メインメニューを開く

大かうさまくんきのうち』(たいこうさまぐんきのうち)は、太田牛一が記した豊臣秀吉の一代記。書名は「太閤様軍記の内」の意で、その名の通り、牛一が著した『太閤軍記』(二巻本)の内から抜粋した選集であるが、元本が現存しないため内容も唯一のものとなっている。成立は1610年慶長15年)前後と推定される[1][2]

慶應義塾大学が牛一自筆の同書を保有しており、太閤秀吉の軍記物としては、現存する最古の書で、1974年6月に重要文化財に指定された[1][2]

目次

書籍情報編集

刊本編集

  • 慶應義塾大学附属研究所編 『大かうさまくんきのうち』 汲古書院〈斯道文庫古典叢刊〉、1975年。 ASIN B000J9GMIG
  • 中村孝也等編、「太閤さま軍記のうち」 『戦国史料叢書. 第1 太閤史料集』 人物往来社、1965年、147-224頁。 

関連図書編集

部分を収録して解説
  • 小林千草 『太閤秀吉と秀次謀反-『大かうさまくんきのうち』私注』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1996年。ISBN 4480082999 
  • 小林千草 『『大かうさまぐんき』を読む: 太田牛一の深層心理と文章構造』 東海大学出版部〈東海大学文学部叢書〉、2017年。ISBN 4486021193 

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集