メインメニューを開く

大久保じゃあナイト』(おおくぼじゃあナイト)は、2013年4月21日未明(20日深夜)から2014年3月23日未明(22日深夜)までTBS系列(一部地域を除く)で放送されていた女性向け情報番組である。司会の大久保佳代子はこれが初めての単独冠番組になっている。

大久保じゃあナイト
ジャンル 情報番組
出演者 大久保佳代子オアシズ
小林悠(当時TBSアナウンサー
吉田明世(TBSアナウンサー)
ほか
オープニング グッドモーニングアメリカ
「キャッチアンドリリース」
(2013年7月まで)
エンディング 大久保佳代子
「ラブR事情!!」
(2013年7月から2014年3月まで)
プロデューサー 田村恵里
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年4月21日 - 2014年3月23日
放送時間 日曜日 0:58 - 1:28(土曜日深夜)
放送分 30分
公式サイト
テンプレートを表示

目次

番組概要編集

オアシズの大久保佳代子が自身初の生放送かつ単独MCを務める情報バラエティ番組。TBSテレビにおける日曜未明1時台の生放送バラエティ番組は1992年9月まで放送されていた『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』以来20年半ぶりとなっている。

「女性目線」による旬な情報の提供、を一応の目的としているが、実際はバラエティ番組に近い構成でもある。

2014年3月23日未明を以て終了。代わって大久保出演枠は同年4月26日未明(25日深夜)から2015年3月28日未明(27日深夜)『おーくぼんぼん[1]が放送されており、番組内容も継承されていた。

内容編集

リポーター(2人1組の場合あり)が取材したVTR2本を見ながらトークを繰り広げるのが基本。週によっては「イケメン特集」など特別企画が用意される。

リポーターはVTRの有無にかかわらず、ほぼ全員スタジオに陣取り(時折欠席あり)トークに参加する。バービーは珍妙な衣装でいじられるのが通例となっている。

2013年9月まで

インターネットを活用し、視聴者が1回につき3本の中から見たい情報VTRを番組公式サイトで投票する。投票結果に伴い、最も投票数の少なかったものは番組内では放送されず、上位2本のみを放送、最下位のVTRは、YouTubeの番組公式チャンネルで後日公開される。

本番組総合演出の高岡猛が番組のオープニングでなにかしら(スギちゃん・看護師・忍者etc...)に扮し副調整室からタイトルコールするのが恒例になっていた[2]

2013年10月から

番組が一部リニューアル、リポーター2期生(5名)加入と隔週でニコニコ生放送の公式ウラ実況開始。

出演者編集

MC編集

アシスタント(隔週担当)編集

リポーター編集

1期生

2013年4月21日 - 2014年3月23日

バービー以外は初回の視聴者ネット投票によって決定された。[3]

2期生

2013年10月6日 - 2014年3月23日

ウラ実況編集

MC

2013年10月6日 - 2014年3月23日

ネット局と放送時間編集

同時ネット局であっても、あくまで全編ローカルセールス枠の番組のため、局の都合で臨時非ネットとする局がある。
放送対象地域 放送局名 系列 放送時間 備考
関東広域圏 TBSテレビ (TBS) TBS系列 毎週日曜 0:58-1:28(土曜深夜) 制作局
北海道 北海道放送 (HBC) 同時ネット
岩手県 IBC岩手放送 (IBC)
宮城県 東北放送 (TBC)
山形県 テレビユー山形 (TUY)
福島県 テレビユー福島 (TUF)
新潟県 新潟放送 (BSN)
長野県 信越放送 (SBC)
静岡県 静岡放送 (SBS)
石川県 北陸放送 (MRO)
鳥取県島根県 山陰放送 (BSS)
広島県 中国放送 (RCC)
山口県 テレビ山口 (tys)
愛媛県 あいテレビ (ITV)
高知県 テレビ高知 (KUTV)
大分県 大分放送 (OBS)
長崎県 長崎放送 (NBC)
熊本県 熊本放送 (RKK)
宮崎県 宮崎放送 (MRT)
鹿児島県 南日本放送 (MBC)

