大久保 利謙(おおくぼ としあき、1900年明治33年)1月25日 - 1995年平成7年)12月31日)は、日本歴史学者

目次

人物・業績編集

明治維新文明開化を担った(維新三傑の一人)大久保利通の孫で、大久保家当主。母方の祖父は実業家・近藤廉平。父(大久保利武)の没後は、短期間だったが侯爵として貴族院議員を務めた。長男は大久保利泰1934年 - )で、社団法人霞会館常務理事を務めている。

戦後は歴史学者として、名古屋大学教授立教大学教授を歴任し、日本近代史学研究を、草創期から大きく発展させた。

東京帝国大学卒業の際の論文は、近世史をテーマにしたものであった。理由は、当時の史学界においては、維新以後の歴史については、歴史家は触れてはいけないという空気が強かったからである(聞き書きによる回想録『日本近代史学事始め』より)。

戦時下では、大義名分論国粋主義排外主義を本質とし神話と歴史的事実を混同する「皇国史観」に対して批判的立場を採り、東京帝国大学を中心とした官学アカデミズム歴史学や、戦後流行したマルクス主義歴史学とも異なる、実証主義を本領とした独自の近代史研究を構築した(『著作集 第8巻』解説より)。

研究論考は、政治史・文化史・教育史等と広範に亙るが、特に大学史・史学史などの学芸史にすぐれた業績を残している。明治文化研究会に参加し、『東京帝国大学五十年史』の編纂に従事した際には教育史・文化史関係を、薩藩史研究会に参加し、重野安繹家文書の調査を通じては史学史の研究を、シーボルト文献の調査を通じ、洋学蘭学史を研究紹介した。

多面的な活躍は、出自と絡みたどった経歴と深く関係している。戦後、国立国会図書館「憲政資料室」の開設にあたり、明治の元勲の子孫たちが多く、大久保を通じ資料を提供し、近現代史学研究を開拓発展させたことも特筆される(『日本近代史学事始め』より)。

略年譜編集

主な著書編集

  • 『日本近代文芸』 三笠書房(日本歴史文庫)、1939年5月
  • 『日本近代史学史』 白揚社、1940年10月
  • 『日本の大学』 創元社〈創元選書〉、1943年5月/日本図書センター、1981年/玉川大学出版部、1997年、オンデマンド版2008年
  • 森有礼 日本教育先哲叢書18』 文教書院、1944年4月
  • 『明治憲法のできるまで』 至文堂〈日本歴史新書〉、1956年12月、増補版1966年
  • 岩倉具視』 中央公論社中公新書〉、1973年(増補版1990年8月)
  • 明六社考』 立体社、1976年/「明六社」講談社学術文庫、2007年10月
  • 佐幕派論議』 吉川弘文館、1986年5月
  • 『大久保利謙歴史著作集 (全8巻)』 吉川弘文館、1986年2月-93年6月(オンデマンド版2007年)
    • 1.明治維新の政治過程
    • 2.明治国家の形成
    • 3.華族制の創出
    • 4.明治維新と教育
    • 5.幕末維新の洋学
    • 6.明治の思想と文化
    • 7.日本近代史学の成立
    • 8.明治維新の人物像
  • 『日本近代史学事始め』 岩波書店岩波新書〉、1996年1月

年譜・著述目録編集

  • 『大久保利謙歴史著作集』第8巻
  • 『日本近代史学事始め』

外部リンク編集