メインメニューを開く

夢 虹二(ゆめ こうじ、1912年大正元年)8月11日 - 1989年平成元年)7月12日)は昭和期の作詞家。主に童謡歌謡曲の作詞を手がけた[1]。本名須永孝一郎

経歴編集

埼玉県加須市出身。日本大学商学科中退。

古本で1円で買った北原白秋全集を読んだことが、作詞家を志すきっかけとなった[1]1955年キングレコードの専属となる。代表作には、童謡「すうじのうた[2]」「とんぼの中にぼくがいる[1]」「北風こぞう[1]」、歌謡曲「まつの木小唄[1]」「ハマの女」などがある。また、18年間日本童謡協会事務局長を務めた。

1972年日本作詞大賞童謡賞受賞。

1988年、第18回日本童謡賞特別賞。

1989年7月12日死去。享年76。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 読売新聞文化部『唱歌・童謡ものがたり』岩波書店、1999年、227頁。ISBN 4-00-023340-8
  2. ^ 『唱歌・童謡ものがたり』226頁。