過去のネット局編集

スタッフ編集

  • ナレーション:竹達彩奈古田優児
  • 構成:桜井慎一、小川浩之、佐藤俊明、木南広明
  • TM:長谷川晃司→荒木健一
  • TD:山田賢司、依田純、中野啓、梶谷美保
  • カメラ:中村年正、平井洋子、田代和也
  • VE:菅沼智博、姫野雅美、井下雅美、財津英司、下山剛司
  • 音声:山崎和敬、田口健太郎
  • 照明:高木亘、床井弘一、根岸朋之
  • 音響効果:松下俊彦、上島光央(ラビットムーンオフィス
  • CG:大森清一郎・大内仁美(Studio GOONEYS)、安田英史
  • 編集・MA:TBSテックス
  • リサーチ:村城大輔、嶋田大介(嶋田→途中まで)、吉田真理子
  • 美術プロデューサー:三須明子
  • 美術デザイナー:中川日向子
  • 美術制作:鈴木康裕
  • 装置:佐藤恵美
  • 操作:石川大輔
  • 電飾:吉田晃子
  • 装飾:小野保菜美
  • 結花装飾:儀同博子
  • 衣装:渥美智恵
  • ヘアメイク:石月裕子、大岩乃里子
  • 編成:前田麻友
  • 企画:坂田栄治
  • TK:山口佳奈絵
  • 宣伝:鈴木慎治、山口悟
  • デスク:大島史子、杉川詠美
  • 次世代ビジネス:中島啓介
  • 協力:齋藤勇
  • AP:市川舞子、白坂サカス(白坂亮介)[6]
  • CAD:早坂渉、永田周平、雨宮正岳、伊藤良美
  • ディレクター:高岡猛[7]、大谷裕、山際梨紗、白岩大輔、松延由子、久野公嗣、廣田彰大
  • PSV[8]マッコイ斉藤
  • 演出:光用さやか
  • 総合演出:渡辺資
  • プロデューサー:田村恵里
  • ロケ技術:スウィッシュ・ジャパン
  • 技術協力:東通ティ・エル・シーエヌ・エス・ティータムコ
  • 編集協力:東京オフラインセンター
  • 制作著作:TBS

関連番組編集

  • 女子アナの罰 - 番組MC大久保佳代子をはじめ、アシスタントの小林悠・吉田明世の両アナウンサー、レポーターの林みなほアナウンサーや番組のメインスタッフが共通[9]
  • おーくぼんぼん - 「大久保じゃあナイト」の実質継続番組

脚注編集

  1. ^ TBS『おーくぼんぼん』(公式サイト)
  2. ^ 高岡DのOPコーナーは放送開始から2ヶ月間で終了した
  3. ^ この際、あゆかは不合格となり、2期生としてレギュラー出演している。
  4. ^ 打ち切り後は不定期放送だった「女子アナの罰」の定期放送が復活した。
  5. ^ 打ち切り後は自社制作番組「すまいる大御殿」が火曜深夜から枠移動した。
  6. ^ 以前はディレクター
  7. ^ 以前は総合演出
  8. ^ プレミアムスーパーバイザー
  9. ^ 女子アナの罰、#42(「ここが変だよ女子アナ」)オープニングトークより「大久保曰く、この番組(「女子アナの罰」)と(「大久保じゃあナイト」)はスタッフなどの共通項が多いため姉妹番組。」

外部リンク編集

TBS 日曜0:58 - 1:28枠(土曜深夜)
前番組 番組名 次番組
COUNT DOWN TV
※0:58-1:43
(2009.4.5-2013.4.7)
【30分繰り下げて継続】
大久保じゃあナイト
(2013.4.21-2014.3.23)
COUNT DOWN TV
※0:58-1:53
(2014.4.6 - )
【30分繰り上げて10分拡大して継続】