メインメニューを開く

大ノ海 久光(おおのうみ ひさみつ、1916年3月20日 - 1981年9月20日 )は、元大相撲力士、元花籠親方。最高位は西前頭3枚目。秋田県南秋田郡井川町生まれ。本名は中島 久光(旧姓工藤)。現役時代の体格は176cm、99kg。得意手は左四つ、寄り[1]

人物編集

祖父が村会議員を務め、父の三兄弟は相撲大会があれば賞品をせしめる村相撲の強豪だったことから、家から江戸相撲の関取を出したいという共通の夢を持つ地主の家で育ち、叔父の養子となる[2]

秋田の歩兵第17連隊に入隊し、師団対抗相撲大会で優勝、弘前師団大隊長の秩父宮から優勝カップをいただき、「秋田の連隊に力の強い男がいる。」と有名になった。井筒部屋出羽海部屋からも誘いが来たが、現役横綱で二所ノ関二枚鑑札の玉錦が連隊長に直訴し、相撲好きの連隊長が除隊を認め、玉錦が井筒部屋と出羽海部屋に、部屋の力士に稽古をつけるから譲ってほしいと詫びを入れた結果、二所ノ関部屋に入門、若ノ花四股名1937年1月場所で初土俵を踏む[3]。20歳という遅いスタートであった。玉錦が急死したために指導を受けたのは2年足らずだったが、その後の人生に大きな影響を受ける[4]幕下時代に大ノ海と改名、1943年1月場所新十両1944年11月場所新入幕[1]、結婚して中島姓になると赤紙が来て秋田第17連隊に召集され入隊すると、かつての同僚たちが上官になっていて、「太りすぎていて兵隊として不適格」という理由とする温情で東京へ戻された[5]。軽量であったが力は強かった。しかし、決め技がなく相撲の遅いタイプだった。稽古が嫌いでカレーを食べることだけが楽しみという無欲な性格も出世を妨げたと言われている[要出典]

1945年3月の東京大空襲で二所ノ関部屋は焼失、東京杉並区の真盛寺に間借りをする。これが阿佐ヶ谷との縁の始まりだった[6]。玉錦の後を引き継いだ玉ノ海が、「幕内まで昇進した者には内弟子を採用して分家独立することを奨励する」方針を打ち出したことから、大ノ海も弟子育成を志し、室蘭から若ノ花をスカウトして真盛寺へ連れてきて、若ノ花は内弟子第一号として二所ノ関部屋に入門、1946年初土俵を踏んだ[7]。現役中の1948年に幕内昇進後から師範を務めていた縁もあり、杉並区阿佐ヶ谷にあった日本大学相撲部合宿所に「大ノ海道場」を設立、隣接地に部屋の建設を始めて内弟子を育成する[8][9]

1951年、「アメリカへの相撲紹介」を目的とした訪米団が構想されると、部屋建設資金稼ぎを目的に訪米団に入り、団長の4代高砂(前田山)と共に訪米しリングにあがると、現役レスラーとの興業がバカ受けする[10]。「君ならレスラーとして大成するからアメリカへ残らないか。」と、全米プロレス協会会長からスカウトされ、死ぬまで食える金が保証されることもあり迷うが[11]、「君には弟子がいるのだから、すべてを水に流して協会に戻りなさい。」と出羽海理事長に諭されたこともあり帰国する[12]。帰国すると、米国から大金を持って帰ってくると早合点した大工が部屋の建物を建ててくれていた。若ノ花は「師匠が米国でレスラーになるなら自分も訪米するつもりだったという[13]

1952年5月場所の引退後(番付上、実質は同年1月場所引退[1])は4代高砂から名跡を借りて芝田山部屋を興し、のちに名跡を替え花籠部屋に変更する。「いつか阿佐ヶ谷に天皇賜杯と優勝旗を運びたい、横綱を育てたい。」と志し、毎朝3時に起きて市場に食料の買い出しをして、5時に部屋へ戻ってあけても暮れても若ノ花の稽古台を務めた[14]。本家・二所ノ関部屋の巡業組合から外され、幕内力士が若ノ花だけの陣容で僻地を巡業して食いつなぐ状況で、質屋通いは当たり前で支払が滞るため米屋も酒屋も何度も変えざるを得ない「日本一の貧乏部屋」だったことから出羽海理事長から「やっていけるのか」と心配されるほどだったが[15]、若ノ花の躍進とともに経営も軌道にのった。若い頃の四股名を譲った第45代横綱若乃花を筆頭に2横綱(もう1人は第54代輪島)1大関魁傑)を含め、三役以上を8人など関取(十両以上)を27人育て、目立った活躍がなかった現役時代とは対照的に弟子育成に大きな功績を残し、名伯楽と称賛された。

