メインメニューを開く

夢翔る人/色情男女』(ゆめかけるひと しきじょうだんじょ、原題:色情男女、英題:Viva Erotica)は1996年公開の香港映画

夢翔る人/色情男女
色情男女
Viva Erotica
監督 イー・トンシン
脚本 イー・トンシン
ロー・チーリョン
ボスコー・ラム
製作 キャサリン・ハン
出演者 レスリー・チャン
カレン・モク
スー・チー
音楽 クラレンス・ホイ
撮影 ジングル・マ
配給 ポニーキャニオン
公開 香港の旗 1996年11月28日
日本の旗 1998年8月29日
上映時間 99分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
テンプレートを表示

概要編集

レスリー・チャン主演の業界モノ(特に映画の内幕モノ)のコメディ映画であり、ピンク映画業界が舞台ということで、同時期に公開になったポルノ業界の表と裏を描いた『ブギーナイツ』とも比較された。映画の目線はティム・バートン監督の『エド・ウッド』が近く、世間で低く見られがちな映画を作っている人々をユーモアを絡めて愛すべき人々として描いている。その他にフェリーニ監督の『8 1/2』(『NINE』の原作)や、トリュフォーの『アメリカの夜』など、悩める監督の姿を描いた多くのコメディ映画があるが、この映画のようにピンク映画のジャンルの裏側を描いた映画は多くない。

なお、主演のレスリー・チャンは、それまで出演した作品の中でこの映画が一番好きな映画として挙げている。

スタッフ編集

キャスト編集

あらすじ編集

ココ最近ヒット作を出せずにいる映画監督のシン(レスリー)は、婦人警官の恋人メイ(カレン・モク)と同棲中。ある日、シンのところにプロデューサーのチャン(ロー・ガーイン)から脚本が売れた知らせが入る。メイと喜びを交わすのも束の間で、何とシンはポルノまがいの映画を撮ることになってしまい、芸術志向のシンは悩む。しかも女優のモニク(スー・チー)はわがままときている。シンのすったもんだの波乱の映画製作の幕開けになるが……。

受賞編集

  • 香港電影金像奨最優秀助演女優賞と最優秀新人賞をダブル受賞(スー・チー)。
  • 1996年度香港映画監督協会選出優秀映画 香港映画監督協会が選出する1996年度の3本の推薦映画に選ばれる。

関連映画編集

外部リンク編集