メインメニューを開く

大久保 敏彦(おおくぼ としひこ、1937年6月13日 - 2006年3月2日)は、フランス文学者。

神奈川県横浜市に生まれる。1968年早稲田大学大学院文学研究科博士課程仏文専攻満期退学。1984年より日本大学教授を務めた[1]が、在任中に呼吸不全のため死去[2]カミュを専門とし、ドイツ占領下フランスについても研究を行った。

翻訳編集

  • さすらいの女 コレット著作集 4 二見書房 1973
  • カミユ論 人と作品 アデル・キング 清水弘文堂 1973
  • 行動の社会学 アラン・トゥーレーヌ 合同出版 1974
  • カミュと神話の哲学 モニック・クロシェ 清水弘文堂 1978.1
  • 物語ローマ誕生神話 ガイ・ド・トーリーヌ 植田祐次共訳 社会思想社 1980.5 (現代教養文庫)
  • 伝記アルベール・カミュ H.R.ロットマン 石崎晴己共訳 清水弘文堂 1982.7
  • 存在の不幸 ジャン・グルニエ 国文社 1983.2
  • 占領下のパリ文化人 反ナチ検閲官ヘラーの記録 ゲルハルト・ヘラー 白水社 1983.4
  • 自由の善用について ジャン・グルニエ 国文社 1985.8
  • 人間的なものについて ジャン・グルニエ 国文社 1986.3
  • カミュ=グルニエ往復書簡 1932-1960 国文社 1987.9
  • Xの回想 ジャン・グルニエ 国文社 1990.4
  • 対独協力の歴史 ジャン・ドフラーヌ 松本真一郎共訳 白水社 1990.6 (文庫クセジュ)
  • カミュの手帖 1935-1959 新潮社 1992.8
  • 最初の人間 アルベール・カミュ 新潮社 1996.8
  • エジプトだより ジャン・グルニエ 国文社 1996.9
  • カミュ 太陽の兄弟 エマニュエル・ロブレス 柳沢淑枝共訳 国文社 1999.12
  • エセー 日々の生活 ジャン・グルニエ 国文社 2001.7
  • 転落 カミュ 2003.4 (新潮文庫)
  • アルベール・カミュ 思い出すままに ジャン・グルニエ 国文社 2004.7
  • アルベール・カミュ、アルジェ 『異邦人』と他の物語 クリスティアーヌ・ショーレ=アシュール 松本陽正共訳 国文社 2007.11

脚注編集