特に1961年9月場所から1962年1月場所にかけては現役幕内力士7人「花籠七若」(第45代横綱若乃花若ノ海若秩父若三杉若ノ國若駒若天龍)を擁した[16]。のびのびと育て、持てる力を最大限に発揮させる方針で育成、自分が横綱になれなかったからこそ力士の持つ個性を的確に早くつかみとり、親方として立場は変わったと一日も早く頭を切り替えて指導する考えを本田宗一郎との対談で話したところ意気投合したという[17]

花籠部屋のみならず分家独立した二子山部屋からは第56代横綱若乃花(2代)、第59代横綱隆の里の2横綱と貴ノ花若嶋津の2大関、放駒部屋からは第62代横綱大乃国と、阿佐ヶ谷にある本家・分家から横綱・大関以下多くの大勢の関取を輩出したことから阿佐ヶ谷勢と称される一大勢力を築き上げ、一時は花籠一門を称した[18][1]

協会理事としても長きにあたって活躍し、1968年の時津風理事長急死の際は、計数に明るく頭も抜群に切れる出羽海一門の総帥である武蔵川理事を後任理事長に推薦[19]、1974年には伊勢ケ浜を反出羽海一門候補として擁立しようとしていた本家二所ノ関に反して若い春日野理事長(出羽海一門)を擁立し[20]、事業部長を務めた。1975年の押尾川騒動では二所ノ関一門の長老として調停役を果たした[21]

1981年、停年(定年)の10日前に弟子で娘婿(後に解消)の輪島に部屋を譲るため廃業(退職)した。後見として輪島を支える間も僅か、膵臓癌により同年9月に逝去。享年65。従五位勲四等瑞宝章を追贈される。9月場所後の輪島の引退相撲断髪式では、土俵上で遺族が輪島の傍らに立ち、大ノ海の遺影を掲げ、二子山が止め鋏を入れた。

1951年アメリカ巡業中にプロレスから勧誘されたことも知られているが、自身の四股名を譲った弟子大ノ海敬士が引退後にプロレスラーになったことも因縁めいている。息子(本名:中島克治)も大ノ海の四股名で幕下力士だった。アメリカ巡業の影響なのか戦後から洋食に傾倒し、和食は一切食べなくなったという[要出典]

現役時代に4代高砂(元横綱前田山)と共にアメリカ巡業でプロレスラーを相手に戦ったのは独立のための資金稼ぎであり、このアメリカ生活によって大ノ海は番付を十両まで落としており、帰国した時若ノ花は小結まで番付を上げていた。絵に描いたような師弟逆転であり、若乃花は後に「あれはどうにもサマにならなかった」と自著の中で述懐している[22]

因みに若乃花の四股名は、弟子の初代若乃花幹士(花田勝治)を初代、その弟子の2代若乃花幹士(元若三杉壽人、下山勝則)を二代目、初代の甥若乃花勝(花田勝)を三代目として数えることが一般的であるが、初代若乃花幹士は師匠である大ノ海に敬意を表し、「私の師匠(大ノ海)が初代若ノ花であり、自分は二代目である」と語っていた[23]

「私の苦労の道は、若乃花の努力の道である。若乃花との一心同体の経営が花籠部屋を築き上げた。」と述べており[24]、花籠親方が食料調達など経営に精力を注ぎ、稽古場はもっぱら部屋頭の若乃花が、本家・二所ノ関部屋仕込みの「二所の荒稽古」で指導した[25]。孫弟子にあたる貴ノ花は、「花籠親方とうちの師匠(若乃花)ほど仲のいい師弟はいない。」と述べ[26]、花籠部屋から二子山部屋の分家独立ほど円満な独立は珍しかったという[27]

因みに、場所を巡業によって休場したのはアメリカの巡業先との契約延長によって帰国が間に合わなかったためである。正当な理由なしに本場所を休場したため、協会内では厳しい処分や通常の全休相当の番付降下が当然という議論も噴出したが、相撲普及の功績が認められ、休場した9月場所は5勝10敗相当の下降幅に留めるという措置が為された[28]

大ノ海の死後、1982年4月に輪島に嫁いだ長女の五月が自殺を図り失敗、その後離婚。また、若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた妻のトミは、「日本一の貧乏部屋」と評され布団まで質に入れる[29]など辛酸を舐めながら苦労を重ねて隆盛させた花籠部屋が1985年12月に輪島の不祥事で消滅したことを苦に、翌1986年5月23日の夕刻、老後のために購入した八王子市横川町の別荘の物置で、鴨居に電気コードをかけ縊死自殺を遂げた。享年65。

主な成績編集

  • 通算成績:172勝174敗3分6休 勝率.497
  • 幕内成績:88勝108敗3分2休 勝率.449
  • 現役在位:35場所
  • 幕内在位:16場所

