メインメニューを開く

大伴 宿奈麻呂(おおとも の すくなまろ)は、奈良時代前期の貴族歌人大納言大伴安麻呂の三男。官位従四位下右大弁

 
大伴宿奈麻呂
時代 奈良時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下右大弁
主君 元明天皇元正天皇聖武天皇
氏族 大伴氏
父母 父:大伴安麻呂
兄弟 旅人、田主、稲公坂上郎女宿奈麻呂
大伴坂上郎女
田村大嬢坂上大嬢坂上二嬢古麻呂?
テンプレートを表示

目次

経歴編集

元明朝の和銅元年(708年従六位上から三階昇進して従五位下に叙せられる。その後、和銅5年(712年)従五位上、霊亀3年(717年正五位下養老4年(720年)正五位上と元明朝から元正朝にかけて順調に昇進する。またこの間、和銅8年(715年左衛士督、養老3年(719年)7月には備前守在任中であったが、安芸国周防国按察使に任ぜられている。

神亀元年(724年聖武天皇の即位後間もなく従四位下に叙せられた。没年は不詳だが、おそらく神亀4年(727年)頃までに亡くなったと想定される。

神亀元年(724年)より以前、宮仕えする恋人に対する歌があり、『万葉集』にはこの2首が採録されている[1]。また『万葉集』(4-759)によれば田村里(現在の奈良県奈良市尼辻町)に住んでいたことが知られ、時に右大弁だった。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『万葉集』巻4-0532,0533)
  2. ^ 『万葉集』巻4-759
  3. ^ 諸説あり確実なことは不明

参考文献編集