大井 昌和(おおい まさかず、1975年3月4日[1][2][3])は、日本漫画家神奈川県川崎市出生、横浜市出身。

大井 昌和
生誕 (1975-03-04) 1975年3月4日(46歳)
日本の旗 日本神奈川県川崎市
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
代表作ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!
一年生になっちゃったら
おくさん
ちぃちゃんのおしながき
テンプレートを表示

来歴編集

大学生時に漫画を描き始めて出版社に作品を持ち込む様になる[4]。1996年に第3回電撃ゲーム3大賞にて「乱舞!! 女子高生VIPERS!!」で電撃ゲームコミック大賞 銀賞を受賞[5]。2000年「月刊電撃コミックガオ!メディアワークス)」にて『ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!』を執筆し連載デビュー[4]。2022年現在は芳文社竹書房少年画報社小学館などで執筆している。

「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」(ゲンロン)にて講師を務める[6]

家族編集

2004年に大月悠祐子(かなん)と結婚。新人であった1999年24歳の頃、担当編集にカンヅメにされていた大月の元へ連れられていき、原稿を手伝ったことがきっかけで知り合う[7][3]。大月は「ギャラクシーエンジェル」シリーズのキャラクターデザイン、漫画版執筆などで知られる漫画家イラストレーター。漫画家の吉沢やすみは妻の父にあたる[8][9]

 
 
 
 
吉沢やすみ
 
 
 
 
 
 
 
 
大井昌和
 
大月悠祐子
 

作品リスト編集

連載中の作品編集

連載終了した作品編集

単行本のみの作品編集

  • 虹の女神(BIRZ COMICS DELUXE)- 映画『虹の女神』のコミック版

アシスタントを務めた作品編集

脚注編集

  1. ^ 大井昌和 [@ooimasakazu] (2015年3月4日). "...誕生日なのにお仕事・・・..." (ツイート). Twitterより2022年1月3日閲覧
  2. ^ 大井昌和 [@ooimasakazu] (2016年3月4日). "スタッフさんの誕生日プレゼント..." (ツイート). Twitterより2022年1月3日閲覧
  3. ^ a b 白泉社マンガ編集O野木 (2019年2月2日). “...『ど根性ガエルの娘⑤』発売しました! ...”. ツイコミ(仮). 2022年1月3日閲覧。
  4. ^ a b 大井 昌和(漫画家)”. マンガペディア. 2022年1月3日閲覧。
  5. ^ 第3回 電撃ゲーム3大賞”. 電撃大賞. 2022年1月3日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “ゲスト講師に水上悟志・慎本真ら「ひらめき☆マンガ教室」4期生を募集” (日本語). コミックナタリー. 2021年4月18日閲覧。
  7. ^ 大月悠祐子『ど根性ガエルの娘 5巻』。
  8. ^ ゲンダイネット”. web.archive.org (2008年5月12日). 2021年4月18日閲覧。
  9. ^ 『ど根性ガエルの娘』白泉社。
  10. ^ Inc, Natasha. “JKが異世界で訪れたのは勇者の大奥?大井昌和の新連載がコミックヘヴンで” (日本語). コミックナタリー. 2021年4月18日閲覧。

外部リンク編集