メインメニューを開く

夜霧のしのび逢い』(よぎりのしのびあい、原題: Τα κόκκινα φανάρια、英題: The Red Lanterns)は、1963年に製作されたギリシャ映画。ギリシャの港町ピレウスを舞台とした娼婦たちの物語[4][5]モノクロ作品[4]

夜霧のしのび逢い
Τα κόκκινα φανάρια
監督 ヴァシリス・ジョルジアディス
原作 アレコス・ガラノス
出演者 ジェニー・カレツィ
ジョージ・ファウンダス
ディミトリス・パパミカエル
音楽 スタヴロス・サルカコス
撮影 ニコス・ガルデリス
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画[1]
公開 ギリシャの旗 1963年12月2日
アメリカ合衆国の旗 1965年3月31日[2]
日本の旗 1965年11月16日
上映時間 123分[3] / 132分[4]
製作国 ギリシャの旗 ギリシャ
言語 ギリシャ語
テンプレートを表示

1965年日本での公開にあたり、クロード・チアリによる大ヒット曲「La playa」が主題曲に差し替えられ、邦題「夜霧のしのび逢い」として日本国内で流行したことでも知られる[6]

ストーリー編集

港町の娼館に身を置くエレニには、身元を明かさないまま交際している恋人ペテロがいた。同僚の他の娼婦たちも客として出会った男などと恋に落ち、公娼制度が廃止されて娼館を立ち退く日まで、それぞれの再出発への情愛と哀愁のドラマがあった[1]

エレニに好意を持っていた支配人のミハイルは、彼女に娼館とは縁のない恋人がいるのを知ると嫉妬し、ペテロに彼女の正体をばらしてしまう。そしてペテロは彼女のもとを去っていく[1]

みんなが娼館を引き払う日がやってきた。そこへエレニとやり直す決意をしたペテロが現れて再会する。二人は抱き合って愛を誓う。最後に掃除婦のカテリーナがともに老いた恋人と歩いて歓楽街を去っていく[1]

キャスト編集

スタッフ編集

[1][4]

映像ソフト編集

VHS

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 夜霧のしのび逢い : 作品情報”. 映画.com. 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ Ta kokkina fanaria (1963) - Release Info” (英語). IMDb. 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ 夜霧のしのび逢い”. ぴあ映画生活. 2017年5月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e Ta kokkina fanaria (1963)” (英語). IMDb. 2017年5月22日閲覧。
  5. ^ Τα κόκκινα φανάρια (1963)” (ギリシャ語). Greek-Movies. 2017年5月22日閲覧。
  6. ^ 平成17年度西宮市民文化賞受賞者紹介(クロード・チアリさん)”. 西宮市. 2017年5月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集