メインメニューを開く

大久保 好六(おおくぼ こうろく、1900年明治33年) - 1936年昭和11年))は、日本の戦前を代表する報道系の写真家

栃木県生まれ。

もともとは、複数の写真館で修行をしていたが、1912年(明治45年/大正元年)に朝日新聞社に入社し「アサヒグラフ」等を担当。

1920年代までは、ブロムオイル印画による典型的な芸術写真ピクトリアリスム)を制作していたが、1930年代に入り、一転して、フォトモンタージュなどを利用した報道写真ルポルタージュなどを多数制作した。1930年代の作品は、主として東京をテーマとした都市写真の佳作であったが、本人の急逝によりまとまって発表されることはなかった。

1935年(昭和10年)には、満洲に派遣されたが、その間に肝臓を患い、帰国後に36歳で死去。

代表作編集

  • 新宿(1931年、アサヒグラフ掲載)
    • フォトモンタージュ技法を駆使して東京の新宿を表現しようとした作品

日本における展覧会・文献編集

日本において、大久保個人の回顧展はなされていないが、以下のようなグループ展にその作品が出品されている。

以上各展覧会には、展覧会図録も存在する。

参考文献編集

  • 日本写真家事典(東京都写真美術館・執筆監修、淡交社、2000年)67ページ
  • 日本の写真家 近代写真史を彩った人と伝記・作品集目録(監修・東京都写真美術館、日外アソシエーツ、2005年)82ページ

関連項目編集