メインメニューを開く

大久保 総比(おおくぼ ふさちか)は、江戸時代中期の旗本。忠明系石川家(大久保家)2代。

 
大久保 総比
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年(1690年
死没 享保15年6月1日1730年7月15日
別名 猪之助・縫殿、武伴
戒名 善修院殿日慈
墓所 東京都北区田端の大久寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家綱家継吉宗
氏族 石川氏大久保氏
父母 父:石川総昌、母:石川義當の娘
養父:大久保忠明
兄弟 安千代、千藏、阿くま(近藤用相室)、総比総朗
総朋、阿てる(石河政武室)、某、石川総共
総候常陸下館藩石川総陽養子)
阿ふう(今大路道三室)、総胤、銀七郎
娘(神尾元経室)、細井勝名細井勝尚養子)

生涯編集

元禄3年(1690年)総昌の三男として誕生した。母は大嶋石川家の石川義當の娘。元禄5年10月2日(1692年11月9日)従堂兄弟にあたる旗本大久保忠明急死に伴い同年12月12日(1693年1月17日)、末期養子が認められ忠明の遺跡を継いだ。元禄14年8月11日(1701年9月13日)将軍徳川綱吉に拝謁し、享保15年6月1日(1730年7月15日)死去した。家督は長男総朋が継いだ。

参考文献編集

関連項目編集