場所別成績編集

 

                                                               
大ノ海 久光
春場所 夏場所 秋場所
1937年
(昭和12年)
(前相撲) 東序ノ口14枚目
5–2 
x
1938年
(昭和13年)
西序二段13枚目
5–2 
東三段目25枚目
3–4 
x
1939年
(昭和14年)
西三段目27枚目
5–2 
東幕下41枚目
5–3 
x
1940年
(昭和15年)
西幕下21枚目
3–1 
西幕下17枚目
4–4 
x
1941年
(昭和16年)
西幕下12枚目
3–5 
東幕下19枚目
4–4 
x
1942年
(昭和17年)
東幕下18枚目
4–4 
東幕下10枚目
7–1 
x
1943年
(昭和18年)
西十両14枚目
10–5 
西十両5枚目
6–9 
x
1944年
(昭和19年)
東十両10枚目
10–5 
西十両3枚目
7–3 
東前頭16枚目
4–5
1痛分
 
1945年
(昭和20年)
x 西前頭12枚目
3–4 
西前頭17枚目
5–4
1分
 
1946年
(昭和21年)
x x 西前頭8枚目
3–10 
1947年
(昭和22年)
x 東前頭12枚目
8–2 
東前頭6枚目
2–9 
1948年
(昭和23年)
x 東前頭16枚目
7–3
1分
 
東前頭11枚目
6–5 
1949年
(昭和24年)
東前頭9枚目
7–6 
東前頭8枚目
5–10 
東前頭12枚目
11–4 
1950年
(昭和25年)
西前頭3枚目
5–10 
西前頭8枚目
7–8 
東前頭10枚目
7–8 
1951年
(昭和26年)
東前頭11枚目
3–12 
東前頭18枚目
5–8–2[30] 
西十両筆頭
休場
0–0–15
1952年
(昭和27年)
西十両6枚目
3–12 
西十両13枚目
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1951年9月場所はアメリカ巡業のため出場不能だった。

改名歴編集

  • 若ノ花(わかのはな)1937年1月場所 - 1941年5月場所
  • 大ノ海 久光(おおのうみ ひさみつ)1942年1月場所 - 1952年5月場所

年寄変遷編集

  • 芝田山 久光(おおのうみ ひさみつ)1952年5月 - 1953年5月
  • 花籠 久光(はなかご ひさみつ)1953年5月 - 1981年3月(廃業)

師匠編集

弟子編集

参考文献編集

  •  石井代蔵 『土俵の修羅』時事通信社、1978
  •  石井代蔵 『大関にかなう』文藝春秋、1988
  •  小坂秀二 『栃若時代 : 二人の名力士に見る大相撲戦後昭和史 』光人社、1988
  •  二子山勝治『土俵に生きて : 若乃花一代』東京新聞出版局 、1989
  •  二子山勝治『厳しく美しい土俵』ベースボール・マガジン社 、1989
  • 『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』杉並区立郷土博物館 、1991
  •  川端要壽 『土俵の鬼二子山勝治伝 』河出書房新社 、1992
  • 『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』 ベースボールマガジン社、2017
  • 常盤山・加藤高明『若秩父ーッ。 : 〇●の世界を生きて50年』上毛新聞社、2004
  • 『最強の横綱 私の履歴書 時津風定次, 二子山勝治, 大鵬幸喜』 日本経済新聞社、2006

著書編集

  • 『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 1977

脚注編集

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p34
  2. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P10
  3. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P19
  4. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P34
  5. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P45
  6. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P45
  7. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P49
  8. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P51~52
  9. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p40
  10. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P58~59
  11. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P65
  12. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P67
  13. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P69
  14. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P74
  15. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P78
  16. ^ 杉並区立郷土博物館編「大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史」1991.11
  17. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P148
  18. ^ 杉並区立郷土博物館編「大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史」1991.11
  19. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P161
  20. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P162
  21. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P165
  22. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』P67~73「本家に勝る隆盛誇った阿佐ヶ谷勢、有為転変の歴史 花籠部屋・二子山部屋」大見信昭
  23. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』P67~73「本家に勝る隆盛誇った阿佐ヶ谷勢、有為転変の歴史 花籠部屋・二子山部屋」大見信昭
  24. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P95
  25. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』P67~73「本家に勝る隆盛誇った阿佐ヶ谷勢、有為転変の歴史 花籠部屋・二子山部屋」大見信昭
  26. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P97
  27. ^ 石井代蔵 (1977年). 土俵の修羅. 時事通信社. 
  28. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年3月号 p.62
  29. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』P67~73「本家に勝る隆盛誇った阿佐ヶ谷勢、有為転変の歴史 花籠部屋・二子山部屋」大見信昭
  30. ^ 盲腸炎により9日目から途中休場、12日目から再出場

関連項目編集