大井 洋一(おおい よういち、1977年8月4日[1] - )は、日本の放送作家脚本家格闘家東京都世田谷区出身[2]駒澤大学中退。

おおい よういち
大井 洋一
生誕 (1977-08-04) 1977年8月4日(44歳)
日本の旗 日本東京都
出身校駒澤大学中退
職業放送作家脚本家、格闘家

略歴編集

放送作家編集

大学1年の時に渋谷公園通り劇場で放送作家志望を訴え、そのまま業界入り[2]。劇場手伝いから始め、『極楽とんぼのとび蹴りゴッデス』の会議にネタ出しとして参加。極楽とんぼとスタッフと付き合いが生まれたことで『新しい波8』や『はねるのトびら』にも作家として関与した。

その後、『笑っていいとも!』、『SMAP×SMAP』、『水曜日のダウンタウン』に参加。

脚本編集

オールロケコント番組『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』でシリーズ構成、および脚本を担当した。2016年には『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』の脚本も共同担当。

格闘技編集

BSスカパー!『BAZOOKA!!!』の企画から2012年5月13日、アマチュア総合格闘技大会「THE OUTSIDER 第21戦ディファ有明で格闘家デビュー。高垣勇二に判定勝利[3]。後日、総合格闘技歴はゼロながら、10年前にプロキックボクサーとして試合経験があることを明かした。以後、戦える放送作家として「THE OUTSIDER」に参加している[4]

2016年からは女子格闘技「DEEP JEWELS」の映像制作にもかかわる[5]

2018年9月2日宗像ユリックスにて行われたTHE OUTSIDER第52戦でTHE OUTSIDER55-60kg級王者となる。

担当番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集