メインメニューを開く
水木しげるロードに設置されている「夜行さん」のブロンズ像

夜行さん(やぎょうさん)は、阿波国(現・徳島県)に伝わる妖怪

概要編集

大晦日節分庚申の日、夜行日(陰陽道による忌み日。正月・2月子日、3月・4月午日、5月・6月巳日、7月・8月戌日、9月・10月未日、11月・12月辰日)に現れ、首切れ馬(首のない馬の妖怪)に乗って徘徊する[1]。遭遇してしまった人は投げ飛ばされたり、馬の足で蹴り飛ばされたりしてしまう。そのためかつては、人々は前述の出現日の夜の外出を控えるよう戒められていた。運悪く遭遇してしまった場合は、草履を頭に載せて地面に伏せていると、夜行さんは通り過ぎて行くので、この難から逃れることができるという[2]

三好郡山城谷村政友(現・三好市)では髭の生えた片目であり、家の中でその日の食事のおかずのことを話していると、夜行さんが毛の生えた手を差し出すという[3]。また高知県高岡郡越知町野老山(ところやま)付近では夜行さんをヤギョーといい、錫杖を鳴らしながら夜の山道を通るというが、姿形は伝えられていない[4]

前述のように、一般には夜行さんは首切れ馬に乗っているものといわれるが、夜行さんと首切れ馬は必ずしも対になっているわけではなく、むしろ首切れ馬単独での伝承のほうが多い。特に吉野川下流から香川県東部の地域においては、首切れ馬に乗ったこの鬼ではなく、首切れ馬そのもののことを夜行さんと呼び、節分の夜に現れるといわれる[1]

また徳島県では大晦日、節分の夜、庚申の夜、夜行日などは魑魅魍魎が活動する日とされ、夜歩きを戒める日とされた。元来、夜行日とは祭礼の際に御神体をよそへ移すことをいい、神事に関わらない人は家にこもり物忌みをした。その戒めを破り神事を汚したものへの祟りを妖怪・夜行と呼ぶようになったとの説もある[5]

他地域での夜行さん編集

 
八王子市の夜行さんの伝承の背景になった高月城の遠景

東京都八王子市では、夜行さんは首なし馬に君が乗る姿で見られる。八王子の昔話によれば、昔、八王子の滝山丘陵にあった高月城が敵軍の襲撃を受けたおりに、城の姫が馬に乗って逃亡するが、馬は敵兵に発見されて首をはねられ、首のないままで疾走し、そのまま天へと昇った。それ以来姫と首なし馬は満月の夜に八王子を徘徊し、その姿を見たものは必ず不幸になるのだという[6]

近年でも八王子で目撃され[7]、深夜に人気のない通りを後ろから「カポカポ」とアスファルトを叩く音が背後でするが、振り返るが姿は何も見えないという。また四つ角で、上半身が女、下半身が馬のケンタウロスのような怪物が、右から左へ猛スピードで走り横切るのを見た目撃談が伝えられている[5]。ただしこの八王子の夜行さんは、徳島の伝承の夜行さんとはまったくの別種で、おしら様に類するものとの説もある[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著『日本妖怪大事典』角川書店〈Kwai books〉、2005年、280-281頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  2. ^ 柳田國男監修 民俗学研究所編『綜合日本民俗語彙』第4巻、平凡社、1977年、1616頁。
  3. ^ 武田明「節分」『民間伝承』3巻2号、民間伝承の会、1937年10月、 7頁。
  4. ^ 桂井和雄「土佐の山村の妖物と怪異」『旅と伝説』15巻6号、三元社、1942年6月、 25頁。
  5. ^ a b 河合清志編『呪匣 実録怪話集 報告!! 投稿!! 闇に蠢く奇妙なモノたちのすべて!!』一水社〈いずみムック〉、2006年、80-81頁。ISBN 978-4-87076-925-0
  6. ^ 菊地正監修『八王子のむかしばなし』八王子市、1988年、66-67頁。
  7. ^ 目撃時期は一水社『呪匣』で「近年」と記載されているのみで、正確にいつ頃かは記載されていない。
  8. ^ 山口敏太郎『江戸武蔵野妖怪図鑑』けやき出版、2002年、110頁。ISBN 978-4-87751-168-5

関連項目編集