夜への長い旅路』(よるへのながいたびじ、Long Day's Journey Into Night)は、アメリカの劇作家ユージン・オニールの作による戯曲。オニールの遺作である。

概要編集

“アメリカ近代劇の父”と称される劇作家ユージン・オニールが、自身の青春時代における家族の凄惨な姿を描いた自伝劇であり[1]、オニールは死後に本作で4度目のピューリッツァー賞を獲得している[1]

2021年日本での上演編集

フィリップ・ブリーンの演出、木内宏昌の翻訳・台本、大竹しのぶの主演による上演[2][3]。“海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズ”として2016年にスタートしたシアターコクーン「DISCOVER WORLD THEATRE」シリーズの第10弾[2]。主演の大竹がオニール作の舞台に出演するのは、2004年の『喪服の似合うエレクトラ』以来2度目となる[4]。本作に出演する杉野遥亮は初の舞台出演となる[2]

公演情報編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 作:ユージン・オニール
  • 翻訳・台本:木内宏昌
  • 演出:フィリップ・ブリーン
  • 美術・衣裳:マックス・ジョーンズ
  • 照明:勝柴次朗
  • 音楽:パディ・カニーン
  • 音響:長野朋美
  • ヘアメイク:佐藤裕子
  • アソシエイト・デザイナー:ルース・ホール
  • 美術助手:原田愛
  • 衣裳助手:桜井麗
  • 演出助手:加藤由紀子
  • 通訳:時田曜子、伊藤美代子、鈴木なお
  • 舞台監督:足立充章
  • 企画・製作:Bunkamura

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集