メインメニューを開く
 
大中臣輔親
時代 平安時代中期
生誕 天暦8年(954年
死没 長暦2年6月2日1038年7月6日
別名 号:四条または岩出
官位 正三位神祇伯
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 大中臣氏
父母 父:大中臣能宣、母:藤原清兼娘
兄弟 輔親、輔長、輔□、宣理、源兼澄
蔵命婦
輔隆、伊勢大輔、大中臣守孝室
テンプレートを表示

大中臣 輔親(おおなかとみ の すけちか)は、平安時代中期の公卿歌人神祇大副大中臣能宣の長男。官位正三位祭主神祇伯中古三十六歌仙の一人。四条または岩出を号す。

経歴編集

寛和2年(986年文章生となり、正暦2年(991年従五位下に叙せられる。長保3年(1001年)伊勢神宮祭主。治安2年(1022年)神祇伯に任ぜられる。長元7年(1034年従三位として公卿に列し、長元9年(1036年)正三位に至る。

大中臣氏重代の歌人で、三条天皇後一条天皇後朱雀天皇大嘗会和歌を詠進したほか、屏風歌の制作や歌合でも活躍した。

妻の蔵命婦藤原道長の五男・藤原教通の乳母であり、輔親も同様に乳母父として仕えた。その縁で、娘の伊勢大輔が藤原彰子に仕えることになったと思われる。ただし、蔵命婦が伊勢大輔の母親であるかどうかは不明。

拾遺和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に31首入集[1]。家集に『輔親卿集』がある。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 勅撰作者部類
  2. ^ a b c d 『中古歌仙三十六人伝』