依頼、マリの陣営の一角を切り崩す。

マリも負けじと対抗、この戦は夜の銀座の話題となる。マリとおきくの因縁は古く、かつて大阪で結婚したマリの夫が京都に囲った女がおきくだったのである。おきくはマリの夫の死後、京都にバーを出し、一方、自分とは二回りも歳の離れた現役医学生、原田に学費をみつぎ、将来の結婚を夢みている。

こうして二人のマダムは鎬をけずり合っていたが、ここに関西のデパート社長白沢が東京に進出すべく、腹心の木崎を参謀格に登場、マリ・おきくの戦いはますます白熱化することになった。というのは、マリは白沢に岡惚れだったが、白沢は実はおきくのパトロンで、彼女の銀座進出に骨折り、正式の結婚さえ望んでいた。おきくの本心は原田との結婚にあったが、原田は同僚の女性浅井と結ばれて、おきくの申出は断わられた。一方、白沢の東京進出は木崎の裏切によって敗れたが、そのことを知ったマリは積極的に白沢に近づき、二人は白沢の別荘へ泊まるべく夜の京浜国道を車を駆った。

二人のことを聞いたおきくは、白沢にいいたい事があるといって、自ら車を運転、二人のあとを追ったが、途中で車がぶつかり合い、マリ・おきくはあっけなく死んでしまった。

キャスト編集

スタッフ編集

背景とモデル編集

原作の川口松太郎の『夜の蝶』は、当時銀座で人気を二分していたクラブ・ママ、『エスポワール』の川辺るみ子と『おそめ』の上羽秀がモデルである。小説では、川辺がマチ、上羽がお菊の名で二人の確執が描かれている。小説と映画のヒットにより、「夜の蝶」「ホステス」などの言葉が流行語になり、マスコミで大きく取り上げられた[1]。るみ子と秀はライバル同士ではあったが、後年秀が店をたたむ際、るみ子にだけ打ち明け、二人で抱き合い泣いたという[2]

テレビドラマ編集

本作を原作とするテレビドラマが、1962年12月27日日本テレビ系列の『武田ロマン劇場』(武田薬品工業一社提供木曜20:45 - 21:30)で放送。主演は淡島千景。また後に声優として活躍する八代駿も出演している[3]

キャスト編集

スタッフ編集

日本テレビ系列 武田ロマン劇場
前番組 番組名 次番組
夜の蝶
(ドラマ版)

脚注編集

外部リンク編集